また低血糖、何か身体のシステムが変わった予感が・・・


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

先月低血糖になったので、朝一回だけの持効型のインスリンを7単位から6単位に減らしたのですが、それでも夕食前にまた低血糖の予感。

測定してみると51mg/dL

ブドウ糖を2個かみ砕いて、徐々に落ち着いてきた。

さらにインスリンを減らすべきかどうか。

なんだか、脊柱管狭窄症の手術をしてから、体全体の機能というか、何かが変わったような気がします。便が幾分硬くなったので、アヘンチンキを飲むと便秘気味になるなど、関係はないのかもしれないが、なにかよい方向に変わった気がするのですね。

人間の身体も複雑系ですから、大きな手術をすれば、全体のシステムに影響するのでしょうか。

理想的には、インスリンから離脱したいのですが、膵臓がのほとんどない患者では例がないそうです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんに免疫チェックポイント阻害薬が効かない理由膵臓がんに免疫チェックポイント阻害薬が効かない理由 「海外がん医療情報リファレンス」からの記事です。 オプジーボなどの免疫チェックポイント阻害薬は、膵臓がんには効かないと言われますが、その原因が明らかになって […]
  • アジサイの季節が巡ってきたら1年経ったアジサイの季節が巡ってきたら1年経った お昼は深谷市にある八ヶ岳蕎麦を石臼で挽き、十割蕎麦を食べさせる「そば遊歩」さんへ。竹藪の中の静かな佇まいの店です。 […]
  • 『松田さんの181日』 死ぬ運命は真っさらにして、知らぬが如くに生きる オール讀物新人賞を受賞した平岡陽明の短編集。 表題作『松田さんの181日』は、カネも女も才 […]
  • 血液クレンジングって?血液クレンジングって? 芸能人がSNSで「血液クレンジング(オゾン療法)」なるものをやっていて、賛否話題になってますね。 #血液クレンジング […]
  • 治らなくても「敗北」ではない治らなくても「敗北」ではない 秋明菊(シュウメイギク)<群馬県・赤城自然園にて> 土日には赤城ー四万温泉ー吾妻渓谷ー榛名湖を回ってきました。 榛名湖と榛名富士:紅葉ピーク。 […]
  • 病床数を減らせば、がん患者は減るか?病床数を減らせば、がん患者は減るか? 人工知能は万能ではない NHKで人工知能に関する2つの番組を見た。録画してあったのをやっと再生。 1. 人工知能 天使か悪魔か 2017 2. […]
  • 18モデルケース試算の疑問18モデルケース試算の疑問 12月14日のブログに書いたように、福島県のホームページに「県民健康管理調査」進捗状況発表(平成23年12月13日発表)が掲載され、その中に放射線医学総合研究所が作成した「外部被 […]
  • バカボンのパパ:これでいいのだ!バカボンのパパ:これでいいのだ! ガンになったことが悪かったのではなく、ガンになる要因を持っていたことが悪かったのです。ガンになったらなったで、変えるチャンスです。その時に、あれこれ違う方法を探すより、生き方その […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です