『てるてる坊主食堂』届きました。

のりぽきーとさんが、がん病院の待合室において、多くの方に読んでほしいと、クラウドファンディングで資金を集め、出版にこぎつけた『てるてる坊主食堂』が届きました。

やっと完成!

お礼のカードも同封されていましたよ。

手術ができない膵体部がんが、承認されたばかりのFOLFIRINOX療法で劇的に効果があって腫瘍が縮小し、コンバージョン手術を行うことができたのです。

残念ながら再発したのですが、最期は抗がん剤治療も断って、好きな仕事で充実した日々を過ごされたのでした。

最後まで美味しいものを食べ、髪を伸ばして美しく逝きたい。

そんな決意で過ごされたのですね。

こうした治療の経過が4コマ漫画で描かれています。

29歳でご主人を亡くし、2歳の娘と養父母を養ってきたてるこさん。苦労の連続だったでしょう。たくましく生きてきました。私も同世代ですが、同じ苦労のほどが身にしみます。

がん治療において、一日一日を有意義に充実して過ごす。仕事への熱意と家族の愛が大切なことを教えてくれます。

そうだね、そうだよね。と頷くところがたくさんあります。

『てるてる坊主食堂』は12月16日発売です。

てるてる坊主食堂 末期すい臓がんからの復活

てるてる坊主食堂 末期すい臓がんからの復活

のりぽきーと
1,430円(05/18 10:30時点)
Amazonの情報を掲載しています


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です