スポンサーリンク

『てるてる坊主食堂』届きました。

LINEで送る
Pocket

のりぽきーとさんが、がん病院の待合室において、多くの方に読んでほしいと、クラウドファンディングで資金を集め、出版にこぎつけた『てるてる坊主食堂』が届きました。

やっと完成!

お礼のカードも同封されていましたよ。

手術ができない膵体部がんが、承認されたばかりのFOLFIRINOX療法で劇的に効果があって腫瘍が縮小し、コンバージョン手術を行うことができたのです。

残念ながら再発したのですが、最期は抗がん剤治療も断って、好きな仕事で充実した日々を過ごされたのでした。

最後まで美味しいものを食べ、髪を伸ばして美しく逝きたい。

そんな決意で過ごされたのですね。

こうした治療の経過が4コマ漫画で描かれています。

29歳でご主人を亡くし、2歳の娘と養父母を養ってきたてるこさん。苦労の連続だったでしょう。たくましく生きてきました。私も同世代ですが、同じ苦労のほどが身にしみます。

がん治療において、一日一日を有意義に充実して過ごす。仕事への熱意と家族の愛が大切なことを教えてくれます。

そうだね、そうだよね。と頷くところがたくさんあります。

『てるてる坊主食堂』は12月16日発売です。

てるてる坊主食堂 末期すい臓がんからの復活

てるてる坊主食堂 末期すい臓がんからの復活

のりぽきーと
1,430円(08/02 19:07時点)
Amazonの情報を掲載しています


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 食事とがんのリスクはまったく関係がない(AACR)食事とがんのリスクはまったく関係がない(AACR) 【追記あり】 前回の記事にも食事療法のことを書いたばかりですが、全米癌研究学会(American Association for Cancer […]
  • 原発周辺の妊婦と子供は疎開すべきだ。原発周辺の妊婦と子供は疎開すべきだ。 文部科学省の測定によると、福島第一原発から20kmと少し離れた場所で、昨夜最大で0.33ミリシーベルト/時間の空間線量率を測定したという。(以後、mSvと表示する) ニュースはこ […]
  • 日本人の緑茶飲用量と死亡リスク日本人の緑茶飲用量と死亡リスク 2019年8月に "European Journal of Epidemiology" […]
  • 三春滝桜とカタクリの花三春滝桜とカタクリの花 三春に行ってきた。城下町三春は、梅・桃・桜が同時に咲くことから名付けられたという。その名を裏切らず、町内では三つの春が同居していた。桜だけでも1万本以上あるらしい。至る所でピンク […]
  • 「統計的有意差」なんて、もう止めませんか?「統計的有意差」なんて、もう止めませんか? 「統計的有意差がない=効果がない」ではなく、ましてや「科学的根拠がない」でもないのですが、統計学的には有意でなかったとしても、臨床試験の結果の傾向を見れば、この患者さんには適応で […]
  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験鹿児島大学病院:膵臓がん対象に、腫瘍溶解性ウイルスの医師主導治験 正常細胞では増殖しないよう遺伝子改変が施されており、正常細胞を傷つけることはありません。高い有効性と安全性を兼ね備える治療法として期待されています。 国内では第一三共やタカラバ […]
  • リアルワールドデータとエビデンスリアルワールドデータとエビデンス 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会における佐藤典宏先生の講演において、膵臓がんに対するナノナイフと抗がん剤治療の比較したデータが紹介されていました。 抗 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です