『てるてる坊主食堂』届きました。

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

のりぽきーとさんが、がん病院の待合室において、多くの方に読んでほしいと、クラウドファンディングで資金を集め、出版にこぎつけた『てるてる坊主食堂』が届きました。

やっと完成!

お礼のカードも同封されていましたよ。

手術ができない膵体部がんが、承認されたばかりのFOLFIRINOX療法で劇的に効果があって腫瘍が縮小し、コンバージョン手術を行うことができたのです。

残念ながら再発したのですが、最期は抗がん剤治療も断って、好きな仕事で充実した日々を過ごされたのでした。

最後まで美味しいものを食べ、髪を伸ばして美しく逝きたい。

そんな決意で過ごされたのですね。

こうした治療の経過が4コマ漫画で描かれています。

29歳でご主人を亡くし、2歳の娘と養父母を養ってきたてるこさん。苦労の連続だったでしょう。たくましく生きてきました。私も同世代ですが、同じ苦労のほどが身にしみます。

がん治療において、一日一日を有意義に充実して過ごす。仕事への熱意と家族の愛が大切なことを教えてくれます。

そうだね、そうだよね。と頷くところがたくさんあります。

『てるてる坊主食堂』は12月16日発売です。

てるてる坊主食堂 末期すい臓がんからの復活

てるてる坊主食堂 末期すい臓がんからの復活

のりぽきーと
1,430円(02/22 08:17時点)
発売日: 2019/12/16
Amazonの情報を掲載しています


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」今日の一冊(107)「最先端治療 胆道がん・膵臓がん」 膵臓がん患者は、希望が持てる最新の正しい知識を求めているのです。そうした患者の要求に応えようと、ある程度努力した内容となっています。ある程度と書いたのは、再発、転移後の治療法に関 […]
  • 今日の一冊(132)『紅梅』吉村昭の闘病記今日の一冊(132)『紅梅』吉村昭の闘病記 吉村昭の作品で印象に残っているのは『長英逃亡』です。高野長英は開国を唱えて幕府の政策を批判し、蛮社の獄で入牢するが、火事に乗じて逃亡。顔を硫酸で焼いて人相を変えて逃亡を続ける。 […]
  • 米国医療は「こころ」の重視へ 「心と癌と量子力学の関係」などと、いささか「とんでも本」的な内容を書きましたが、量子力学はともかくとして、心と癌の関係はもはや常識になっているようです。 右の「膵臓癌おすす […]
  • 臨床瑣談 中井久夫 精神科医であり、ギリシャの詩人カヴァフィスの詩集を翻訳出版するなどの活躍もしている中井久夫さんは、「膵臓疾患を発見する最大の秘訣は何か。それは膵臓の存在を忘れないことだ。」と書い […]
  • 今日の一冊(52)『軽やかに余命を生きる』今日の一冊(52)『軽やかに余命を生きる』   膵臓がんでも自分らしく生きる 医者で僧侶で末期膵臓がん患者である田中雅博さんの4冊目の本。 こちらの記事「医師で僧侶で末期膵臓がんの田中さん」や「今日の一冊 […]
  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です