「文春砲」が炸裂したね

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

山中伸弥教授のiPS細胞への補助金が打ち切られるというニュースが流れて、どうしたことかと気をもんでいたが、元通りに落ち着いたとの報道があり、ホッとしている。

この間何があったのかと不思議に思っていたが、先日発売の『週刊文春』がその経緯をすっぱ抜いている。

文春オンライン
 
安倍首相補佐官と厚労省女性幹部が公費で「京都不倫出張」 | 文春オンライン
https://bunshun.jp/articles/-/18634
安倍政権で官邸主導を牽引する和泉洋人首相補佐官(66)と、不倫関係にある厚生労働省大臣官房審議官(兼内閣官房健康・医療戦略室次長)の大坪寛子氏(52)が、京都に出張した際、ハイヤーを借りて私的な観光を…
「アーンして」むかしラブラブ いま介護

という川柳があったけど、こちらは進行形の老いらくの恋か?

「税金を使った公私混同の不倫出張」と文春は書いているのだが、上司と部下の不倫なんてよくある話だし、出張のついでに観光地を回るなんて、サラリーマンなら誰しもやっていることだから、その分を自腹で払うのなら文句を言う筋合いではない。

問題なのは、山中氏がノーベル医学生理学賞を受賞した翌年、政府はiPS細胞研究に10年間で1100億円を拠出するとして、安倍総理も大々的にアピールしていた。

それを一介の官僚が、A4の紙一枚で「来年からは打ち切りです」と”恫喝”したことだ。山中氏は次のように語っていた。

山中氏は「一部の官僚の考え」と断った上で、政府の支援がゼロになる案を耳にしたと指摘。「(政府の専門家会議など)透明性の高い議論での決定なら納得だが、違うところで話が決まってしまうと理由もよくわからない」と不満を述べ、意思決定の過程に透明性を求めた。

当然の怒りだろう。

和泉洋人首相補佐官は、安倍総理の肝いりで創設された『健康・医療戦略室』の初代室長であり、大坪寛子氏はその部下でナンバー2の次長だ。

「文春」には、大坪氏のその他の数々の疑惑についても書かれているが、”不倫”関係にある二人が、日本の医療行政を歪めているのではないかとの専門家の指摘も紹介されている。

支援を打ち切る理由というのが、「iPS備蓄事業は、費用対効果が不透明だ」というのだが、基礎研究にカネを出さない日本の科学研究政策が、日本の科学技術が世界から遅れていしまった一番の理由だろうに。

オプジーボも、免疫チェックポイント阻害薬の開発のもととなった本庶佑氏の長年の基礎研究がなければ実現しなかった。吉野彰氏らの基礎研究がなければ、リチウムイオン電池は存在しなかったのである。

数年で成果を要求する、日本の科学研究政策が間違っているのだ。

「文春」でただならぬ関係と指摘された二人が、医療行政、科学研究行政に口を突っ込んで混乱させているとしたら、大きな禍根を残すことになる。

『週刊文春』の”文春砲”炸裂が小気味良い。政府に”忖度”しないマスコミが必要なのだ。

山中伸弥氏は『習慣文春』に助けられた格好だ。よかった、よかった。\(^o^)/

ただ、「文春」は「美人官僚」だの「美熟女」などと書いているが、私にはどうしても美人には見えんけどなぁ。(^Д^)

和泉洋人首相補佐官はまた、「がん撲滅サミット」にも最初から関わって、いわばフィクサーのような存在だと認識している。安倍総理や要人の挨拶や、著名な医療者、研究者が参加しいるのは、和泉洋人氏の肩入れがあればこそだろう。

第5回がん撲滅サミットで挨拶をする和泉洋人首相補佐官(PRTimesからのリンク)

今回の騒動が「がん撲滅サミット」に冷水を浴びせることにならなければよいのだが・・・。

私としては、来年の「がん撲滅サミット」に和泉洋人氏の名前を見たくはない。

和泉氏は「大坪がやりすぎました」と謝って回ったそうだが、女だけに責任を押し付けるだとしたら、最低のクズ野郎だ。

『週刊文春』のことだから、これで全てではないだろう。第2弾を持っているはずだ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 一年経ちました。一年経ちました。 このブログを書き始めて、今日がちょうど一年目です。 膵臓がんのことを知れば知るほど、一年間も元気で生きながらえてきたことに感謝の気持ちでいっぱいです。癌患者はどうしても悪いほうへ […]
  • 母乳からヨウ素131を検出か母乳からヨウ素131を検出か やはりというか、こうなるのはあたりまえなんですが、茨城県内の複数のお母さんの母乳からヨウ素131が検出されたという速報があります。 採集時期も測定日も不明ですが、1kgあたり最大 […]
  • 「好転反応」に騙されない「好転反応」に騙されない 好転反応に関して、こんな記事があった。 「好転反応」で悪化の例も=サプリや化粧品の健康被害相談-注意呼び掛け・消費者庁 健康食品の摂取や化粧品の使用後に湿疹などの […]
  • 生きているのじゃなく、生かされている生きているのじゃなく、生かされている 明日が今日と同じように続くはずだと、誰もが疑ってはいないけれど、本当のところ、明日が今日と同じであるなんてことは決まったことじゃないんだ。誰にとっても死は目の前にあるということで […]
  • 心と癌と量子力学の関係(4) 私たちの常識では、「離れた場所にある別々の物体は、別のものである」と考えます。カラスと鳩が右と左の空に浮かんでいれば、別の鳥です。カラスが鳩を襲うためには、空を横切って鳩に近づか […]
  • 膵臓がん、治療のやめ時は?膵臓がん、治療のやめ時は? 俳優の綿引勝彦さんが、年末の30日に膵臓がんのために75歳で亡くなられました。 綿引さんは劇団民藝て活躍され、その後テレビドラマや映画にも出演していたことを記憶して […]
  • ガンの患者学研究所 (1) 久し振りに安保徹氏に関することです。安保徹氏は非常に分かりやすい(トンデモ)人物です。『安保免疫理論と上野式代替医療でガンは治る―なぜ三大療法でガン患者は治らないのか?』から何カ […]
  • 糖質22gの、すき家のロカボ牛麺糖質22gの、すき家のロカボ牛麺 血糖値管理ではお昼の外食に悩みます。たまには奮発していきなりステーキに行きますが、毎日は無理です。 そこですき家の牛丼ライト(ご飯の代わりに豆腐)にしています。柚子の香りが […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です