「文春砲」が炸裂したね

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

山中伸弥教授のiPS細胞への補助金が打ち切られるというニュースが流れて、どうしたことかと気をもんでいたが、元通りに落ち着いたとの報道があり、ホッとしている。

この間何があったのかと不思議に思っていたが、先日発売の『週刊文春』がその経緯をすっぱ抜いている。

「アーンして」むかしラブラブ いま介護

という川柳があったけど、こちらは進行形の老いらくの恋か?

「税金を使った公私混同の不倫出張」と文春は書いているのだが、上司と部下の不倫なんてよくある話だし、出張のついでに観光地を回るなんて、サラリーマンなら誰しもやっていることだから、その分を自腹で払うのなら文句を言う筋合いではない。

問題なのは、山中氏がノーベル医学生理学賞を受賞した翌年、政府はiPS細胞研究に10年間で1100億円を拠出するとして、安倍総理も大々的にアピールしていた。

それを一介の官僚が、A4の紙一枚で「来年からは打ち切りです」と”恫喝”したことだ。山中氏は次のように語っていた。

山中氏は「一部の官僚の考え」と断った上で、政府の支援がゼロになる案を耳にしたと指摘。「(政府の専門家会議など)透明性の高い議論での決定なら納得だが、違うところで話が決まってしまうと理由もよくわからない」と不満を述べ、意思決定の過程に透明性を求めた。

当然の怒りだろう。

和泉洋人首相補佐官は、安倍総理の肝いりで創設された『健康・医療戦略室』の初代室長であり、大坪寛子氏はその部下でナンバー2の次長だ。

「文春」には、大坪氏のその他の数々の疑惑についても書かれているが、”不倫”関係にある二人が、日本の医療行政を歪めているのではないかとの専門家の指摘も紹介されている。

支援を打ち切る理由というのが、「iPS備蓄事業は、費用対効果が不透明だ」というのだが、基礎研究にカネを出さない日本の科学研究政策が、日本の科学技術が世界から遅れていしまった一番の理由だろうに。

オプジーボも、免疫チェックポイント阻害薬の開発のもととなった本庶佑氏の長年の基礎研究がなければ実現しなかった。吉野彰氏らの基礎研究がなければ、リチウムイオン電池は存在しなかったのである。


スポンサーリンク

数年で成果を要求する、日本の科学研究政策が間違っているのだ。

「文春」でただならぬ関係と指摘された二人が、医療行政、科学研究行政に口を突っ込んで混乱させているとしたら、大きな禍根を残すことになる。

『週刊文春』の”文春砲”炸裂が小気味良い。政府に”忖度”しないマスコミが必要なのだ。

山中伸弥氏は『習慣文春』に助けられた格好だ。よかった、よかった。\(^o^)/

ただ、「文春」は「美人官僚」だの「美熟女」などと書いているが、私にはどうしても美人には見えんけどなぁ。(^Д^)

和泉洋人首相補佐官はまた、「がん撲滅サミット」にも最初から関わって、いわばフィクサーのような存在だと認識している。安倍総理や要人の挨拶や、著名な医療者、研究者が参加しいるのは、和泉洋人氏の肩入れがあればこそだろう。

第5回がん撲滅サミットで挨拶をする和泉洋人首相補佐官(PRTimesからのリンク)

今回の騒動が「がん撲滅サミット」に冷水を浴びせることにならなければよいのだが・・・。

私としては、来年の「がん撲滅サミット」に和泉洋人氏の名前を見たくはない。

和泉氏は「大坪がやりすぎました」と謝って回ったそうだが、女だけに責任を押し付けるだとしたら、最低のクズ野郎だ。

『週刊文春』のことだから、これで全てではないだろう。第2弾を持っているはずだ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「がん治験情報サービス」が始まります。「がん治験情報サービス」が始まります。 がんサポートを運営する株式会社QLifeでは、がんの治験情報を提供する「がん治験情報サービス」を開始しました。 がん種やステージに合わせて最新の治験情報をご案内 近年 […]
  • PET-CTによる被ばく量はどのくらいか?PET-CTによる被ばく量はどのくらいか? PET-CTとは? PET-CTとは、代謝を画像化するPET検査と、CT検査を同時に行うことができる、がん診断のための装置です。 がん細胞は正常細胞よりも多く […]
  • 風邪の対処法から国家論まで。木村知医師の本風邪の対処法から国家論まで。木村知医師の本 インフルエンザが流行っていますね。 主治医:Aさん、久しぶりですね。たしか先週は抗がん剤の予定でいしたが、来られませんでしたね。 患者:はい、そうです。前回の […]
  • 市販薬類似薬を保険適用から外す方向市販薬類似薬を保険適用から外す方向 産経新聞の報道です。以前から小出しに報じられてはいるのですが、 政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市 […]
  • 今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』 緩和ケア医の大橋洋平さんは、ある日大量の下血で胃の上部にジストが見つかります。gist(消化管間質腫瘍)は10万人に1人という希少がんです。 ジストの中でも […]
  • 今日の一冊(126)『がん外科医の本音』今日の一冊(126)『がん外科医の本音』   こんなことを書けば同業の医者からは反発を喰らうのではないか、そういう著者の本音も書いたと述べています。 「医者は自分ががんになったら抗が […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • イカサマ治療にだまされる患者イカサマ治療にだまされる患者 科学的根拠のない似非医療、いかさま治療に騙されて犠牲になる患者が後を絶ちません。 先日の記事『白衣を着た詐欺師』でも書きましたが、イカサマ免疫療法だけでなく、怪しげ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です