世界初、がん患者のせん妄ガイドライン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

世界初のがん患者を対象としたせん妄ガイドライン

日本サイコオンコロジー学会が編集出版した「がん患者における せん妄ガイドライン 2019年版」がPDFで読めるようになりました。

がん患者におけるせん妄ガイドライン

日本サイコオンコロジー学会の会員が中心となり,

がん患者のせん妄に関する先行知見を可能な限り実証的なエビデンスに基づき,そして臨床に即した形でまとめました。加えて,がん患者のせん妄に関しては,治療に関する良質なエビデンスが不十分であるのみならず,その背景知

識の流布も不十分であることから,重要な知識的な事項についてのエキスパート・コンセンサスも含めながら,少しでもわが国のがん医療の現状に即した形で先生方の診療に役立つよう腐心しながら作成しました。

せん妄に関する指針などはいくつかありますが、がん患者に特化したものは国内外でも初めてということです。

医療者向けですが、巻末の「患者・家族へのせん妄説明パンフレット」なども参考になるでしょう。

がんで入院した患者の17%、高齢進行がん患者の40%がせん妄を経験

このガイドラインの作成委員でもある名古屋市立大学大学院准教授の奥山徹氏によれば、名古屋市立大学病院に入院した高齢進行がん患者(65歳以上でPS2(パフォーマンスステイタス;日中の50%以上をベッドで過ごす)以上、化学療法以外での入院)73人を調べた研究では、約40%の患者にせん妄が出現したという。終末期にはせん妄になりやすく、海外の研究では、入院がん患者のせん妄の割合は17%だった一方で、死亡6時間前には88%だったと報告されている(下図)。

患者、家族はもとより、医師でさえも、がん患者のせん妄にどのように対処したらよいのかさえ知らない人が多いので、せん妄を見逃されることもあります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 風邪の対処法から国家論まで。木村知医師の本風邪の対処法から国家論まで。木村知医師の本 インフルエンザが流行っていますね。 主治医:Aさん、久しぶりですね。たしか先週は抗がん剤の予定でいしたが、来られませんでしたね。 患者:はい、そうです。前回の […]
  • 市販薬類似薬を保険適用から外す方向市販薬類似薬を保険適用から外す方向 産経新聞の報道です。以前から小出しに報じられてはいるのですが、 政府は30日、全世代型社会保障改革の一環として、市販の医薬品と同じような効果があり代替が可能な薬(市 […]
  • 「文春砲」が炸裂したね「文春砲」が炸裂したね 山中伸弥教授のiPS細胞への補助金が打ち切られるというニュースが流れて、どうしたことかと気をもんでいたが、元通りに落ち着いたとの報道があり、ホッとしている。 この間何があっ […]
  • 今日の一冊(126)『がん外科医の本音』今日の一冊(126)『がん外科医の本音』   こんなことを書けば同業の医者からは反発を喰らうのではないか、そういう著者の本音も書いたと述べています。 「医者は自分ががんになったら抗が […]
  • 今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』 緩和ケア医の大橋洋平さんは、ある日大量の下血で胃の上部にジストが見つかります。gist(消化管間質腫瘍)は10万人に1人という希少がんです。 ジストの中でも […]
  • イカサマ治療にだまされる患者イカサマ治療にだまされる患者 科学的根拠のない似非医療、いかさま治療に騙されて犠牲になる患者が後を絶ちません。 先日の記事『白衣を着た詐欺師』でも書きましたが、イカサマ免疫療法だけでなく、怪しげ […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • 白衣を着た詐欺師白衣を着た詐欺師 がんを告知されて頭の中が真っ白になっている状態では、何か特別な助かる道を探す患者の気持ちは十分に理解できます。 白衣を着た詐欺師に300万円を貢いだ彼は標準治療に戻るのですが、 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です