世界初、がん患者のせん妄ガイドライン

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

世界初のがん患者を対象としたせん妄ガイドライン

日本サイコオンコロジー学会が編集出版した「がん患者における せん妄ガイドライン 2019年版」がPDFで読めるようになりました。

がん患者におけるせん妄ガイドライン

日本サイコオンコロジー学会の会員が中心となり,

がん患者のせん妄に関する先行知見を可能な限り実証的なエビデンスに基づき,そして臨床に即した形でまとめました。加えて,がん患者のせん妄に関しては,治療に関する良質なエビデンスが不十分であるのみならず,その背景知

識の流布も不十分であることから,重要な知識的な事項についてのエキスパート・コンセンサスも含めながら,少しでもわが国のがん医療の現状に即した形で先生方の診療に役立つよう腐心しながら作成しました。

せん妄に関する指針などはいくつかありますが、がん患者に特化したものは国内外でも初めてということです。

医療者向けですが、巻末の「患者・家族へのせん妄説明パンフレット」なども参考になるでしょう。

がんで入院した患者の17%、高齢進行がん患者の40%がせん妄を経験

このガイドラインの作成委員でもある名古屋市立大学大学院准教授の奥山徹氏によれば、名古屋市立大学病院に入院した高齢進行がん患者(65歳以上でPS2(パフォーマンスステイタス;日中の50%以上をベッドで過ごす)以上、化学療法以外での入院)73人を調べた研究では、約40%の患者にせん妄が出現したという。終末期にはせん妄になりやすく、海外の研究では、入院がん患者のせん妄の割合は17%だった一方で、死亡6時間前には88%だったと報告されている(下図)。

患者、家族はもとより、医師でさえも、がん患者のせん妄にどのように対処したらよいのかさえ知らない人が多いので、せん妄を見逃されることもあります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • サイモントン療法とは?(2)サイモントン療法とは?(2) このエクササイズによる効果は絶大でした。同時に受けた放射線治療の効果もてきめんであり、さらに、放射線による副作用もほとんど示さなかったのです。そして放射線の継続治療の中間の時点で […]
  • なんで今さら樹状細胞免疫療法なの?なんで今さら樹状細胞免疫療法なの? 昨日は、会議で「オリンピック記念斉唱戦争号センター」へ。原宿で電車を降りて代々木公園を突っ切って行きました。公園内の銀杏はほとんど落葉してしまっていましたが、きれいに紅葉 […]
  • がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善 全がん協から、がんの生存率調査が発表されましたね。マスコミでも報道されています。 昨年に続いて2度目の調査です。あいかわらず膵臓がんの生存率は低いですが、昨 […]
  • 樋口強さんの本、絶対にお勧めですよ!! 昨年末のこちらの記事で紹介した松沢さんが、15日にがん研での手術が終わったとコメントをくださいました。ICUを出てすぐに、痛みに耐えながらコメントしてくださったのでしょうね。おめ […]
  • 物理学者・戸塚洋二 がんを見つめる 31日(土)15時から1時間のNHKヒューマンドキュメンタリーで、このブログでも先に書かせていただいた戸塚洋二さんのことが取り上げられた。戸塚さんのブログの内容に沿っての番組だっ […]
  • がんの自由診療は悪なのか?がんの自由診療は悪なのか? 9月23日(土)に放映された『スーパープレミアム「医師の闘病から読み解く がんを生きる新常識」』、3時間の番組なので、やっと録画を視聴することができました。 がんを宿した医 […]
  • ニボルマブって幾らでしょうか?ニボルマブって幾らでしょうか? 前々回の記事で免疫チェックポイント阻害剤「ニボルマブ」の話題に触れましたが、この薬の薬価は幾らでしょうか?承認された用法・用量は、通常、成人にはニボルマブとして1回2mg/kgを […]
  • 癌エキスパート:ゲムシタビンとS-1を使い切る癌エキスパート:ゲムシタビンとS-1を使い切る 癌エキスパートに「膵癌の治療戦略:ゲムシタビンとS-1を使い切る【消化器外科学会】」と題する記事が載っています。7月13日から開催された、第66回日本消化器外科学会総会でのセミナ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です