スポンサーリンク

「笑い」はがん細胞を消滅させるか?

「10分間大笑いしたあと、2時間は激しい痛みも感じることなく、ぐっすりと眠ることができた」と、ノーマン・カズンズは、『笑いと治癒力』のなかでこう言っています。笑いはこころの深呼吸であり、こころのジョギングとも言われています。

笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)

笑いと治癒力 (岩波現代文庫―社会)

ノーマン・カズンズ
1,078円(10/15 12:41時点)
Amazonの情報を掲載しています

大阪国際がんセンターが吉本興業などの協力を得て、月2回程度、漫才や落語を見る前後で血液と唾液の検査を実施して、患者にかかるストレスや免疫細胞の変化を調べるという。

反復した「笑い」が、がん患者の免疫機能や生活の質(QOL)の指標などに与える影響を明らかにすることを目的として行ったらしい。

その結果も発表されています。

研究グループによると、昨年5~6月に公演を4回見たグループは、がん細胞を攻撃するナチュラルキラー(NK)細胞などが増加。免疫を高め、がんを抑える作用を持つたんぱく質「インターロイキン12B」を生み出す能力も、平均で健康な人の1.28倍から1.66倍に向上した。
生活の質(QOL)を尋ねたアンケートでは、特に痛みの症状の改善がうかがえた。笑いを楽しんだ後の気分を調べると、緊張や抑うつ、怒り、活気などの項目で改善が見られた。

このような実験は、1992年に大阪なんばの「グランド花月」で、倉敷の「すばるクリニック」伊丹仁朗医師が行った実験がはしりです。

心のありよう、メンタルな部分がNK細胞などの免疫細胞を活性化する、免疫システムと心とは相互に影響しあっているということです。

「笑い」でがんが消えることがあるのか? 断定はできないが、少なからず発生している奇跡的な治癒例は、精神的な部分が影響しているはずです。それがどのような条件の時に、免疫システムのスイッチを押して一気にがん細胞を消滅させるのか、人類はまだそこまでの免疫システムを理解しきっておりません。

自分でも「笑い」の効果を確かめれば良いと思います。恥ずかしければ大笑いしなくてもいいのです。心のなかでニコッとする。顔だけでも笑っている表情にする。それだけでナチュラル・キラー(NK)細胞が活性化し、免疫力が高まります。ナチュラル・キラー細胞はがん細胞にとってはいちばんの強敵です。

コロナの影響で今年は中止になったけど、『いのちの落語』の樋口強さんも「笑いは最高の抗がん剤」と言っています。

そして「生きてるだけで 金メダル」。そう、オリンピックは延期され中止になるかもしれないが、がん患者は「今を」生きていることが「金メダル」なんですよ。

「笑い」や「瞑想」といった、非物質的なものががん細胞に大きな効果があることを、もっとわかってほしいものです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 追悼式典での天皇陛下の式辞追悼式典での天皇陛下の式辞 昨日は出張帰りで、その後高校時代のクラブの同窓会に参加したため、テレビ中継された東日本大震災の追悼式典を見ることができず、今日録画で視聴した。 式典での式辞。天皇陛下の言葉 […]
  • 火災報知器が・・・火災報知器が・・・ 今日はSmile […]
  • がんは休暇がんは休暇 GWも終わったけど、今年は9月の五連休の他、三連休がいくつかある。7月の連休には小樽に美味しい魚を食べに行く計画を立てている。魚を食うためだけに飛行機で!それはリッチだ、と思われ […]
  • がんと炎症の関係がんと炎症の関係 がんと炎症との関係について、私がその重要性を知るようになったのはシュレベールの『がんに効く生活』という書籍でした。「私のがん攻略法」には、これ一冊あればがん治療対策は十分だと書い […]
  • シチリアーノ 亡きがん友を想うシチリアーノ 亡きがん友を想う シチリア島。イタリア半島を長靴に例えれば、長靴に蹴り上げられた小石のような島。観光地としても有名ですが、マフィア映画でも有名な島です。(シチリアの町並み) 地中海文 […]
  • 代替医療をどのように選ぶ?代替医療をどのように選ぶ? 紫陽花も色づいてきた。紫陽花には雨がよく似合う。生き生きとしている。 雨の週末です。レインコートを着て屋上の排水溝を掃除しました。風で運ばれてきた埃が、詰 […]
  • 帯津良一のホメオパシーを批判する帯津良一のホメオパシーを批判する 書店に五木寛之と帯津良一の『健康問答』が平積みになっていた。「健康問答―平成の養生訓 」と「養生問答―平成の養生訓 」だが、文庫本になる元は同じ平凡社から2007年に出版された『 […]
  • 訃報:加島祥造さん訃報:加島祥造さん 詩人の加島祥造さんが亡くなった。 このブログに加島祥造さんの名前が登場するのは、膵臓がんが見つかって手術までの間、2007年6月23日の日付だった。『拾った命だから、のんび […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です