テレビを見る、笑わない、昼寝は死亡率を上げる

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

女性セブン2019年10月17日号からの記事らしいですが、

  • 水辺に住んでいる人:死亡率、死亡リスク/12~17%ダウン↓
    カナダの研究ですね。
    水辺から250m以内の地域に住む人は、そうではない人に比べて、心臓病・脳卒中・呼吸器疾患・糖尿病・認知症などで死亡するリスクが12~17%低い
  • 週4回、4時間以上ランニングをする人:死亡率、死亡リスク/1.9倍アップ↑
    無理な運動は健康に悪い! 勝ち負けのかかったスポーツはなお悪い!
  • 1日5時間以上テレビを見てる人:死亡率、死亡リスク/2.5倍アップ↑
    これはよく分かる。せんべいをポリポリ、運動しない。老人に多いな。
  • 犬を飼ってる人:死亡率、死亡リスク/20%ダウン↓
    こちらはスウェーデンの調査ですが、ペットがいれば穏やかな気持ちで生活できるのだろう。
  • 笑わない人:死亡率、死亡リスク/1.95倍アップ↑
    笑いと免疫の関係は確かにあると思います。ノーマン・カズンズの『笑いと治癒力』は有名ですね。笑って難病を克服した。
  • 1時間以上昼寝する人:死亡率、死亡リスク/32%アップ↑
    睡眠時無呼吸症候群などの持病のせいで昼寝をする人が多いため、昼寝習慣のある人に早死する人が多いことに結びつくことが考えられる。
    昼寝そのものが悪いとは断定できないようです。
  • 実年齢よりも老けていると思っている人:死亡率、死亡リスク/24%アップ↑
    う~ん、私の場合は実際よりも若いと感じているのだが・・・
    健康状態が良い人は実際よりも若いと感じるのだから、因果関係ではないだろう。バイアスがありますね。
  • 1週間に階段を35階以上のぼる人:死亡率、死亡リスク/18%ダウン↓

適度な運動をして、ストレスを溜めないで良く笑い、バランスのとれた生活をする・・・これに尽きるのではないでしょうか。

がん患者も同様です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』 緩和ケア医の大橋洋平さんは、ある日大量の下血で胃の上部にジストが見つかります。gist(消化管間質腫瘍)は10万人に1人という希少がんです。 ジストの中でも […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • 今日の一冊(126)『がん外科医の本音』今日の一冊(126)『がん外科医の本音』   こんなことを書けば同業の医者からは反発を喰らうのではないか、そういう著者の本音も書いたと述べています。 「医者は自分ががんになったら抗が […]
  • 当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院 CT検査の予約が取れない 膵臓がんの疑いがあると言われ、大きな病院で検査を受けようとしても、造影CTの予約は2週間先、結果が出るのはさらに2週間から1ヶ月先と言われることが多い […]
  • イカサマ治療にだまされる患者イカサマ治療にだまされる患者 科学的根拠のない似非医療、いかさま治療に騙されて犠牲になる患者が後を絶ちません。 先日の記事『白衣を着た詐欺師』でも書きましたが、イカサマ免疫療法だけでなく、怪しげ […]
  • そろそろ「休戦」そろそろ「休戦」 梅澤充先生のブログが「休戦」になるようですね。 ときどきは書くかもと言うことなので、「終戦」ではなく「休戦」なのでしょう。 梅澤先生には町田で開院して […]
  • 白衣を着た詐欺師白衣を着た詐欺師 がんを告知されて頭の中が真っ白になっている状態では、何か特別な助かる道を探す患者の気持ちは十分に理解できます。 白衣を着た詐欺師に300万円を貢いだ彼は標準治療に戻るのですが、 […]
  • 「ゆらぎ」を認めてこそ、個別化医療が成り立つ「ゆらぎ」を認めてこそ、個別化医療が成り立つ 医学は科学です。しかし、医学の対象とする人体は複雑系の代表であり、その行動は「非線形」に振る舞う。 したがって、医学を学問として捉えた場合、その方法論は「非線形」でなくてはなら […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です