スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

膵臓がん患者と運動(もっと歩いたら余命も伸びるのになぁ)

LINEで送る
Pocket

佐藤典宏先生のブログに、すい臓がん患者と運動についての興味深い記事がアップされています。

がん患者と運動の関係については、さまざまな癌腫で研究されてきましたが、膵臓がんと運動に特化した研究というのは、ありませんでした。

また佐藤先生自身も、膵臓がん患者さんに運動を勧めることはあまりなかったと言います。

ただ近年、膵臓がんの治療成績も良くなってきて、特に手術ができたすい臓がん患者さんの場合は、5年以上にわたって生存する例が増加しています。

アメリカでの調査では、膵臓がん患者と運動の実態はどうなっていたでしょうか。

結論から言うと、アメリカスポーツ医学会が提唱している「がんサバイバーのための運動ガイドライン」の基準を満たす程度の運動をしている患者は、わずか24%しかいなかったということです。

基準を満たす運動量をしている患者というのは、運動に対する自律的なモチベーションを保っている、そういう人が多いということですね。

この調査では基準を満たす運動することで疲労感が軽くなり生活の質も高まるそのように結論づけていますが、

  1. 中ぐらいの強度の有酸素運動(30分以上)を週に3日以上
  2. 最大反復回数の60%以上のレジスタンス運動(筋トレ)を週に2日以上」

が、ガイドラインで勧められています。

しかし、副作用があれば、そのような運動を継続するのは難しいのではないかと思います。

多くの膵臓がん患者さんを見てきた私の実感でも、きちんと運動してるのは4人に1人かそれ以下ではないでしょうか。

一方で、登山やマラソンなどもやっていて、8年以上元気でいる膵臓がん患者さんもいます。

膵臓がん患者と運動については、別の視点からこのブログでも何度か書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

私は常々こう言ってます。

ともかく 膵臓がん患者は、歩け!歩け!

高価なサプリメントにお金を使うよりも、少しは高価でも自分の足にあったスニーカーに投資して、エクササイズをしたほうがよろしいと思いますよ。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がんサバイバーになる秘訣膵臓がんサバイバーになる秘訣 ポジティブ思考、これも大切です。私はむしろこれが一番大切な要因ではないかとすら思っています。特にがん患者が無力感に襲われると、極端に免疫力が低下するのです。免疫細胞は絶えず脳と情 […]
  • 食事と運動でがん患者の生存率は伸びる食事と運動でがん患者の生存率は伸びる がん予防の食事は、がんができてしまった患者には効果がない、という医者もいますが、それは間違っています。 彼らが大好きなエビデンス(科学的な証拠)を使って反論してみます。 […]
  • 運動は、心の平安に次いで重要運動は、心の平安に次いで重要 運動は腫瘍の成長を抑える 統合医療で一番効果があると私が実感するのは、瞑想やマインドフルネス、あるいはサイモントン療法による「心の平安」です。 そして、次に効果がある […]
  • 魚を食って運動すれば、再発率は下がる魚を食って運動すれば、再発率は下がる 魚を食べて運動をすれば、がんの予防や治療に効果があることは、すでにいくつかの科学的根拠=エビデンスが存在しますが、このほどASCOの発表で大腸がんにも効果があることが実証 […]
  • がんと運動:アピタル夜間学校がんと運動:アピタル夜間学校 アピタル夜間学校の「がんと運動」のビデオがYouTubeにアップされています。気にはなっていたのですが、実際の講義のときには見ることができませんでした。 夜 […]
  • study2007さんのご冥福をお祈りいたします。study2007さんのご冥福をお祈りいたします。 また一人、がんと果敢に闘い、最期まで自分の命を生ききった方が亡くなりました。 RT @IwanamiKagaku study2007氏が13日(金)にお亡くなりになりました。 […]
  • 今日の一冊(64)『いま、希望を語ろう』今日の一冊(64)『いま、希望を語ろう』 スタンフォード大学の脳神経外科医で英文学の修士号を取得。36歳で肺がんの末期患者でもあるポール・カラニシが、死を前にして如何に生きる意味を見出したか、末期癌患者の希望とは何か […]
  • 今日の一冊(5)『近藤理論に嵌まった・・・』 高知に高齢の独り暮らしの母親を残した3人の登場人物の対談方式で書かれた「近藤理論批判」との触れ込みにつられて買った。十数年前、私も肺がんの手術をした母をひとりで高知に残していたの […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です