運動すればがんの成長を抑えることができる


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がん患者にとって、運動は下手な抗がん剤よりも効果があります。このブログの膵臓がんも治す統合医療には、代替療法の効果レベルとして図を載せていますが、多くの患者がサプリメントや食事療法などの「もの」にこだわっているけど、「形のないもの」がより重要です。

なかでも運動と心の平安がとっても大切です。

181

NHKスペシャル「人体 ミクロの大冒険 第3回 あなたを守る!細胞が老いと戦う
は長生きする人の免疫細胞には特徴がある。NK細胞が老化による影響がなく、元気なのです。老化した免疫細胞を二十歳台と同じように活発にする方法があるのです。それが運動です。わずか5分間の自転車漕ぎ運動で、免疫細胞が活発に活動することを、バーミンガム大学の研究者らが明らかにしました。【リンク先の
動画の13分ころから】

運動が腫瘍を縮小するという研究報告もあります。

ランニングでがん細胞の増殖を抑制できるかもしれない

ランニングなどの運動により、ナチュラルキラー細胞が活発化し、がん細胞などの腫瘍の増殖を抑制できる可能性が、マウスによる実験で示されました。

毎晩4km~7km走ったマウスの免疫系統が活発化し、新しい腫瘍の増殖を予防したほか、既存の腫瘍の成長を最大で60%抑制できることがわかったとのことです。

人間なら毎晩4km~7kmも走るのは難しいそうですが、一日8000歩、その中の20分は少し早足で歩く。これだけでも効果があります。

がん患者は「歩け、歩け」ですよ。

私の場合は、術後すぐに病院の階段を点滴棒を担いで上り下りして、看護師に叱られました。こんなことはお勧めしませんが、病院の廊下をぐるぐると回ったものでした。退院後3日目には会社に出社したのですが、往復の5kmは徒歩通勤でした。

それがどの程度がんに効果があったのか、もちろん分かりません。いまでも歩くことは続けています。

自分に合った、無理のない範囲で歩きましょう。歩けば血糖値も下がります。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』 2012年、米国対がん協会の最新ガイドラインが発表され、その翻訳『「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン』が6月に出版されています。「がんになり、 […]
  • 三島と修善寺で一泊旅行(1)三島と修善寺で一泊旅行(1) 8、9日と夫婦と娘三人で伊豆への一泊旅行でした。 ゆっくり出発したら東名が渋滞しているので、横浜経由で横浜町田ICまで。昼食の蕎麦や「砂場」をめざします。大きな渋滞もなくほ […]
  • セシウム137の体内放射能(2)セシウム137の体内放射能(2) 食品の新基準値 厚生労働省の「食品中の放射性物質に係る新たな基準値について」によれば、新基準値を決めるに当たり、もっとも厳しい年齢層である13~18歳男性の限度値:120B […]
  • オニバイドの効果と作用機序オニバイドの効果と作用機序 膵臓がんで初めてのDDS製剤 リポソームイリノテカン(オニバイド)が膵臓がんに対して承認されましたね。久しぶりの膵臓がんに対する新薬の承認です。また […]
  • 今日の一冊(34)『親ががんになったら読む本』今日の一冊(34)『親ががんになったら読む本』   静岡がんセンター所長の山口建先生の本。 「親」である患者にもお勧めしたい本です。 「愛」という字は「心」を「受」け止めると読むことができます。いきな […]
  • NHKスペシャル 「キラーストレス」(2)NHKスペシャル 「キラーストレス」(2) ストレスによる体の不調が起こっても「根性でなんとかしよう!」とするのではなく、科学的メカニズムにのっとったストレス解消法を実践すれば、脳の構造をガラリと変えられて、ストレスから心 […]
  • 被ばくは、癌の当りくじ被ばくは、癌の当りくじ ICRPモデルなら、100mSvの被ばくで、だいたい生涯がん致死数が0.5%増える計算になります。いわば、被ばくは「癌の当りくじ」です。しかし、宝くじと違うのは、宝くじは当たる確 […]
  • 肥満とがん&糖質制限食 糖質制限食とカロリー制限食のディベートが、来年1月15日の第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)で行われるそうです。ディベートでの糖質制限食派の演者は江部康二先 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です