スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの患者会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
12/9(木)9:00AM 参加申込締め切り

詳しくはオフィシャルサイトで

エレガントな宇宙と宇宙を織りなすもの

エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する
宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 上
宇宙を織りなすもの――時間と空間の正体 下
生命とは何か―複雑系生命科学へ

丸善書店を散策。福岡伸一の『動的平衡』が目に留まったので、ぱらぱらと見てみたが、『もう牛を食べても安心か』や『生物と無生物のあいだ』で述べられているシェーンハイマーの動的平衡とそれに関する彼の理論以上のものが無く、同じようなことを書いているように思われたので、『生命とは何か-複雑系生命科学へ』を買うことにした。

ブライアン・グリーンの『宇宙を織りなすもの 上・下』も思い切って買った。彼の前著『エレガントな宇宙』の続編ともいうべき著作である。『エレガントな宇宙』では「超ひも理論」をわかりやすく説明していたが、『宇宙を織りなすもの』は、一般相対性理論の描く「時間と空間の正体」とは何かという点に焦点を当てて書かれている。

アインシュタインの一般相対性理論はマクロな物理的世界に適用されて、その正しさが証明されている理論であり、シュレーディンガーとハイゼンベルクの量子力学はミクロな物理的世界を説明する理論である。ところがこの二つの理論を同時に適用すると、ある現象の起こる確率が100%以上になるというような矛盾が生じることになる。つまりはこの二つの理論もこの宇宙の法則を正しく説明しているとは言えず、まだ人類は世界を真に理解する方法論をもっていないということである。


こで登場してきたのが「超ひも理論」である。幅がゼロで長さがこの宇宙と同じ大きさの「ひも」の振動の仕方により種々のクォークや素粒子が出現するという「仮説」である。私たちの身体も分子・原子、つまりは素粒子やクォークでできているのであるから、それらが宇宙の振動によって出現している、宇宙とダンスを踊っている、生命も宇宙の全ての存在の影響を受けているのだということになる。チベット医学では生命は 宇宙とダンスをしていると考えているというが、まさに「超ひも理論」を数千年も前の祖先は感じ取っていたかのようである。

『生命とは何か』は、動的システムとしての生命を複雑系としてとらえて論じている。例えば癌と免疫との関係を考えてみたとき、ナチュラルキラー(NK)細胞やマクロファージ、T細胞、B細胞など多くの細胞が関与する生体内化学反応によって細胞の機能が達成されるのだが、これらの細胞が外部(敵)の存在を知るための情報伝達手段として細胞膜表面のレセプターが重要である。細胞が細胞膜を通して、外部のある場所の分子濃度の閾値に応じて自分自身の状態を変える。これはコンピュータプログラムのif・・・Thenに例えられる。このif ・・・Thenの論理式の連鎖によって細胞内の機能が記述できるというのが、現在の分子生物学の立場らしい。

これに対して、著者の金子氏は次のように問題を提起する。分子濃度には必ず”ゆらぎ”が伴う。レセプター付近で反応に関与する分子の総数はせいぜい1000個以下という少数である。確率的に変動する量は、√N程度の揺らぎが付随している。ある濃度の閾値といった場合、1/√N、つまりN=1000であれば3%くらいは判断を間違ってしまうことになる。一つの過程で3%の誤作動をするわけで、これが連続した幾十もの過程をへて本来の機能を果たすとき、3%の誤作動をする部品を10個集めて組み立てた装置と考えても良いが、これがまともに動くとは誰も思わないだろう。しかし、生物は見事にその役割を果たしていて、問題ないように見える。

NK細胞が、癌細胞かどうかの判断をするときに3%の割合で間違って正常な細胞を攻撃すると考えてみれば、こんな物騒なことはない。しかし、そんなことはなく、間違いなく癌細胞を攻撃してくれている。こうして生命を「計算機械」やプログラム的見方では生命とは何かという問いに正しく答えることはできないだろう。

生命をダイナミックな相互作用をする複雑系としてとらえることによって、「生命とは何か」という問いに迫っていくのである。癌とか免疫とかに触れているわけではないが、生命の不思議を図や数式を使ってわかりやすく解き明かしてくれる。

宇宙・空間・時間、これも本当に不思議な存在である。(存在しているものかどうかも問題になっているようだが・・)生命も宇宙に劣らず不思議で魅力的な存在である。まして人間の「脳」は、宇宙や生命に進歩に負けず劣らず複雑で神秘的な存在である。

ストレスをなくせば全ての病気が治るとか、「これだけで●●癌が消失する」とかの単純な説明でこと足りるようには人間(生命)はできていないということだ。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 道元の「生死」観とマインドフルネス マインドフルネスの原理 マインドフルネスは、禅を中心に、広大な仏教体系の中でその基本的原理を忘れることなく医療に応用されたものと言えます。 マインドフルネスの考案者 […]
  • 死を前にして人は何を思うのだろう?死を前にして人は何を思うのだろう? 転移したがんの多くは標準治療では治らない。抗がん剤治療も、生活の質(QOL)の維持と延命効果を期待して投与される。しかし、中には例外的に治癒あるいはがんとの共存が長く続く患者が […]
  • 人生は借用証 返済期限が来たら返せば良いだけ人生は借用証 返済期限が来たら返せば良いだけ この身体は借り物。借用書には「必ず返すべし」とは書かれているが、「いつ返せ」とは書かれていない。返す期限は誰にも分からない。身体もがんも「複雑系」だから、原理的に「未来は予測でき […]
  • 今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』今日の一冊(149)『名僧たちは自らの死をどう受け入れたのか』 死はやってくる 「死は受入れられない」。 釈迦が説く生老病死から人間は決して免れることができないのだから、たとえ悟りをひらいた名僧、高僧だって死は恐怖であるは […]
  • ペンローズの量子脳理論ペンローズの量子脳理論 今年のノーベル物理学賞は、ブラックホールの研究に貢献のあったロジャーペンローズ氏ら3人に与えられました。 日本のマスコミでは、事前に騒がれた中村祐輔先生をはじめとして、日本 […]
  • 良寛のこんな詩がいい良寛のこんな詩がいい 寝る前、まどろんでいると、 ふと、良寛のこんな詩が思い浮かんできた。 騰々(とうとう) 天真に任す 嚢中(のうちゅう) 三升の米 炉辺 一束の薪 誰か問わん […]
  • がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』がんが治るのは、その人が恐れを手放したとき『がんが自然に治る生き方』 劇的な寛解の経験者が実践していた九つの項目のうち、身体に関わることがたった二つ(食事を変える、ハーブやサプリメントを使う)しかなかったことです。残りの七つは、感情や精神にかかわる […]
  • 人はなぜ死を恐れるのか?人はなぜ死を恐れるのか? 人はどうして死ぬことを恐れるのか? がんの告知を受けたらだれでも「死」が頭をよぎります。がんが治る病気になったとはいえ、やはり「がん=死」という受け止め方が普通だと思うし、 […]

コメントを残す