のんびり夏休み

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

SDIM0390DP2 Merrill F4.5 1/125秒 ISO200


大森のダイシン百貨店が新装開店し、名称も「オオモリノモリ」とおしゃれに。金澤翔子さんの揮毫も行われたようで、イベントは知らなかったが、ご覧のようなすばらしい作品が展示されていました。

Sdim0385

翔子さんについては「小さき花」で紹介したことがあります。ダウン症の彼女の力強い作品を観ると、人間の能力・才能ってなんだろう、幸せって何なのだろうと考えさせられます。

『私はがんで死にたい』には、多くのがん患者を看取ってきた小野寺時夫さんが、がん患者の死に顔にも特徴があると書いています。心残りで怖いような死に顔をしている人には、末期がん治療中に、夫が愛人を作ってしまって見舞にも来なかったとか。地位も金もあり、これまですべてを思い通りにしてきた人が、がんは金があっても治るわけではない現実を最後まで受け入れられなかった経営者などがいたといいます。幼い子どもを残して旅立たなければならない母親などもそうでした。

キリスト教文化圏の欧米では、末期がんだからとパニックになる患者は見たことがないとも書いています。ホンのつかの間、この世に生を受けている身だから、死は神様の思し召しという死生観をっているからでしょう。

日本人だって、鴨長明、良寛、吉田兼好などそうした文化はあったはずなのですが、日本の良き文化はどこに行ってしまったのでしょうか。いやいや、福島原発事故後の対応をみていると、方丈記に書かれている福原遷都を思い出します。突然の遷都、政治はいつの時代も弱者を犠牲にするのです。野田総理の言葉を聞いていると、確かに日本語でしゃべっているのですが、私にはその論理がどうしても理解できない。彼はアンドロメダ星雲人のような、我々には想像できない思考回路の持ち主なのだろう。


SDIM0640DP2 Merrill F2.8 1/650秒 ISO200


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ついに解明 ストレスがDNAを損傷するメカニズムついに解明 ストレスがDNAを損傷するメカニズム デューク大の研究者らが、慢性的ストレスがDNAを損傷するメカニズムを突き止めたそうです。こちら。マウス実験の結果、慢性的ストレスがp53値を長期的に低下させることが、DNA異常の […]
  • がん哲学がん哲学 「がん哲学」という聞き慣れない言葉を最近知った。順天堂大学医学部教授、 樋野興夫氏の造語だという。 先日放映されたNHKスペシャル『立花隆 思索ドキュメント がん 生と死の謎に挑 […]
  • 私はがんで死にたい私はがんで死にたい DP2 Merrill F5.6 1/60秒 ISO200 小野寺時夫『私はがんで死にたい―ホスピス医が決めている最期』 […]
  • ルイ茶長さんの再発、余命宣告ルイ茶長さんの再発、余命宣告 同じ膵がん患者の茶長さんのブログに「再発しました。余命半年です」という書き込みがあり、驚いています。私と同じステージⅢの膵がんで膵頭十二指腸切除を昨年の10月にされて、術後1年を […]
  • 死ぬのが怖いのはなぜか?死ぬのが怖いのはなぜか? 人はどうして死ぬことを恐れるのか?がんの告知を受けたらだれでも「死」が頭をよぎる。がんが治る病気になったとはいえ、やはり「がん=死」という受け止め方が普通だと思う […]
  • がんと自己組織化臨界現象 (4) 地震は"できごと"です。森林火災も砂山の雪崩も"できごと"であり「現象」です。”地震”という具体的な物質があるわけではありません。あたりまえのことです。自己組織化臨界”現象”の具 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。