スポンサーリンク

小さき花

LINEで送る
Pocket

京都東山にある建仁寺は、臨済宗建仁寺派の総本山ですが、俵屋宗達の国宝「風神雷神図」があるお寺(現在は京都国立博物館に寄託)といった方が分かりやすいかもしれません。若き道元も入宋する前にここで修行をしたのでした。
Fujinraijintawaraya

昨年ですが、東京都大田区に住む書道家・金澤翔子さんの大作「風神雷神」が、建仁寺に奉納されたと報道されました。
Img_1039627_42224524_0_2

27日の「徹子の部屋」にも出演されていましたから、ご覧になった方の多いと思います。翔子さんは染色体異常によるダウン症と診断されました。書道家のお母さんは「二人で死ぬことばかり考えていた」と言います。5歳で書道を始めるとめきめきと才能を現わします。19歳で雅号「小蘭」を取得して何度かの個展も開いています。

小さき花
その金澤翔子さんが加島祥造さんと出会って生まれた『小さき花』を読みました。その躍動するような書には、書に関する知識の全くない私でも感動してしまいます。

本の「はじめに」から加島祥造さんが出版に至った経緯を紹介します。

 老年になると余計なものが削ぎ落とされて、本当に大切なもの、必要なものがもっと鮮やかになる。
 そんなことに気づき始めたとき、不思議な出会いがあった。
 まさに、「人間の本当の姿」を持った人たちだ。
 その一人が、この本ができるきっかけになった金澤翔子だ。ダウン症の翔子は、はじめから天から落っこちてきた生きものみたいだったんだよ。

 翔子はいつも愛に満ちている。いつも温もりにあふれている。彼女は書家である母・泰子と共に書に生きているが、もちろん金の勘定はまったくゼロだ。そもそもそういうことに動く脳は、幸か不幸か持ち合わせていない。
 だから、愛とか美とか、根幹にかかわることに敏感で、後は何も求めていない。
 翔子そのものも、恐ろしいパワーを秘めたその書も、人の目を求めていない。命のままに生きて書いているんだ。その美しさ、その力強さは、私たちに真似できない「本物」だ。

 人の目を求めない小さき花たちは、この伊那谷の山々でも美しい。花も人も同じだよ。

Img

自然と繋がる心でいるとき
大きな生命力を実感する

もちろん、「タオ」と読んでください。


Img_0001
君の命はいつも
君とともにいる

いま生きずして
いつ生きる


Img_0003
ピカピカの玉に
ならずに
ごろた石で
いることだ

これは加島祥造の『タオ―老子』第39章「五郎太石でいればいい」を踏まえているんですね。


Img_0002
いまあるがまゝでいればいい
いちばん好きなことを
するがいい
いま要るものだけ
持つがいい

老子の第1章に「玄之又玄、衆妙之門」とある。玄-計り知れない深淵の更にまた奥の深淵から、もろもろの微妙な働きが出てくる。森羅万象あらゆるものがくぐる門、衆妙の門があるのだ。


「玄ちゃん」のことがあとがきに書いてある。玄もダウン症の27歳の青年。玄は『タオ―ヒア・ナウ』がお気に入りの一冊。仏典・ウルトラマンとこの三冊が玄の布製のバッグにいつも入っている。

 私がMさんに「玄はなぜ『タオーヒア・ナウ』を読み始めたのか?」と問うと、とても興味深い答えがかえってきました。
 「"命"など、この本の中に出てくる言葉は、玄の好きな言葉が多いんです。たぶん深い意味を読むと言うより、言葉の響きから広がるイメージを彼なりに感じ取っているように思います。”タオ”という言葉からタオの世界を直感しているようで、たとえば、”風”、”山”、”夕日”–こうした自然現象に出会ったとき、『母さん、タオ』とよく言います。そして、この老子の言う”やさしい心”は、彼独特の愛を表現する言葉です」

翔子さんと加島祥造が最初に出会ったときのことを、母・泰子さんは次のように書いています。

 二年ほど前、鎌倉で翔子の父親の十年目の祥月命日のお墓参りをすませたあと、まだお会いしたこともない先生の個展に二人で出向いた。
 はたして、そこには先生がいらっしゃった!
 翔子は先生の姿を見ると、何を思ったのか、いきなり「お父さま」と声をあげて先生の懐に飛び込んだ。そして、先生も、翔子をその胸に強く抱いてくださった。
 比類なく翔子に優しかった父の面影と、優しい先生の姿が翔子の胸の中でシンクロしたのだと思う。抱き合っているその姿は神聖で侵しがたかった。

銭勘定や損得に振り回され、あまり役にもたたない会議に忙殺されている私たちよりも、翔子や玄の方が人間らしい生き方をしているのかもしれない。権力の中枢にいても何とか証人喚問を逃れようとする政治家、数億円の相続税を還付された御仁もいた。悪あがきする朝日新聞。年末になっても姿を見せなかった湯浅誠。「国民の生活が第一」がいつのまにか「政権を維持するのが第一」になったこの国。殺伐とした一年でしたが、翔子さんの書で少しは心が洗われた気がします。

がんが治るのか、いつまで生きることができるのかという問題すら、本当はどうでもよい些細なこと、大事なのは”いまここに”ある命を、”人の目なんかは気にせず”、おおらかに楽しむこと、そんな気づきを与えてくれました。

”小さき花”はただ、せいいっぱいに咲く、それだけのこと。いずれは枯れ果てる我が身の心配なんぞしない。それが命の本来のあり方。

小さき花 小さき花
加島 祥造 金澤 翔子

タオ―老子 (ちくま文庫) 天使の正体―ダウン症の書家・金澤翔子の物語 『求めない』 加島祥造 愛にはじまる―ダウン症の女流書家と母の20年 老子までの道―六十歳からの自己発見 (朝日文庫)
by G-Tools


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • この方も声を上げているこの方も声を上げている 拡散してほしいと書かれているので、長尾和宏医師のブログです。
  • 『がんと闘った科学者の記録』戸塚洋二・立花隆 妻につきあってヨーカドーに買い物に行きました。女の買い物は長いので、短気な私はとうていつきあっていられません。ひとりで館内にある書店をぶらぶらしていたら、ある本が目に付きました […]
  • 新年の誓い10か条新年の誓い10か条 Evernoteのテンプレートに「新年の誓い10か条」というのがあったので、誓いをたててみた。 穆如清風(ぼくじょせいふう)とは、 『穆として清風の如し』と読む。『詩 […]
  • がんと食事(4)がんと食事(4) DP2 Merrill F5.6 1/160秒 ISO200 […]
  • 親鸞は桂枝雀だ 『低線量被曝のモラル』という本が2月に出版されている。東京大学での討論にいくつかの論文を付け加えたものだ。もちろん福島原発事故による低線量被曝をどのように考えるのかという論考 […]
  • がんに効く、無敵のカクテルがんに効く、無敵のカクテル DP2 Merrill F3.5 1/1250秒 […]
  • 「水素水」は似非科学「水素水」は似非科学 先日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、「水素水はどうでしょうか?」とか、「フコイダンは?」と言う質問を何人かの方からいただきました。 『膵臓がん患者と家族の集い』の […]
  • Kさんの退院Kさんの退院 7センチほど残っていたドレンパイプも今日すっかり取り除いた。傷口を閉じていたホッチキスも無くなったし、これで体には何も残っていない。 先生も「あと数日で退院できる状態になります […]
LINEで送る
Pocket

小さき花” に対して1件のコメントがあります。

  1. Haneda より:

    あけましておめでとうございます。本年もどうかよろしくお願い申し上げます。
    建仁寺は京都の祇園にも近い思いがけない場所にありますが、思いがけない程に閑静で驚きます。
    建仁寺を拝観させていただいた際に、小泉淳作画伯の「双龍図」を拝見させていただいたのですが、これからは金澤翔子さんの「風神雷神」も拝見できそうでとても楽しみです。(俵屋宗達の作品はレプリカしか拝見できないのが残念です)
    「道」「玄」もとても好きになりました。PCのモニターではなく作品を直接拝見してみたいと思います。
    小出しにするようで大変恐縮なのですが、あまり詳しくは書けないのですが、父の膵癌は術後の摘出臓器等の病理検査の結果は、膵臓の他にも(+)が出た組織があったり、膵管の拡張などもあったのです。でもどこにも飛ばなかった(転移がなかった)患者がいたということで、スティーブ・ジョブ氏よりはありふれた患者だったのではないかと・・・。
    私も遺伝的な要素を考えて生活を見つめて改めていかなければと考えております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です