私はがんで死にたい


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

SDIM0559DP2 Merrill F5.6 1/60秒 ISO200


この4冊の本に共通しているのは、①医者が書いた本、②死ぬときはがんに限ると考えている、③しかも、できるならば在宅死が良いと、④しかし、医療に頼りすぎるな、ということでしょうか。

中村先生の『大往生したけりゃ・・・』は以前に、ここで紹介しました。長尾先生はアピタルに『町医者だから言いたい!』を連載中だから、本は買わずとも(買ってやったほうが喜ぶだろうが)言いたいことはそちらで読めば良いでしょう。なので、小野寺先生の『私はがんで死にたい』について。

私はがんで死にたい―ホスピス医が決めている最期消化器がんの外科治療を40年、もちろん膵臓がんの手術もたくさんやった。そんな小野寺さんが、ホスピス医としての体験から、手術をしないで長生きしている人は意外に多い、と言います。抗がん剤の有効性は非常に低いのに、どんながんにも積極的に使う。効果を確かめもせずに、次から次へと抗がん剤を変えて治療を続ける。こんな現状を批判しています。

ぼろぼろになるまで抗がん剤を投与されて、ホスピスに来て抗がん剤を中止し、そのおかげで食欲が出てくると、前の医者に宣告された余命をはるかに超えて生きる患者が絶えません。

3.11以後、科学・技術が進歩しても「人間の力の及ばないことがあるのだ」というあたりまえのことが、現実を突きつけられることにより深刻に認識されるようになったのでしょう。医療にしても、膵癌にようにあっという間に末期となり、命の限界を宣告される現状は、たとえがんペプチドワクチンが使えるようになっても変わらないと思われます。

小野寺先生の遺言書でもあり、次のような章立てになっています。

  • 高度進行がんになったら手術は受けません。
  • 抗がん剤治療も受けません。
  • 体力がある間に、自分のやりたいことをします。
    がんと戦いすぎてはいけない。死を迎える態度よりも、元気なときの生き方こそ大事
  • 在宅死がいちばんだが・・・
  • 入院するならホスピスに
  • 痛みなどの苦痛は十分にとってもらいます
  • 食べられなくなっても点滴輸液は受けません。
    日本で最初に中心静脈栄養を始めた小野寺先生だが、末期がんには不要なことが多いと警鐘を鳴らしています。もちろん胃ろうなんてとんでもない。
  • 寝たきりになったら「鎮静」をしてください。安楽死ということですが、難しいでしょうかね。
  • 臨終が近づくときは、そっとしておいてもらいたい。

がん患者でしかも認知症という患者が増えているそうです。こんな状態にはなりたくないですね。「百まで生きて、がんで死ぬ」が私の目標ですが、その時の死に方も遺言を残しておかねばなりません。

死に際してもいろいろな人がいます。頸椎も固定された苦痛な末期なのに、いつも穏やかで医者は看護師に感謝の言葉をかけるクリスチャンの患者もいれば、死を受け入れることができず、気功を取り入れている病院(帯津三敬病院かも!)に転院して、最後はパニック状態で亡くなった患者、あるいは小学生の我が子を2週間も学校を休ませて臨終までつきあわせた母親。

死に方も、その人の人格です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • インスリン初めて3週間インスリン初めて3週間 12月2日にインスリン注射を初めて3週間経ちました。 持効型のトレシーバを4単位から初めて、朝の血糖値を測定しながら徐々に増やして、今は12単位で打っています。 朝の […]
  • 牛蒡子(ごぼうし)は膵臓がんに効果がある?牛蒡子(ごぼうし)は膵臓がんに効果がある? 2013年に、国立がん研究センターのプレスリリースに『化学療法不応の膵がんに対するGBS-01医師主導治験の患者登録を開始』がありました。 牛蒡子(ゴボウの種)から […]
  • 大阪府立成人病センターの50年 […]
  • 「iPhoneが100円で買える」フィッシング詐欺に注意!「iPhoneが100円で買える」フィッシング詐欺に注意! 突然こんな画面が出ることがあります。   クリックしてアンケートに答えていくと、「おめでとうございます! iPhone […]
  • 品川散歩品川散歩 退院まであと少しです。毎日リハビリで二時間ほど旧東海道や品川浦周辺を歩いています。 雑貨カフェ:オーナーはデザイナーで、ここのオリジナルケーキは地元の主婦に人気だそうです。 […]
  • サイモントン療法とは?(3)サイモントン療法とは?(3) その当時のブログの記事が残っています。(自律訓練法を)しばらくやっていると不思議と手足が重く感じられて、暖かくなる。熱さを感じるほどになる。そうして続けていると頑固な肩こりも軽減 […]
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 来週の木曜日は半年ごとの定期検査です。いつものことですが、検査の前になると、再発・転移をしていないかと気がかりです。体調には変化もなく糖質制限食のおかげなのか、ウォーキングでも以 […]
  • 夏ばて対策に昼からビールとステーキ夏ばて対策に昼からビールとステーキ 暑い。暑気払いとスタミナ補給に、いきなりステーキのランチメニューへ。 300gを頼むことが多いが、今日は200gにしてライスは小。コーンをブロッコリーに変更。これで少しは糖 […]
LINEで送る
Pocket

私はがんで死にたい” に対して1件のコメントがあります。

  1. ななこ より:

    死に方もその人の人格です、とはまさに的を得ているなと思いました。父は末期の膵臓がんで最後の方はパニック状態で逝きました。冷たい言い方かもしれないけど、自分はあんな風に死にたくない。好きなもの食べてやりたいように生きた代償が早死ならば、それを受け入れて潔く死を迎えられたら良いのにと思ってしまいますが、人間ってそれほど強くないんですよね。
    せめて穏やかに逝けるように、私も遺言を遺したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です