スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

私はがんで死にたい

LINEで送る
Pocket

SDIM0559DP2 Merrill F5.6 1/60秒 ISO200


この4冊の本に共通しているのは、①医者が書いた本、②死ぬときはがんに限ると考えている、③しかも、できるならば在宅死が良いと、④しかし、医療に頼りすぎるな、ということでしょうか。

中村先生の『大往生したけりゃ・・・』は以前に、ここで紹介しました。長尾先生はアピタルに『町医者だから言いたい!』を連載中だから、本は買わずとも(買ってやったほうが喜ぶだろうが)言いたいことはそちらで読めば良いでしょう。なので、小野寺先生の『私はがんで死にたい』について。

私はがんで死にたい―ホスピス医が決めている最期消化器がんの外科治療を40年、もちろん膵臓がんの手術もたくさんやった。そんな小野寺さんが、ホスピス医としての体験から、手術をしないで長生きしている人は意外に多い、と言います。抗がん剤の有効性は非常に低いのに、どんながんにも積極的に使う。効果を確かめもせずに、次から次へと抗がん剤を変えて治療を続ける。こんな現状を批判しています。

ぼろぼろになるまで抗がん剤を投与されて、ホスピスに来て抗がん剤を中止し、そのおかげで食欲が出てくると、前の医者に宣告された余命をはるかに超えて生きる患者が絶えません。

3.11以後、科学・技術が進歩しても「人間の力の及ばないことがあるのだ」というあたりまえのことが、現実を突きつけられることにより深刻に認識されるようになったのでしょう。医療にしても、膵癌にようにあっという間に末期となり、命の限界を宣告される現状は、たとえがんペプチドワクチンが使えるようになっても変わらないと思われます。

小野寺先生の遺言書でもあり、次のような章立てになっています。

  • 高度進行がんになったら手術は受けません。
  • 抗がん剤治療も受けません。
  • 体力がある間に、自分のやりたいことをします。
    がんと戦いすぎてはいけない。死を迎える態度よりも、元気なときの生き方こそ大事
  • 在宅死がいちばんだが・・・
  • 入院するならホスピスに
  • 痛みなどの苦痛は十分にとってもらいます
  • 食べられなくなっても点滴輸液は受けません。
    日本で最初に中心静脈栄養を始めた小野寺先生だが、末期がんには不要なことが多いと警鐘を鳴らしています。もちろん胃ろうなんてとんでもない。
  • 寝たきりになったら「鎮静」をしてください。安楽死ということですが、難しいでしょうかね。
  • 臨終が近づくときは、そっとしておいてもらいたい。

がん患者でしかも認知症という患者が増えているそうです。こんな状態にはなりたくないですね。「百まで生きて、がんで死ぬ」が私の目標ですが、その時の死に方も遺言を残しておかねばなりません。

死に際してもいろいろな人がいます。頸椎も固定された苦痛な末期なのに、いつも穏やかで医者は看護師に感謝の言葉をかけるクリスチャンの患者もいれば、死を受け入れることができず、気功を取り入れている病院(帯津三敬病院かも!)に転院して、最後はパニック状態で亡くなった患者、あるいは小学生の我が子を2週間も学校を休ませて臨終までつきあわせた母親。

死に方も、その人の人格です。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今さらながらFacebookを始めました。今さらながらFacebookを始めました。 このブログに上げた記事は自動的に Twitter とFacebook のページに連携するように設定をしてあります。しばらくはこのブログ記事の内容をFacebook […]
  • 期待の膵臓癌治療-ナノナイフ期待の膵臓癌治療-ナノナイフ ナノナイフではステージ4aの膵がんの治療できますが、膵がんの場合は局所にあると思われても、実際には目に見えないがん細胞が広がっている場合が多い。そのために、ナノナイフで局所のがん […]
  • 死ぬのは、がんがいい 中村仁一氏の『大往生したけりゃ医療とかかわるな』が評判になり、近藤誠氏は『がん放置療法のすすめ―患者150人の証言』が”私の総決算だ”という。その二人が対談をして『どうせ死ぬなら […]
  • がん患者は、食品の放射能汚染をどこまでなら許容できるか?がん患者は、食品の放射能汚染をどこまでなら許容できるか? 明日から一泊で信州・渋温泉へ旅行です。紅葉はちょうど見ごろですが、あいにくの雨の予想です。29日のチェロ発表会に向けて練習にも熱を入れているので、ブログの更新が滞っています。 […]
  • なぜ抗がん剤の耐性がつくのかなぜ抗がん剤の耐性がつくのか P-糖タンパク質はがん細胞に発現し、多くの抗がん剤を細胞外へ排出することにより、がん細胞を薬剤耐性にし、抗がん剤を効かなくする。 […]
  • 膵癌診療ガイドライン2019膵癌診療ガイドライン2019
  • 終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する終末期の積極的抗がん剤治療は寿命を短縮する 来週の木曜日は半年ごとの定期検査です。いつものことですが、検査の前になると、再発・転移をしていないかと気がかりです。体調には変化もなく糖質制限食のおかげなのか、ウォーキングでも以 […]
  • 抗がん剤治療中のマスクは要らないって知ってた?抗がん剤治療中のマスクは要らないって知ってた? 勝俣医師が良いことを言っているので紹介。ま、私とは意見の違う点が多いのだが、これについては同意見です。 私が抗がん剤をやったのは10年前だが、当時としては画期的な患者であり […]
LINEで送る
Pocket

私はがんで死にたい” に対して1件のコメントがあります。

  1. ななこ より:

    死に方もその人の人格です、とはまさに的を得ているなと思いました。父は末期の膵臓がんで最後の方はパニック状態で逝きました。冷たい言い方かもしれないけど、自分はあんな風に死にたくない。好きなもの食べてやりたいように生きた代償が早死ならば、それを受け入れて潔く死を迎えられたら良いのにと思ってしまいますが、人間ってそれほど強くないんですよね。
    せめて穏やかに逝けるように、私も遺言を遺したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です