スポンサーリンク

がんと食事(4)

LINEで送る
Pocket

SDIM1177

DP2 Merrill F5.6 1/160秒 ISO200 清澄庭園にて


葬られた「第二のマクガバン報告」 (中巻)
キャンベルは、第3章「がんの進行は止められる」と第8章「がん対策はどのように改善されるべきか」で、がんに焦点を当てて説明しています。

がんの進行過程を、(芝に例えれば)

  1. イニシエーション(形成開始期)芝生の種を蒔く
  2. プロモーション(促進期)芝が種から生長をはじめる
  3. プログレッション(進行期)隣の敷地や道路にまで広がる

に分けています。2.のプロモーション期、つまりがん細胞が発見可能な大きさになるまで成長し増殖する期間は、食事がいちばん重要となるときです。またこの時期にがんの成長に必要な要素が与えられなかったとき、がん細胞は「休眠状態」に入ります。このとき、動物性食物はがんのプロモーター(促進物質)となり、植物性食物はアンチ・プロモータ(抗促進物質)となるのです。どちらの食物が多い香によって、この過程ではがん細胞の増殖のONとOFFを切り替えて、コントロールすることが可能になるのです。

食べ物によって、ほとんどのがんを予防することができるのです。早期発見・早期治療などと言いますが、それ以上に「がんを育てないものを食べる」ことが重要です。

がんの再発・転移にも低タンパクの食事が有効だと言えるでしょう。

再発・転移したがんにはどうでしょうか。プログレッション期には食物でがんに対抗することはできないのでしょうか。これががん患者として一番関心があることです。再発・転移したがんには、放射線や抗がん剤ですら有効ではありません。治ることは期待できず、延命効果があるだけです。これらでもがん細胞を消失させることは難しいのですから、食事療法だけでがんが消えるはずもありません。癌が消えることを「科学的に」証明した食事療法は一つもありません。この点に関しては『がんに効く生活』がより詳細に書いているので、そちらを読むと良いでしょう。

しかし、キャンベルはまた次のようにも言っています。

致命的な皮膚ガンである進行メラノーマ(進行性悪性黒色腫)は、ライフスタイルを変えることによって軽減、あるいは回復が可能なことも、いくつかの研究が証明している。

実験動物の体内で発症し成長中のガンであっても、正しい栄養の摂取によって、成長をスローダウンさせたり、進行を停止させたり、あるいは回復させることさえ可能だ。幸運なことに、人間の場合でも、同じ「正しい栄養」の摂取が、最大限の症状改善をもたらしてくれるのだ。それは病気のあらゆる段階において可能なのである。

葬られた「第二のマクガバン報告」(下巻)プラントベースのホールフードは、治る可能性を高めてくれます。治らなくても、がんの進行を抑えてくれる高い可能性があるのです。シュレベールは『がんに効く生活』で、自ら証明して見せました。

肉はどこまで許されるか?

では、肉は一切食べてはいけないのでしょうか。いきなりゼロにしろと言われても難しいのではないだろうか。博士は次のように言っています。

「チャイナ・プロジェクト」の研究結果は、「摂取する動物性食品の割合が少なければ少ないほど、健康効果が高い」ということを示している。たとえ動物性食品の割合が10%から0%に減少した場合でもこの考え方は当てはまる。したがって「動物性食品の割合はゼロが最善である」としても不適切ではない。

しかし、このことは完全に証明されているわけではない。確かにほとんどの健康効果は、動物性食品の摂取量が非常に低いときに実感される。しかし、「ゼロ」ではないというのも事実だ。
したがって、私のアドバイスは、「食事からすべての動物性食品を排除すること」だが、むやみに完壁を期す必要はない。ということだ。

私の場合は、例えばカレーライスの中にポークが一切れあったとしても、それをよけたりはしません。おいしく食べさせていただきます。

乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか
ただ、牛乳は一切摂らない方が良い。牛乳は子牛が摂るものであって、人間が摂るものではない。授乳期を過ぎた哺乳動物で乳を飲む動物はいません。

そして、これが大事なことだが、がんにならないことのためだけに食事があるわけではないのです。食べる楽しみもあれば、文化的側面もある。「豊かさが生む病気」が癌ならば、「貧しさが生む病気」もあるのです。癌にならないための食事が、必ずしも幸福とは限らない。どのような食生活をするかを選択するのはあなたです。

食べることは、外界の異物を体内に取り入れることですから、どんな場合でも「リスク」があります。それを言えば、生きていることがリスクなんですね。

      生きていることは、健康に悪い !

                                                                <続く>


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 桜見物 千鳥ケ淵 しばらくブログの更新をサボりました。サボったわけではないですが、少し考えるところがあって、それをどのように書こうかと迷っています。それはまたいずれ。 今日は朝の6時から千鳥ケ淵 […]
  • がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善がんの10年生存率 膵臓がんは少し改善 全がん協から、がんの生存率調査が発表されましたね。マスコミでも報道されています。 昨年に続いて2度目の調査です。あいかわらず膵臓がんの生存率は低いですが、昨 […]
  • 奇跡的治癒はあるのか?奇跡的治癒はあるのか? がんが自然と消えてしまい、あるいは退縮することを、 アンドリュー・ワイルは「自発的治癒」 バーニー・シーゲルは「奇跡的治癒」 […]
  • 安全な未来の原発「みろく」開発中安全な未来の原発「みろく」開発中 今日の東京新聞「こちら特報部」を読みながら、はて? […]
  • 膵臓がんと栄養膵臓がんと栄養 昨夜は同好の相棒と二人で横浜の夜景を撮りに行ってきた。今日8月5日はみなとみらいの花火大会があるので、混雑で撮影どころではないだろうと考えて1日に前にした。花火はまた別の […]
  • 最大の危険は、現実判断が自らの嘘から強く影響される政府最大の危険は、現実判断が自らの嘘から強く影響される政府 「直ちに」のツケをそろそろ払わされ と、川柳が新聞に載っていた。 政府や野田総理、御用学者の言説を聞いていると、嘘から自らの正気を保つのに努力がいる。 メルトダウンで嘘をつき、除 […]
  • 100年に一度の無能内閣100年に一度の無能内閣 オバマがアメリカの新しい大統領に選出された。彼を誕生させたのは、経済の悪化であり、その担い手となったのは、貧困層・若者である。フリードマンが提唱し、レーガン以後の経済政策の中心と […]
  • チェロレッスン「白鳥」チェロレッスン「白鳥」 チェロのレッスンは今週からサン・サーンスの「白鳥」。チェロの定番であり、かつプロの演奏者も難しいという曲。弾くのは決して難しくはないが、音楽的に表現することが難しい。ま、こちらは […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です