膵臓がんはやはり「がんの王様」

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

週刊現代が特集をやっている。

これが30万人の「医療ビッグデータ」がはじき出した
「がん」の「5年生存率」ナマ数値だ


全国がんセンター協議会
(全がん協)のデータをもとに、主ながんの五年生存率を並べたものだ。最悪は、膵臓がんのステージⅣ(男性)で、5年生存率が1.2%。つまり、98.8%の患者は5年以内に亡くなっている。
男女ともに膵臓がんがもっとも悪くて、次いで胆嚢がんである。

ステージⅢで手術ができた場合でも6.0%であり、しかも10年までにはその半分が再発・転移するから、10年生存率は3%程度である。

Img_b5a1acc72b
Imageyositakapc005
グラフを見ると1年以内に80%が亡くなります。3年生存すると、その後はグラフは下がっていないから、まあまあ安心できるだろうということが推測できる。

とりあえず、3年生き延びることをめざす。そのためには何をすべきか? 現代医療の中にその答えはない。なぜなら、現代医療の標準的治療、抗がん剤をやっていてのこの数値なのだから。

あるとすれば「統合医療」をいかに取り入れるかでしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵癌の腹膜播種に対する腹腔内化学療法でクラウドファンディング「東大基金」膵癌の腹膜播種に対する腹腔内化学療法でクラウドファンディング「東大基金」 腹腔内投与 胃がん、膵臓がん、卵巣がんでは高い頻度で腹膜播種が生じます。腹膜播種は、がんの転移形式の一つで、がん細胞が腹膜内に散らばった状態です。 腹膜播種になると、腸閉 […]
  • 5years-「患者と経験者の輪」をつなげるサイト5years-「患者と経験者の輪」をつなげるサイト 二度のがんを経験した大久保淳一さんが、1年前に開設された「5years」というサイトがあります。 […]
  • 今日の一冊(45)『輪廻する宇宙』今日の一冊(45)『輪廻する宇宙』   ブルーバックスと輪廻。なんとも変な取り合わせです。仏教の六道輪廻の話にはじまり、ダライ・ラマの転生へと進むんです。 オチをばらしてしまえば、最先端の宇 […]
  • 「グリーフ」って?「グリーフ」って? まだ入院して四日目かぁ。時間の経つのがゆっくりです。今日は最後のドレーンが抜けました。もう少しでシャワーの許可が出るでしょう。昨日までは、赤ん坊のようにただひたすら眠かったけど、 […]
  • 腹膜播種でもあきらめない!腹膜播種でもあきらめない! 腹膜播種を伴う悪性疾患に対する通常の治療法(抗がん剤治療や姑息的手術)の生存率は非常に悪いことが知られていますが、適切な症例を選択したうえで播種病変を切除する腹膜切除術と温熱化学 […]
  • 膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須膵臓がんは早期からの緩和ケアが必須 膵臓がんで治療に使うことのできる抗がん剤は限られています。免疫チェックポイント阻害薬や分子標的薬などの多くは、健康保険で使うことができません。 進行がんで発見される […]
  • 生前葬コンサート 小椋佳生前葬コンサート 小椋佳 小椋佳が「生前葬コンサート」を計画しているという情報が昨年からあった。(2013/2/2付 […]
  • 膵臓がんの最期に丸山ワクチンにたどり着いて・・・膵臓がんの最期に丸山ワクチンにたどり着いて・・・ 膵臓がんの末期になって、丸山ワクチンにたどり着いた方。主治医が治験担当医になることを拒否したが、「丸山ワクチン患者・家族の会」のサポートで無事に投与できるようになりました。その経 […]
LINEで送る
Pocket

膵臓がんはやはり「がんの王様」” に対して4件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    ババリーナふじこさん。
    無事に2年と1ヶ月、おめでとうございます。嬉しいお正月を迎えられそうですね。
    再発の確率もどんどん小さくなっていきますから、この調子でいきましょうよ。
    楽しいことをたくさんやっていますか? せっかく与えられたご褒美ですから、人生を思う存分に楽しみましょう。

  2. ババリーナふじこ より:

    遅ればせながら、退院おめでとうございます。充実した入院生活を送られたようで、「少々退屈なさるのでは?」という老婆心が杞憂に終わったことを喜んでおります。
    ところで、ご報告です。11月25日に、手術後2年1ヶ月目のCT検査を受け、めでたく合格いたしました。また、恒例の3者面談を行い、今後の方針をバッチリ話し合いました。
    1) 再発・転移や重篤な副作用が見られない限り、TS-1服用を来年11月30日まで継続する。服用の仕方はこれまで通り(朝夕ではなく、昼夜。これは時間治療のつもり。隔日で週3回)
    2) 再発したら、ジェムザールを標準量の半分から始める。アブラキサンが来月承認されますが、副作用その他を考慮した結果、まずはジェム単独で、ということになりました。
    その他、HIFUやラジオ波、再手術についても検討しました。HIFUはまだまだ、海のものとも山のものとも・・・って感じかな。(密かに、祖父尼先生に期待しているんですが)それと、再手術は負担が大きすぎそうですが、それに耐えられる体作りだけはしておこうと思っています。
    この間、なんとか2~3年は元気でいたいと、完全患者主導で色々やってきました。これからまた、新たな気持ちで次の一年に向けて歩き始めます。
    これからも、どうぞよろしくお願い致します。

  3. キノシタ より:

    T.Kさん。コメントありがとうございます。
    ご自身の身体の「声」を聞くことは、非常に大切なことですね。
    早期に見つかれば、多くのがんが治る時代になってきました。膵癌でさえも、手術できるかどうかが運命の分かれ目ですから、医者選びも寿命のうちと言っていいのかもしれません。
    失ってから始めて健康のありがたみが分かると実感しています。
    今後ともよろしくお願いします。

  4. T.K より:

    はじめまして。時々ブログを拝見させて頂いております。紹介されておられる書籍やメンタルの重要性についても参考にさせていただこうと思っております。
    当方、2~3年前から体の異様な不調を感じ、何度か医療機関を訪れたのですが、去年までは検査は全て異常なしでしたが、今年の夏から更に体調が悪化したので、10月から大学病院で診てもらった所、膵酵素の異常、甲状腺の異常、胃壁の異常などが見られる、ということになりました。
    自身の感覚では2~3年ほど前から何か違う、何かおかしいが医者には口では上手く説明出来なく、心因性の物として扱われていたのですが今年になって色々と吹き出てきたようです。
    やはり自分の感覚が正しかったようですが、血液検査をしようがCTを撮ろうが、エコー、胃カメラをしようが異常が見られなかったので仕方なかったとは思いますが、今回の異常でもしガンなどであった場合、数年前から自身では気づいてはいたのに何も出来なかったと悔しい思いをしそうです。
    それにしても膵がんの酷さを改めて知ると同時に前立腺がんの悪性腫瘍としてはかなり良性の部類に入るということも分かって少しホッとした思いです。私は慢性前立腺炎の症状が10年続いており、いつか前立腺がんになると思っているのですが、早めに治療が出来ればそれ程気にするほどのものではないのだなと。
    いきなりのコメント、乱文雑文失礼いたしました。これから冬の季節です、キノシタ様も風邪などひかれないようご自愛なさって下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です