全がん協生存率:膵臓がん

スポンサーリンク
【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:ジャーナリスト 森省歩氏による丸山ワクチンの講演
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付は、3月1日(金) 8:00からです。
Pocket
LINEで送る

がん治療の中核となる病院でつくる「全国がん(成人病)センター協議会(全がん協)」の、28の病院別に治療から五年後の生存率を公表したと、今朝の新聞各紙が報じています。

全がん協のサイトにある「全がん協生存率(CAPWEB)」から、膵臓がんのデータを抽出してみました。

私自身の病期などの条件、ステージⅢで外科手術適用の場合ですと、生存率グラフは次のようになります。5年生存率は7~8%程度でしょうか。症例数は184件です。

Image_001

ステージⅢの全症例では、428件で5年生存率は約3%です。手術ができないと更に厳しい(約1%)ですね。

Image_002_2

ステージⅢで、幸い手術が適用になったとしても3%→7%ですから、あいかわらず膵臓がんは予後の厳しいがんです。

ステージⅠ:211、ステージⅡ:511、ステージⅢ:428、ステージⅣ:1428症例ですから、55%の患者が発見されたときにはステージⅣです。それでもⅠとⅡで28%ですから、以前よりは早期発見される割合は増加しているようです。

膵臓がんサバイバーになるためには、術後に、可能なことをすべてやる。再発・転移を防止するために役立つと思われることはすべてやり尽くす覚悟が必要でしょう。

5年たった私がこうして元気でいられることの幸運を、感謝しなければなりません。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

全がん協生存率:膵臓がん” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    megaton さん。3年半ですか。立派な成績ですね。5年が無理かどうかは、神のみ知るです。1日1日を精一杯生きる、ただそれだけで良いのだと思います。

  2. megaton より:

    いつも楽しみに日記を読ませていただいております。
    父が膵臓がんステージⅢで3.5年生存しています。
    もうすぐ4年目ですが、この数字の中にいることに幸せを感じております。
    残念なから5年目の仲間入りには難しそうなのですが、
    サバイバーさんの日記にはとても励みになりました。
    感謝の気持ちを添えてコメントさせていただきます。
    これからも楽しみに読ませていただきます。

  3. ふうき妹です より:

    どの方法が自分の病気にハマるかなんて、やってみないと分かりません。
    自分がやってみようと思ったものにチャレンジする勇気。
    これも大切なのかも知れませんね。
    今日の記事は読ませて頂いてて、そう強く思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です