週刊新潮に膵臓がんの最近治療情報

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

週刊新潮の11月26日号に、富山大学附属病院 膵臓・胆道センター長の藤井努教授の記事が載っています。

 膵臓がん治療の最前線

が要領よくまとめられています。

2010年くらいまでは膵臓がんの5年生存率は5%程度でしたが、今年3月に国立がん研究センターが発表したデータによれば、膵臓がんと診断された患者の5年生存率は9.9%と、以前よりも改善はされています。しかし依然として膵臓がんの5年生存率はダントツで最下位です。

とはいっても、膵臓がんをめぐる状況は明らかに良くなってきています。しかもこの数字は2009年から2011年までに診断された人たちのデータですから、最近になって膵臓がんが見つかった方の5年生存率はより高まっているはずです。

手術支援ロボット「ダ・ヴィンチ」

手術ロボットダ・ヴィンチは、「ロボット支援下膵体尾部切除」で既に保険適応となっていたのですが、2020年の4月には膵頭十二指腸切除術に対して保険適用となりました。このことによって外科手術の安全性が飛躍的に向上しています。

2011年の統計では、膵臓がん患者100人のうち3人が手術が原因で命を落としています。しかし日本では欧米に比べて少ないほうです。術後に膵液が漏れる「膵液瘻」と呼ばれる合併症も発生するのですが、ダ・ヴィンチを用いるとそうしたリスクも少なくなります。

藤井教授が開発した「ブランガート変法縫合」という手術法によって、膵液瘻はこれまでの1/10以下にもなっています。

術前化学療法の効果

化学療法の効果について教授は次のように比較して述べています。

ゲムシタビンと S 1の効果を”ピンポン玉”に例えると、オニバイドは”ソフトボール”、FOLFIRINOXとアブラキサンは”ボーリング球”ほどの威力がある。


スポンサーリンク

FOLFIRINOXの副作用に耐えられず治療を断念する患者も多いのですが、その点効果では多少劣るものの、オニバイドは副作用が抑えられています。膵臓がん患者にとって、選択肢が増えたことは非常にありがたいことです。

『膵がん診療ガイドライン2019』においても、ゲムシタビンと S 1を併用した術前化学療法が「弱く推奨」されていますが、膵臓がんの術前化学療法の臨床研究には藤井教授も参加したのですが、抗がん剤でがんを叩いてから手術を行った方が生存率も高く、再発率は低いという結果が出ています。

ステージ3のコンバージョン手術 5年生存率は73%

まだ保険には未収載ですが、ステージ4の膵臓がんへの特殊な治療法も臨床研究が進んでいます。

腹膜播種に対してカテーテルを挿入して腹腔内に直接抗がん剤を投与する治療法です。

藤井教授の患者でも、ステージ4と診断された50代女性ですが、かなり腹膜播種も進んでおり、CT 画像ではお腹中にがんが広がっていました。余命は持っても6ヶ月という状態でしたが、腹腔内に抗がん剤を投与した結果、がん細胞はほぼなくなり、元の原発巣の膵臓がん自体も小さくなっていました。

それでコンバージョン手術に踏み切ったのですが、この女性患者は2年半以上が経過した現在も再発はなく元気に過ごしています。

藤井教授の執刀した、ダ・ヴィンチを使ったステージ3「切除不能局所進行膵臓がん」のコンバージョン手術では、術後の5年生存率が73%に達しています。これは驚くような数字ですね。

こうした術前化学療法や腹腔内への直接抗がん剤投与によって、ステージ4でもダウンステージングして手術が可能となる例が徐々に増えてきています。

ダ・ヴィンチの導入されている病院

ダ・ヴィンチを導入する病院は急速に増加しています。そのため技術を持つ医師の数が足りなくて争奪戦の様相とも言われているようです。

また、ダ・ヴィンチの特許が切れたので、開発競争も熾烈になっており、様々な企業が開発をしているので、現在は3億円と言われるダ・ヴィンチもより安価になってくるでしょう。

導入している医療機関は把握できませんでしたが、日本ロボット外科学会に「専門医取得者一覧」が載っています。ここに記載された病院にはダ・ヴィンチが導入されていると考えて良いでしょう。

「がんの王様」と言われる膵臓がんでしたが、徐々にではありますが、治療成績も良くなってきています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 平和の俳句平和の俳句 今日はがん研で甲状腺の診察でした。前回の超音波検査の結果を受けて頭頸科の先生の診察です。 先生「超音波の結果からは良性(嚢胞)だと思われます。しかし、念のために細胞診をして […]
  • がんで死ぬのも悪くはないがんで死ぬのも悪くはない 死生観を持つ この記事、すい臓がんが見つかって手術を待っている時期のものです。ずっと考えは変わりませんでした。悟りとまではいかなくても、自分なりの死生観を持って […]
  • 「全ゲノム検査」に期待する「全ゲノム検査」に期待する 免疫チェックポイント阻害薬もCAR-T療法も、T細胞免疫の力を借りているわけですが、欠点としては腫瘍特異的ではないこと。つまりがん細胞にだけ攻撃をするのではないので、この点の研究 […]
  • 今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏今日の一冊(102)「糖尿病と膵臓がん」長尾和宏 膵臓に関心がない糖尿病専門医 「20年間も大病院の糖尿病専門外来に通っていたのに、気づいたら膵臓がんの末期でした」とか、「糖尿病の治療はずっと続けていたけれど、膵臓の検査を […]
  • 「自然療法でがん治癒」に有罪判決「自然療法でがん治癒」に有罪判決 オーストラリアでの話しだけど、日本でも似たようなことがあるよね。 オーストリア連邦裁判所は15日、脳腫瘍があったが自然療法で治癒したとうそをつき、書籍などを出版していたブロガー […]
  • 今日の一冊(81)『大学病院の奈落』今日の一冊(81)『大学病院の奈落』       群馬大学病院の腹腔鏡手術を巡る一連のスクープにより、2015年度新聞協会賞を受賞した読売新聞 […]
  • プラセボ効果プラセボ効果 どうってことのない写真だけど、チョット気になる。 「癌」と「がん・ガン」、実は使い分けが必要なのですが、私のブログでは「見た目」を大事にして、混在しています […]
  • あの世へのベルトコンベアは、エビデンスで掃き清められているあの世へのベルトコンベアは、エビデンスで掃き清められている 1割がガイドラインを遵守していないことを問題にしているとしたら、標準治療をはき違えているのは国立がんセンターの方ではないだろうか。ガイドラインは参考にすべきものであって、これが1 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です