今日の一冊(14)『新自由主義の自滅』

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

アベノミクスの失敗は誰の目にも明かです。最近は「アベノミクス」という言葉もあまり聞かなくなりました。株が乱高下して恐慌の様相すら取りざたされています。「尻尾(株)が犬(実体経済)を振り回す」こんな状況がなぜ生じたのか。

小泉改革以降の新自由主義路線、グローバリズムとはいったい何だったのか。経済優先の政治がいま、原発の再稼働、福祉の切り捨て、正社員の減少と短期雇用の増加、給食が唯一のまともな食事であるため、夏休みになると子供の食事にも困るような母子家庭の貧困、自殺者の増加、凶悪犯罪などの社会の不安定化を生んでいます。

福祉の切り捨てはがん患者にも直接の影響をもたらします。「地域包括ケア」という美名で患者を病院から追い出し、在宅医療による介護を進めようとしています。療養病床は更に削減される計画が進行しています。末期がんになったらいったいどうすれば良いのか、多くのがん患者が途方に暮れています。

どうしてこのような日本になってしまったのか。その鍵を説くのが「新自由主義」と「グローバリズム」です。菊池英博氏の『新自由主義の自滅 日本・アメリカ・韓国 (文春新書)』は、安倍総理の掲げる「成長戦略」の柱である”5つの政策”、すなわち、法人税減税などの財政改革、派遣法改正や高度プロフェッショナル制度導入などの雇用制度改革、混合診療導入などの医療改革国家戦略特区、そして農協解体を含む農業改革が、日本を破壊する活動だと、一刀両断にしている。

新自由主義の自滅 日本・アメリカ・韓国 (文春新書)

新自由主義の自滅 日本・アメリカ・韓国 (文春新書)

菊池 英博
935円(02/21 12:58時点)
発売日: 2015/07/21
Amazonの情報を掲載しています

Gdpimg

また、日本は法人税が諸外国に対して高すぎる、だから法人税減税をして日本企業の海外流出を抑えなければならない、という主張が真っ赤なウソであることを、これもデータを使って論証します。

もうエコノミストに騙されないために   紫炎のMBA講義録』は、アベノミクスを「アホノミクス」とぶれないで一貫してこき下ろしてきた浜矩子氏が、金融危機はなぜ起きるのか、小泉構造改革からアベノミクスまでの歴史的な背景から導きだした最新の経済問題に対する浜氏の考えを解説しています。そして、恐慌が来ても、どのような経済状況でも、それに対処する方法は、結局は人と人とのつながりにしかない、との考えを述べています。

もうエコノミストに騙されないために   紫炎のMBA講義録

もうエコノミストに騙されないために 紫炎のMBA講義録

浜 矩子
1,210円(02/21 12:58時点)
発売日: 2015/03/07
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • マットレス交換 Airyが気持ちいいマットレス交換 Airyが気持ちいい     がん患者にとって、快適な睡眠はとても大切です。 睡眠が不足すると、体温、血圧などのリズムを調整している体内時計が乱れ、がんや糖尿病などの疾患のリスクに関係してい […]
  • ウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサート あけましておめでとうございます。 三が日はスマホの電源も切り、ブログもTwitterにもアクセスせず、パソコンもほとんど触らず過ごしました。たまにはITと無縁で過ごすの […]
  • 戦後70年目の憲法記念日戦後70年目の憲法記念日 今日は憲法記念日である。この日だけでもと、毎年憲法の前文くらいは読み直そうと心がけている。前回ブログに書いたのは2010年のこの日だった。土佐弁で憲法前文を読み直してみた。『がん […]
  • 『カノン』脳間海馬移植が可能となった近未来が舞台『カノン』脳間海馬移植が可能となった近未来が舞台 新日鉄住金 […]
  • 今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』 原宿「スーパーよさこい」こちらもベストショットに数えて良いかも 何の因果か、癌の王様と言われる膵臓がんになってから、音楽の趣向が変わった。それまではヴィヴァ […]
  • 今日の一冊(25) 『東大病院を辞めたから言えるがんの話』今日の一冊(25) 『東大病院を辞めたから言えるがんの話』 東大病院を辞めて、がん専門のセカンドオピニオン外来「東京オンコロジークリニック」を開設した大場大医師の本です。 場所は帝国ホテルタワー15階にあるらしい。う~ん、賃 […]
  • 小さき花小さき花 京都東山にある建仁寺は、臨済宗建仁寺派の総本山ですが、俵屋宗達の国宝「風神雷神図」があるお寺(現在は京都国立博物館に寄託)といった方が分かりやすいかもしれません。若き道元も入宋す […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です