細かなことと小さなこと

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

するべきことよりも、したいことをする。自分の声に耳を傾ける。がんになってからは、そんなつもりでやってきたのだが、最近はどうも”するべきこと”に振り回されているような、そんな気がしたので、連休中はニュースも見ない(福島原発が気にはなったが)、ブログも書かない(ついコメントにレスを書いてしまったが)、インターネットに接続しない、でのんびり過ごした。ハードディスクに蓄えた音楽を流しっぱなしでぼんやりと時間を過ごしていた。指先の皮が少し厚くなるほどチェロを弾いていた。もちろん深蒸し茶を何杯も飲みながら。

がんはスピリチュアルな病気 ―がん患者と愛する家族のための心と体の処方箋― 以前にマクファーランドの『がんはスピリチュアルな病気 ―がん患者と愛する家族のための心と体の処方箋―』を紹介したが、内容についてはまだ書いていなかった。気に入った章を一日一章読むのがよい。こんな題名の章がある。「不満屋になる練習をする」「わが身の悲惨なありさまを喜ぶ」「自分に耳を傾ける」「今を生きる」「準備をしない」「スコアをつけない」どれもこのブログで書いてきたことと通じているような気がする。

私のするべきタスクは効率的に管理されている。ToDoリストはRemember the Milkでばっちりだし、インターネットで気になる情報はEvernoteにすべて保存してある。蔵書と読みたい本はmediamarkerにすべて保存されている。誰からも催促されることのないように、効率的に、完璧に時間を使っている。しかし、気がついてみると人生の時間をそのために費やしている。せかせかした、おかしくなった世の中に合わせてきたつもりが、いつの間にか人生の時間を乗っ取られている。

「小さなことにくよくよしない」と題して、本の中でマクファーランドはこんな風に言う。イエスが死んだ娘の手を取って「少女よ、起きなさい」と言われた。すると少女が起き上がったので、家中の人々は狂喜乱舞した。少女のことはそっちのけだった。見かねたイエスが、「ほら、少女がお腹を空かせている頃だ。何か食べ物を持ってきなさい。一切れの魚などが良いだろう」と言われた。世界を救うことを使命としているイエスが、どうしてそんな細部にまで心を配ることができたのだろう。一切れの魚は、細かなことだ。しかし、少女にとってもイエスにとっても小さなことではなかった

細かなことに注意を払えば、誰かのお腹が満たされる。小さなことは、世界中の愛の蓄えを食いつぶす。

自分には解決のしようのないことは”小さいこと”だ。解決法がないのなら、それは”問題ではない”のだ。解決法のないことをいつまでも考えているのなら、それは小さいことにくよくよしている証拠だ。

福島原発の核燃料が再び爆発しないか、と心配することは、だから小さなことだ。しかし、節電をし、エネルギーを湯水のように使う生活を見直すべきだと考えること、そうすれば原発は要らないのではないかと検討してみることは、細かいことである。私のがんが再発しないだろうかと寝ても覚めても考えているとしたら、それは小さいことである。がんに効く食事を摂り、規則正しい生活をし、良く歩き、深蒸し茶でも飲んでリラックスしてみることは細かなことである。

相変わらずToDoリストにチェックは入れているが、最近は「延期」を頻繁にするようになった。”明日できることは今日はしない”というのも、周りに大きな迷惑をかけなければ良い選択肢だと思う。そんな調子だから、ブログにコメントをいただいても、その気にならなければレスはしないので、気を悪くしないでいただきたい。コメントへのレスが小さなことか、細かなことかの判断は、これもその日の気分次第である。

小さなことにくよくよせずに、細かなことに気配りができるようになったとしたら、それはがんからの贈り物だ。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 朝日新聞の購読を止めました。朝日新聞の購読を止めました。 朝日新聞の購読中止を販売店に電話で告げた。「何か私どもに落ち度があったのでしょうか?」と電話に出た店主らしい方が、戸惑ったように問い返してきた。「いいえ、そうではありません。朝日 […]
  • 「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5)「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(5) 【情報を追加】最下段にペプチドワクチンに関する情報を追加しました。 一週間ぶりの更新です。年末にも書いたとおり、3月中旬まではめっぽう忙しく、ブログの更新は後回しの処遇を受 […]
  • 千鳥ヶ淵緑道の桜千鳥ヶ淵緑道の桜 東京の桜が満開とのニュースに心が躍ります。千鳥ヶ淵の桜は、満開予想が4/2~4日になっていたが、来週は曇りや雨の予想なので、今日行ってきました。 地下鉄九段下駅の改札を出る […]
  • サイモントン療法とは?(7)サイモントン療法とは?(7) 自分の人生が思い通りにならないと感じたり、人生は喜びよりも苦しみの方が多いと感じたりするとき、脳はノルアドレナリンやコルチゾールなどのストレスホルモンを放出する。 これ […]
  • マインドフルネス瞑想ガイド 八百屋が「おめでとう 東京」と張り紙をして「西瓜 […]
  • 「コンパッショネート・ユース」制度が来年から始まる 先の「血液バイオマーカー」の記事は、今現在膵臓がんの方には恩恵のないニュースですが、こちらのニュースは少しは希望の持てる記事です。 2014年に「15年からコンパッ […]
  • 罪作りな「安保免疫学」罪作りな「安保免疫学」 首ひねる独自マッサージ後乳児死亡 NPO代表任意聴取      朝日新聞デジタル […]
  • がん患者は、こんな腫瘍内科医を求めているんだよがん患者は、こんな腫瘍内科医を求めているんだよ たとえ、効果がなくとも、エビデンス(科学的根拠)がなくとも、医学的に意味があってもなくとも、がんに対してなにか手段がないか、一緒に考えて欲しいのです。 再発がんの治癒は難しいが […]
LINEで送る
Pocket

細かなことと小さなこと” に対して3件のコメントがあります。

  1. アリス より:

    コメントくださってありがとうございます。
    PET検査を受けたとこ、SUVmaxが
    原発巣で7に近い数字が出ており、
    内腸骨リンパが左右とも(SUVmax)3に近い
    数値がでました。
    術前所見では、1期・G1とのことで、
    先生もよく把握できない様子です。
    26日手術予定で、これからも不安がいっぱいですが、
    家族が同じ府下におります。、何分高齢ですし、
    病気のことは、そうでない人にはなかなか
    理解しずらく、負担も大きいように思います。
    返信いただき、話を聞いてもらえるところを
    探してみようかと考えました。
    声掛けしていただき本当にありがとうごうございました。
    一人じゃないと思えました。

  2. キノシタ より:

    アリス様
    今は衝撃を受けとめかねているときでしょうか。サポートをしてくれる方が近くにおりますか? サポートグループなどからも援助を受けるようにした方がよろしいと思います。
    人智の及ばないこともあるのですが、かといって、何もできないというわけではないのです。癌であろうとなかろうと、自分の人生をどのように生きていくのか、根本を忘れないようにしたいですね。

  3. アリス より:

    拝見して泣きました。心強くおもい、うれしく泣けました。
    子宮体癌でリンパ節転移が先ごろ判明しました。
    ここに寄って勉強させていただきました。ありがとう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です