スポンサーリンク

今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔

LINEで送る
Pocket

岩木一麻の小説に『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』という作品がありましたが、こちらは中村祐輔先生が、ゲノム医療やリキッド・バイオプシー、ネオアンチゲンについて解説した著作です。

がん消滅 (講談社+α新書)

がん消滅 (講談社+α新書)

中村 祐輔
990円(06/14 17:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

「今日の一冊」シリーズでは、私が読んだ本しか紹介しないのですが、これまでも発売前のものを紹介したことが一回だけあります。

今回も発売前なのに紹介するのは、ゲノム医療やネオアンチゲンについて、わかっているようでよくわからない。新聞記事や中村先生のブログを拝見しても、がん患者はどこまで期待して良いのか、今ひとつわからない。

かといって、専門の書籍を読んでも、そもそも遺伝子や免疫に関する知識がないと理解が難しい。

そうした疑問点に、充分に紙面を割いて説明してくれるだろうと期待するからです。

人工知能(AI)やビッグデータ、5GやIoTによってがん治療も変わるだろうと言われている。どこへ向かうのか、そのとき今のエビデンス至上主義の医療は変わるべきなのか、今のままで良いのか。そのような問題意識をもあって期待している。

【内容】

プロローグ「ゲノム医療」って何ですか?
・「遺伝」と「遺伝子」はどう違う?
・「DNA」と「遺伝子」はイコール?
第一章「プレシジョン医療」時代の幕開け
・21世紀に入り、時間は50万分の一、コストは100万分の一に
・遺伝子異常の数は、がんによってどう違う?
・国(エリアや民族)による遺伝子異常の違い
第二章 ゲノム解析が進んだ恩恵
・血液型も耳垢のタイプも遺伝子でわかる
・原因不明の副作用は「謎」ではない時代に
・社会ですでに活用されている「遺伝子診断」
・効かないホルモン治療薬を飲んでいる?
・糖尿病予防にも「遺伝子」を利用する時代に
第三章「リキッドバイオプシー」の可能性
・たったこれだけの血液でゲノムからがんがわかる
・患者の遺伝子からがんを早期発見
・患者個々に最適な薬剤を提示
・研究ラボ、臨床試験の現場から
第四章 免疫療法の新たな時代へ
・自分の身体のなかにある力で「がん」を消せる
・「副作用がない免疫療法は偽モノ」なのか?
・「ネオアンチゲン療法」とは
・「ネオアンチゲン×オプジーボ×リキッドバイオプシー」という治療法
第五章 私とがんとの闘い
・骨折と「白い巨塔」
・臨床医から「遺伝子」の基礎研究者へ
・FBIからのスカウト
・遺伝子治療と母の死
エピローグ AI医療の可能性
・「AIホスピタル」時代の到来
・医師の負担を減らし、「心ある医療」へ
・患者の笑顔を取り戻すために


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 代替医療を考えるなら、今でも『がんに効く生活』代替医療を考えるなら、今でも『がんに効く生活』 標準医療だけでは皆さん不安になります。そこで代替医療を探すことになるのですが、本屋に行けばたくさんのがん関係の本が並んでいます。たまたま棚にある本を選んでしまいがちですが、本当に […]
  • 明けましておめでとうございます。 新年 明けましておめでとうございます。 と書くには、いささか躊躇するような世相です。近所の公園には、解雇された 派遣社員らしき人が寒そうに横たわっています。まだホームレスにはなり […]
  • どうなる?膵癌ペプチドワクチンどうなる?膵癌ペプチドワクチン 大塚製薬がオンコセラピー・サイエンスとの契約を終了すると報じられています。大塚製薬が膵癌対象癌ワクチンOTS102のライセンス契約を終了2015/1/9 大塚製薬は、1月8日、オ […]
  • 女医が末期がんになったら女医が末期がんになったら 末期がんと分かったとき、どう対応するかを101人の女医に聞いたら・・・。 緩和医療を望む派:68.3% その理由は、 残された時間は自宅で家族と一緒に過ごしたい 抗がん剤は効かな […]
  • イカサマ治療にだまされる患者イカサマ治療にだまされる患者 科学的根拠のない似非医療、いかさま治療に騙されて犠牲になる患者が後を絶ちません。 先日の記事『白衣を着た詐欺師』でも書きましたが、イカサマ免疫療法だけでなく、怪しげ […]
  • Kさんの退院Kさんの退院 7センチほど残っていたドレンパイプも今日すっかり取り除いた。傷口を閉じていたホッチキスも無くなったし、これで体には何も残っていない。 先生も「あと数日で退院できる状態になります […]
  • 森林浴とNK細胞活性森林浴とNK細胞活性 1000円渋滞で、GWは60キロもの大渋滞が続いています。日本道路交通情報センターの渋滞情報を見ても、どこも真っ赤になっています。これを見たら、連休にどこかへ行こうかという気が失 […]
  • 治らなくても「敗北」ではない治らなくても「敗北」ではない がんが治らなければ「敗北」でしょうか。がん患者なら、あわよくば自分だけは奇跡的にでも治って欲しい、と考えることは当然でしょう。しかし、あまりにも「治る」ことにこだわりすぎ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です