今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

岩木一麻の小説に『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』という作品がありましたが、こちらは中村祐輔先生が、ゲノム医療やリキッド・バイオプシー、ネオアンチゲンについて解説した著作です。

がん消滅 (講談社+α新書)

がん消滅 (講談社+α新書)

中村 祐輔
990円(07/04 20:48時点)
発売日: 2019/09/21
Amazonの情報を掲載しています

「今日の一冊」シリーズでは、私が読んだ本しか紹介しないのですが、これまでも発売前のものを紹介したことが一回だけあります。

今回も発売前なのに紹介するのは、ゲノム医療やネオアンチゲンについて、わかっているようでよくわからない。新聞記事や中村先生のブログを拝見しても、がん患者はどこまで期待して良いのか、今ひとつわからない。

かといって、専門の書籍を読んでも、そもそも遺伝子や免疫に関する知識がないと理解が難しい。

そうした疑問点に、充分に紙面を割いて説明してくれるだろうと期待するからです。

人工知能(AI)やビッグデータ、5GやIoTによってがん治療も変わるだろうと言われている。どこへ向かうのか、そのとき今のエビデンス至上主義の医療は変わるべきなのか、今のままで良いのか。そのような問題意識をもあって期待している。

【内容】

プロローグ「ゲノム医療」って何ですか?
・「遺伝」と「遺伝子」はどう違う?
・「DNA」と「遺伝子」はイコール?
第一章「プレシジョン医療」時代の幕開け
・21世紀に入り、時間は50万分の一、コストは100万分の一に
・遺伝子異常の数は、がんによってどう違う?
・国(エリアや民族)による遺伝子異常の違い
第二章 ゲノム解析が進んだ恩恵
・血液型も耳垢のタイプも遺伝子でわかる
・原因不明の副作用は「謎」ではない時代に
・社会ですでに活用されている「遺伝子診断」
・効かないホルモン治療薬を飲んでいる?
・糖尿病予防にも「遺伝子」を利用する時代に
第三章「リキッドバイオプシー」の可能性
・たったこれだけの血液でゲノムからがんがわかる
・患者の遺伝子からがんを早期発見
・患者個々に最適な薬剤を提示
・研究ラボ、臨床試験の現場から
第四章 免疫療法の新たな時代へ
・自分の身体のなかにある力で「がん」を消せる
・「副作用がない免疫療法は偽モノ」なのか?
・「ネオアンチゲン療法」とは
・「ネオアンチゲン×オプジーボ×リキッドバイオプシー」という治療法
第五章 私とがんとの闘い
・骨折と「白い巨塔」
・臨床医から「遺伝子」の基礎研究者へ
・FBIからのスカウト
・遺伝子治療と母の死
エピローグ AI医療の可能性
・「AIホスピタル」時代の到来
・医師の負担を減らし、「心ある医療」へ
・患者の笑顔を取り戻すために


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 今日の一冊(93)『「がん」はなぜできるのか』今日の一冊(93)『「がん」はなぜできるのか』 久しぶりの「今日の一冊」ですが、これじゃ「今月の一冊」になってしまいますね。 「そのメカニズムからゲノム医療まで」と副題にあるように、がんの発生から成長、浸 […]
  • 今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」 生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。 ’06年にコータ […]
  • マインドフルな人は免疫能力が高いマインドフルな人は免疫能力が高い   「マインドフルネスストレス低減法」については何度か紹介してきたが、この本は、アメリカの企業においてマインドフルネスがどのように定着しているのか […]
  • 「死」は種の生存と他者の「生」のためにある「死」は種の生存と他者の「生」のためにある 『遺伝子の夢』 帯に(利他的な遺伝子)と書いてある。ドーキンスの『利己的な遺伝子』はよく売れた本であるが、そのパクリか?と思って読み始めたが・・・。「人間は遺伝子を運ぶ舟 […]
  • 今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』 がん光免疫療法の解説本が出ました。がん光免疫療法は、こちらの記事「光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画」でも触れていまが、今後のがん治療に大きな期待の持てる技術です。 毎日 […]
  • DWIBS(ドゥイブス法)DWIBS(ドゥイブス法) がんの治療においては、抗がん剤が効いているのかを早く判断し、再発や転移があれば、早期に見つけて次の治療法を考えることが大切です。 その判断には造影CTやPET(陽電子放出断層撮 […]
  • DWIBS(ドゥイブス)法とは?特殊なMRIDWIBS(ドゥイブス)法とは?特殊なMRI 完治させるために抗がん剤を使う 岡田直美医師と善本考香さんの共著『このまま死んでる場合じゃない』では、癌治療の過程では頻繁な検査が不可欠だとして「少し特殊なMRIを受けていただ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です