スポンサーリンク

今日の一冊(121)『がん消滅』中村祐輔

LINEで送る
Pocket

岩木一麻の小説に『がん消滅の罠ー完全寛解の謎』という作品がありましたが、こちらは中村祐輔先生が、ゲノム医療やリキッド・バイオプシー、ネオアンチゲンについて解説した著作です。

がん消滅 (講談社+α新書)

がん消滅 (講談社+α新書)

中村 祐輔
990円(02/26 09:39時点)
発売日: 2019/09/21
Amazonの情報を掲載しています

「今日の一冊」シリーズでは、私が読んだ本しか紹介しないのですが、これまでも発売前のものを紹介したことが一回だけあります。

今回も発売前なのに紹介するのは、ゲノム医療やネオアンチゲンについて、わかっているようでよくわからない。新聞記事や中村先生のブログを拝見しても、がん患者はどこまで期待して良いのか、今ひとつわからない。

かといって、専門の書籍を読んでも、そもそも遺伝子や免疫に関する知識がないと理解が難しい。

そうした疑問点に、充分に紙面を割いて説明してくれるだろうと期待するからです。

人工知能(AI)やビッグデータ、5GやIoTによってがん治療も変わるだろうと言われている。どこへ向かうのか、そのとき今のエビデンス至上主義の医療は変わるべきなのか、今のままで良いのか。そのような問題意識をもあって期待している。

【内容】

プロローグ「ゲノム医療」って何ですか?
・「遺伝」と「遺伝子」はどう違う?
・「DNA」と「遺伝子」はイコール?
第一章「プレシジョン医療」時代の幕開け
・21世紀に入り、時間は50万分の一、コストは100万分の一に
・遺伝子異常の数は、がんによってどう違う?
・国(エリアや民族)による遺伝子異常の違い
第二章 ゲノム解析が進んだ恩恵
・血液型も耳垢のタイプも遺伝子でわかる
・原因不明の副作用は「謎」ではない時代に
・社会ですでに活用されている「遺伝子診断」
・効かないホルモン治療薬を飲んでいる?
・糖尿病予防にも「遺伝子」を利用する時代に
第三章「リキッドバイオプシー」の可能性
・たったこれだけの血液でゲノムからがんがわかる
・患者の遺伝子からがんを早期発見
・患者個々に最適な薬剤を提示
・研究ラボ、臨床試験の現場から
第四章 免疫療法の新たな時代へ
・自分の身体のなかにある力で「がん」を消せる
・「副作用がない免疫療法は偽モノ」なのか?
・「ネオアンチゲン療法」とは
・「ネオアンチゲン×オプジーボ×リキッドバイオプシー」という治療法
第五章 私とがんとの闘い
・骨折と「白い巨塔」
・臨床医から「遺伝子」の基礎研究者へ
・FBIからのスカウト
・遺伝子治療と母の死
エピローグ AI医療の可能性
・「AIホスピタル」時代の到来
・医師の負担を減らし、「心ある医療」へ
・患者の笑顔を取り戻すために


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • ガンの患者学研究所 (3)ガンの患者学研究所 (3) 川竹氏は「人間はなぜ治るのか」の番組に大幅な追加取材をして、2年後に『幸せはガンがくれた』を出版しました。しかし、この本にはK病院関係者はすっぽりと抜け落ちています。それについて […]
  • パスワードの管理パスワードの管理 もう散ってしまったけど。どこのユルキャラ?いえ、パチンコ店の宣伝です。 前回のOpenSSLのHeartbleed問題。flickr.com […]
  • アイスランドの火山噴火で放射性医薬品が不足アイスランドの火山噴火で放射性医薬品が不足 アイスランドの火山噴火でヨーロッパの多くの空港が閉鎖された影響で、海外からの観光客が帰れない、飛行機は再開されたがゴールデンウィーク中は予約が一杯で乗ることができない。また、野菜 […]
  • 薬をすべて変更しました薬をすべて変更しました 大森:鷲神社の酉の市 DP1 Merrill F2.8 1/40秒 […]
  • 電力自由化電力自由化 さて、このように節電をしてきたわけですが、この間原発はほとんど動いていないけど計画停電もないし、そもそも電気は余っています。皆さんが節電を意識するようになったこと、景気が減速した […]
  • がんサバイバー5年相対生存率がんサバイバー5年相対生存率 曾野綾子氏の産経新聞に掲載された「アパルトヘイト支持」コラムが話題になっている。正確に言えば、ネットで炎上したが一般のマスコミは無視か小さい扱いである。私は曾野綾子氏も、夫である […]
  • 膵臓がんの早期発見法:MRCT膵臓がんの早期発見法:MRCT Medエッジの『膵臓がんを早期発見する新しい方法「MRCP」、3年間で10%が発症』が興味深い。 早期発見が難しい膵臓がんで、家族・親戚に膵がん患者がいて、膵臓がんの発症リ […]
  • 暑いけど、バッテリー交換暑いけど、バッテリー交換 先日、車検でバッテリーが弱っていると指摘されました。前回の交換から4年半になるから、時期的にはそろそろですが、カーバッテリー寿命判定ユニット「LifeWINK」はLEDがときどき […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です