今日の一冊(147)『がんと外科医』阪本良弘

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がんの手術の中でも一番難しいといわれる膵臓がんの手術。そのような肝胆膵がん治療の最前線にいる杏林大学附属病院 肝胆膵外科診療科長の阪本良弘先生の著作です。

がんと外科医 (岩波新書)

がんと外科医 (岩波新書)

良弘, 阪本
880円(01/23 00:49時点)
発売日: 2020/11/24
Amazonの情報を掲載しています

内容は、朝7時半のカンファレンスから始まる外科医の日々の描写、あるいは手術の記録をイメージ図で書く目的、そして肝胆膵がん治療の開発研究の軌跡と最新の状況と広範囲に及びますが、中でもこの本を書くきっかけになったというある膵臓がん患者との出会いに1章が割かれています。

その患者とは、今日の一冊(104)で紹介をした『<いのち>とがん がん患者となって考えたこと』の著者坂井律子さんです。

著者の阪本医師は坂井律子さんの主治医だったのですね。

主治医と患者とのやり取りが丁寧に書かれていますが、手術の前のインフォームドコンセントを得るためのときの様子が特に印象に残っていると書かれています。坂井律子さんは主治医の話を熱心にメモを取られ、ご夫婦で説明に納得して同意書にサインをされました。そして8時間に及ぶ手術は無事に終了しましたが、私と同じように術後の下痢に悩まされることになります。

これはがん近傍の上腸間膜動脈周辺の神経叢を一部切除することが原因です。下痢は水分と体力を奪います。

手術の直後は、食事をすると途端にトイレに駆け込むような状態が続きますから、食べることに消極的にもなります。体力の回復が遅く、合併症などのリスクも増えます。

坂井さんもアヘンチンキを処方されていましたが、医療用麻薬ですから2週間ぶんしか処方することができず、下痢に悩まされる体で2週間ごとに通院することになるのです。

さて坂井さんの膵臓がんは半年間6クールの TS-1の術後補助療法のかいもなく、肝臓に転移が見つかります。

肝臓への転移は小さなもの1個だったのでフォルフィリノックスの治療後コンバージョン手術を目指します。今でこそガイドラインに書かれるようになっておりますが、当時はまだ標準的な治療とは言えない状態でした。

しかし患者の治療への意欲や体力、何よりもがん腫瘍の状態を考慮してコンバージョン手術に挑戦することになったのです。

このような著者と坂井さんのやり取りの中で「患者力」という言葉ができます。

「患者力」には色々な説明のされ方をしますけれども、次のようなことでしょう。

患者として病状を正しく理解し、医療者と良好な関係を築きつつも、情報を集めて自ら考え、考え抜いて実践可能でありそうな治療法の選択肢については医師に質問をする。それは決して医師の治療方針に逆らっているものではなく、医師と適切な間合いを置き、かつ礼儀もわきまえながら、新しい提案を実践していく力なのかもしれない。

万全ではない体調の中で、坂井律子さんが冷静に治療法を模索し、実行したことに「患者力」の高さを感じさせられたと書いています。

また、坂井さんを通じて、膵がんの患者さんのブログを読んでみると、進行した膵がんを患いながらも、化学療法を何クールも継続し、長期に生存されている方のブログには、患者さんの日常、今日も検査を受けて大丈夫だった、生き延びたという心情が生々しく綴られていたと感想を述べています。

そうなんですよね。

外科医や腫瘍内科医の先生にも、膵臓がん患者のブログをたまには読んでほしいと思います。

CT の検査結果を待っている間の不安感やCA19-9が上がった時の落胆、あるいは血液検査の結果が良くって抗がん剤治療ができたときの安心感、逆にできなかった時の落胆ぶり、そういった生々しい患者の実際を知って欲しいと思います。

なぜなら、抗がん剤治療はほとんどが通院の外来で行われるので、医者は患者の悩みや副作用など実際のの状況を知ることが少ないと思うのです。

『がんと外科医』を読んでそうしたことを考えました。

〈いのち〉とがん: 患者となって考えたこと (岩波新書)

〈いのち〉とがん: 患者となって考えたこと (岩波新書)

律子, 坂井
902円(01/23 16:46時点)
発売日: 2019/02/21
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 千葉徳州会病院 治験開始千葉徳州会病院 治験開始 千葉徳州会病院のサイトに、膵臓がんに対するがんペプチドワクチン治験開始のお知らせがアップされました。現在、当院で標準療法不応膵がん患者さまに対して「がんペプチドワクチン療法」の第 […]
  • ストレスはがん患者の死亡率を高めるストレスはがん患者の死亡率を高める 「海外がん医療情報リファレンス」のこの記事、よく読むと子宮頸がん以外のがんもストレスで死亡率が高くなると読めます。 「がんと診断された患者は、うつ、不安、ストレ […]
  • ハードディスクの交換完了ハードディスクの交換完了   何かが覗いている!! 汗ばむほど暖かかったり、今日はまた冬に逆戻りか?恐竜の頭にも冷たい雨。 ブルースクリーンが出て調子の悪いデスクト […]
  • こちら特報部:水素水ブームこちら特報部:水素水ブーム 最近はアヘンチンキを飲む量が増えてきました。豆乳を飲んだだけでも3回に2回は急激な下痢に見まわれます。我慢できずにいきなり来るから大変です。 大量のガスが発生しているようで […]
  • 心と癌と量子力学の関係(4) 私たちの常識では、「離れた場所にある別々の物体は、別のものである」と考えます。カラスと鳩が右と左の空に浮かんでいれば、別の鳥です。カラスが鳩を襲うためには、空を横切って鳩に近づか […]
  • 食後の運動量と血糖値の関係食後の運動量と血糖値の関係 私の体を使った人体実験の結果を報告します。 膵臓がん患者にとっては、血糖値管理はもう一つの関心事です。私の場合も、手術後数年間は血糖値を気にすることもなく「膵臓がほとんどな […]
  • 膵臓がんー手術は早いほうが良いか?膵臓がんー手術は早いほうが良いか? 佐藤先生のブログです。 結論は、20mm未満の腫瘍が比較的小さな段階では、手術までの待機期間が長くなると生存率が低下する可能性があるとのこと。 「膵臓 […]
  • 抗酸化作用ビタミンの有効性に疑問抗酸化作用ビタミンの有効性に疑問 がんの予防効果に疑問 抗酸化作用があるといわれるビタミンを摂取しているが、最近の知見によるとがんの予防効果に疑問がありそうです。 抗酸化作用があるといわれるビタミンは […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です