今日の一冊(76)『マチネの終わりに』


【日 時】2020年9月21日(敬老の日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 100名
【内 容】
第一部 講演:佐藤典宏先生
   「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」
第二部 患者さん同士の交流会。コロナにも膵臓がんにも負けないぞ!

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

9月20日9:00AMまで参加申込受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

E7b4dbefee13bb05ec30c20be82cede9__2

久しぶりの「今日の一冊」です。昨年から話題の平野啓一郎の恋愛小説『マチネの終わりに』

マチネの終わりに (文春文庫)

マチネの終わりに (文春文庫)

啓一郎, 平野
918円(09/18 11:52時点)
発売日: 2019/06/06
Amazonの情報を掲載しています

クラシックギタリスト福田進一が、小説とタイアップして演奏するCDを聞きながら読みました。

◆小説「マチネの終わりに」概要
天才ギタリストの蒔野聡史と通信社記者の小峰洋子の二人を軸にした恋愛小説。
40代の苦悩、スランプ、PTSD、戦争、生と死、父と子、師弟、嫉妬等、様々なテーマが複雑に絡み合い物語が進んでいく。

ま、恋愛小説はそれとして、平野のクラシック音楽に関する描写力には驚いた。音楽を文字で表現するのは難しい。どうしてもありきたりの、使い古された表現になってしまう。恩田陸の『蜂蜜と遠雷』もピアノ曲の描写がすごいと評判になっているが、この小説だってすばらしい。

バッハの音楽は、神聖ローマ帝国を舞台として1618年から1648年に戦われた「30年戦争」のあとに聴くからその意味がある。ドイツでは戦前の1600万人の人口が戦後は1000万人となった。3分の1の人々が死んだ時代だからこそ、バッハの音楽には、なお希望を見出す力にあふれていると言えよう。音楽にはそんな力がある。

バッハの生きた時代は、どんな時代だったのか、これまであまり関心を持たないでバロックを聴いてきたが、少し知識を持たないとダメだね。

無伴奏チェロ組曲第3番BWV1009より I. プレリュード。チェロで聴くプレリュードとはまったく趣が違う。ギターの方がより軽快というか、きらきらとしている。

しかし、私はやはりチェロの演奏の方が好みだな。

マチネの終わりに

マチネの終わりに

福田進一
2,190円(09/18 11:52時点)
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • セカンドオピニオン・アドバイザーセカンドオピニオン・アドバイザー がんと診断された患者が、自らの病状や治療方針について他の医師の意見を求める「セカンドオピニオン」へのニーズが高まっています。しかしながら、主治医を疑っていると思われたくないなど主 […]
  • 小樽の宿小樽の宿 今回の北海道旅行、宿は結構贅沢しました。飛行機代は娘持ち。JALのマイルが期限切れになりそうというので、それを使っての旅行です。で、宿は贅沢しようかと選んだのが、朝里川温泉にある […]
  • 「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(3)「がんペプチドワクチン療法」は夢の治療法か?(3) 臨床研究の現状 ガンペプチドワクチンの臨床研究は、各地の大学病院で行なわれているが、書籍『ガンペプチドワクチン療法』からその現状を概観してみる。 ●膵がん NHKを […]
  • 細かなことと小さなこと するべきことよりも、したいことをする。自分の声に耳を傾ける。がんになってからは、そんなつもりでやってきたのだが、最近はどうも”するべきこと”に振り回されているような、そんな気がし […]
  • 原子力ムラの”勘違いした”逆襲原子力ムラの”勘違いした”逆襲 このブログでも取り上げた、年末に放映されたNHK 『追跡!真相ファイル:低線量被ばく […]
  • 今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』今日の一冊(16)『三毛猫ホームズの遠眼鏡』 原宿「スーパーよさこい」こちらもベストショットに数えて良いかも 何の因果か、癌の王様と言われる膵臓がんになってから、音楽の趣向が変わった。それまではヴィヴァ […]
  • 靖国参拝で四面楚歌状態靖国参拝で四面楚歌状態 膵臓がんの術後1年ほど経ったころ、いずれ再発して死に至ることになるかもしれないからと、田舎にある墓を東京に移す決心をしました。納骨室を開けると、かび臭い空気の中にあった骨壺の一つ […]
  • 緩和ケアと抗がん剤の止めどき緩和ケアと抗がん剤の止めどき 抗がん剤はいつまで続ければ良いのでしょうか。抗がん剤の「止めどき」の判断は難しいですね。「今のが効かなくなったら、次の抗がん剤。その次の・・・」と、なんとかもう少し延命したいと考 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です