スポンサーリンク

がんになっても「死なない食事」とは?

LINEで送る
Pocket

世界一ヘルシーと言われる地中海食

先日の記事『今日の一冊(110)「がんを生き抜く最強ごはん」』でがん患者の食事のことを書きましたが、どうやらステージⅣで「劇的緩解」というには、根拠が乏しすぎると言わざるを得ませんでした。

大津秀一(早期緩和ケア大津秀一クリニック院長)医師が、『2000人の終末期患者を診療した医師が教える 1分でも長生きする健康術』を出版しており、こちらでも紹介しました。

そのなかで、がん患者の食事にも触れていますが、私としてはこちらの方が説得力があると感じます。

その要点がPHP On-lineに紹介されています。

がんになっても健康なときと同じ食事でいい

科学的に証明されている健康術は、バランスの良い食事、適度な運動です。でも、がんという重い病気になったら、食事の内容は変えたほうがいいのではないか、運動はしてはいけないのではないか、など思われていませんか。

ところが、アメリカの対がん協会が出しているガイドライン「がんになってからの食事と運動」によると、がんになってからも、生活の質を維持していくためには、食事と運動が重要であることに変わりはないのです。

がんになってからの食事も、「がん予防」のための食事と大きな違いはありません。その方針は、以下の5つです。

  1. 全粒穀物を摂る
  2. 野菜と果物を摂る
  3. 加工肉や赤身の肉を避ける
  4. 健康体重を維持する
  5. アルコールを控える

がんになっても「死なない食事」とは?

さらに2018年には、がんと食事に関しても注目すべき論文がアメリカから出てきました。がんと診断された1,191人を対象とした調査において、良質な食事を摂っている群とそうでない群と比較すると、がんによる死亡リスクが65%も低いという結果でした。

実際に65%の死亡リスクの違いとなって現れているのは、極端な食事ではなくバランスのとれた食事なのです。

がん予防には、ビタミンDがたくさん摂れる魚が効く

最近は、がんになった患者にもビタミンDが有効である可能性が指摘されています。

がんになっても健康な人と同じだけ運動しよう

最後の二つは見出しだけを書きましたが、あとは本文をご覧ください。

結局、がん患者にとって一番有益なのは「バランスのとれた食事」と「運動」です。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』 2012年、米国対がん協会の最新ガイドラインが発表され、その翻訳『「がん」になってからの食事と運動―米国対がん協会の最新ガイドライン』が6月に出版されています。「がんになり、 […]
  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3)米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(3) 米国対がん協会ガイドライン『「がん」になってからの食事と運動』では、がんの食事療法の有効性をきちんとした科学的方法で評価することは難しい、と言っています。第一版が発行されて以来新 […]
  • 「マインドフルネス」がんサバイバーの健康改善に効果「マインドフルネス」がんサバイバーの健康改善に効果 このブログでも何度か書き、書籍も紹介している「マインドフルネス」に関する話題です。 Medエッジ『欧米で注目のストレス対処法「マインドフルネス」、がんサバイバーの健 […]
  • 無伴奏チェロ組曲無伴奏チェロ組曲 一足早く満開の桜。河津桜でしょうか?それとも陽光? 最近はバッハの無伴奏チェロ組曲第1番ト長調 BWV1007 […]
  • 日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して日本でも「光免疫療法」の治験が始まる-がん撲滅サミットに参加して 昨日の朝日新聞に、 『がん治療の光免疫療法、国内でも治験へ 米で実績』の記事で 光を当ててがん細胞を壊す新たながん免疫療法の安全性を患者で確かめる臨床試験(治験)が、国内 […]
  • 米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(2)米国対がん協会『がんになってからの食事と運動』(2) 『「がん」になってからの食事と運動』には、オメガ-3サプリメントについて次のように書かれています。膵臓がんの場合は、オメガ-3系脂肪酸サプリメントが、短期の体重、日常生活動作など […]
  • 愛犬の誕生祝い愛犬の誕生祝い 我が家のヨークシャーテリア、15歳の誕生祝いでした。 もう老人ですので、白内障でほとんど目が見えませんが、明るさ程度は分かるようです。 でも外に出て散歩のときは、目が […]
  • ビタミンDとメラトニン 運良く3年を迎えることができたのだが、これで安心だと考えているわけではない。すい臓がんの予後の悪さを考えると、ついつい悲観的にないがちだが、気を取り直して「今を生きる」だけのこと […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です