がんになっても「死なない食事」とは?

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

世界一ヘルシーと言われる地中海食

先日の記事『今日の一冊(110)「がんを生き抜く最強ごはん」』でがん患者の食事のことを書きましたが、どうやらステージⅣで「劇的緩解」というには、根拠が乏しすぎると言わざるを得ませんでした。

大津秀一(早期緩和ケア大津秀一クリニック院長)医師が、『2000人の終末期患者を診療した医師が教える 1分でも長生きする健康術』を出版しており、こちらでも紹介しました。

そのなかで、がん患者の食事にも触れていますが、私としてはこちらの方が説得力があると感じます。

その要点がPHP On-lineに紹介されています。

がんになっても健康なときと同じ食事でいい

科学的に証明されている健康術は、バランスの良い食事、適度な運動です。でも、がんという重い病気になったら、食事の内容は変えたほうがいいのではないか、運動はしてはいけないのではないか、など思われていませんか。

ところが、アメリカの対がん協会が出しているガイドライン「がんになってからの食事と運動」によると、がんになってからも、生活の質を維持していくためには、食事と運動が重要であることに変わりはないのです。


スポンサーリンク

がんになってからの食事も、「がん予防」のための食事と大きな違いはありません。その方針は、以下の5つです。

  1. 全粒穀物を摂る
  2. 野菜と果物を摂る
  3. 加工肉や赤身の肉を避ける
  4. 健康体重を維持する
  5. アルコールを控える

がんになっても「死なない食事」とは?

さらに2018年には、がんと食事に関しても注目すべき論文がアメリカから出てきました。がんと診断された1,191人を対象とした調査において、良質な食事を摂っている群とそうでない群と比較すると、がんによる死亡リスクが65%も低いという結果でした。

実際に65%の死亡リスクの違いとなって現れているのは、極端な食事ではなくバランスのとれた食事なのです。

がん予防には、ビタミンDがたくさん摂れる魚が効く

最近は、がんになった患者にもビタミンDが有効である可能性が指摘されています。

がんになっても健康な人と同じだけ運動しよう

最後の二つは見出しだけを書きましたが、あとは本文をご覧ください。

結局、がん患者にとって一番有益なのは「バランスのとれた食事」と「運動」です。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です