スポンサーリンク

何を食べればいいの?

LINEで送る
Pocket

今日のクロードアップ現代は『本当にキケン?あふれる食品情報

20151201_15_35_55

WHOが加工肉や赤身肉の食べ過ぎで発がんリスクが高まると発表しました。たとえば、ベーコンなどの加工肉を一日50グラム食べ続けると、大腸がんや結腸がんを発症する確率が18%高まるとしています。その影響で、ハムやソーセージの売上げが落ちているそうです。

日本では「赤身の肉」というと脂肪分の少ない肉を指しますが、WHOのいうred meatとは牛、鹿、羊、鴨、豚の肉全般で、加工されていないものを指しています。

最近、食品の危険情報が次々と出てくるのは、検査技術の進歩で微量の化学物質も検出できるようになったことも一因です。

スウェーデンでは、米に含まれる発がん性のあるヒ素が問題になり、毎日食べるのは注意することとの勧告がでているのです。EU全体もそれにならおうとしています。

米国のFDAはトランス脂肪酸を全面的に禁止するとの通達を出しています。

しかし、トランス脂肪酸を避けることによって、飽和脂肪酸の摂取が多くなり結果的に心臓疾患のリスクが増えることになります。つまり、リスクは常に「トレードオフ」なのですね。

日本人は塩分が摂りすぎです。世界的に見ても多い。

20151201_15_52_47

野菜でさえも発がん性物質が含まれているのですから、食品から完全に発がん性物質を取り除くことは不可能です。

いちばん賢い対応は、野菜・果物を豊富に摂り、肉や魚も適宜摂るなどして、「バランスの良い食生活」をすることで、食生活全体のリスクを下げることです。

野菜やジュースに含まれる抗がん作用のある成分を期待して、肉を食べない食事療法を勧めるむきもありますが、こうした抗がん作用物質を有効に取りこむためにはタンパク質が必須なんですよね。そうした栄養学的な事実を知っているのでしょうか? 肉を食べない「ジュース療法」では、ジュースの抗がん作用物質も有効に体内に取り込めないのです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • パープルリボンセミナー 静岡がんセンター 2021 静岡がんセンターの上坂克彦先生のお話が聞けるチャンスですね。 パンキャンイベントのご紹介です。日本屈指のハイボリュームセンターの1つである静岡がんセンター様との共催の「パ […]
  • 今日の一冊(146)『僕のコーチはがんの妻』今日の一冊(146)『僕のコーチはがんの妻』 ぎっくり腰のせいで間が5日空きましたが、だいぶ良くなってきました。大掃除も止めました。無理をしない正月を迎えようと思います。 前の記事『味覚喪失~ひとは脳で食べてい […]
  • がん患者のためのインターネット活用術 (4)がん患者のためのインターネット活用術 (4) ネットの情報はすぐに古くなります。Kindle本『がん患者のためのインターネット活用術 2017年 第2版: […]
  • 世界初、がん患者のせん妄ガイドライン世界初、がん患者のせん妄ガイドライン 世界初のがん患者を対象としたせん妄ガイドライン 日本サイコオンコロジー学会が編集出版した「がん患者における せん妄ガイドライン […]
  • 匿名で聞けちゃう。がんの質問箱匿名で聞けちゃう。がんの質問箱 最近Peingを使って、匿名でがんの質問を受け付けるサイトが増えていますね。 それぞれのがんに対する考え方の違いも分かって、おもしろいです。 押川勝太郎 が […]
  • IMRT:次のターゲットは膵臓がんIMRT:次のターゲットは膵臓がん BIGLOBEニュースなどに、プレジデント社の最新の放射線治療装置の情報が掲載されています。ただ、これは2013年6月の特集記事。どうして今頃ニュースに?と思うのですが・ […]
  • シュレベールの箴言(6)シュレベールの箴言(6) 免疫細胞は、客観的に見て、より”生きる価値”があるように見える人生を送っている人間の体内では、それだけ活発に動くかのように見える。 がん細胞に対して活発な免疫システ […]
  • 今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』今日の一冊(73)『ここまできた重粒子線がん治療』 膵癌の腫瘍内部は低酸素状態になっているために、通常の放射線では効果が限定的です。しかし、重粒子線は拡大ブラッグピークという現象もあって、膵癌の腫瘍細胞を効果的に死滅されることがで […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です