今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

増感放射線療法 コータック

あまり聞き慣れない治療法かもしれませんが、乳がんの方にはよく知られているようです。「Web女性自身」6月9日の記事でも紹介されています。

高知大学名誉教授で、高知総合リハビリテーション病院院長小川恭弘医師。放射線科医で、日本における乳がんの乳房温存療法の第一人者でもある小川医師が開発した治療法です。

乳がんに限らず、固定がんなら適用でき、費用も安くて、副作用も無い。しかもがんが完全消失する例がたくさん出るなど、夢のような治療法だと言います。膵臓がんに適用した例もあります。

その小川恭弘医師が、コータックについて書籍を上梓されています。

コータックの原理

放射線治療を続けると、白血球数が減り、リンパ球がダメージを受けて減少しますが、逆にがん細胞には放射線が効きにくくなります。抵抗力も免疫力も低下し、肺炎でも簡単に亡くなってしまいます。

がん細胞とリンパ球の違いは何か。

放射線は、細胞内に活性酸素が発生し、それが細胞のDNAを切断することによってアポトーシス(細胞死)に到らせるのです。

大きくなったがんでは、個々のがん細胞にまで酸素が届かなくなり、抗酸化酵素であるペルオキシダーゼが増えてきます。

ペルオキシダーゼは細胞をまもる「鎧」のようなものです。しかし、リンパ球にはこの「鎧」がありません。

だから、放射線でがん細胞を死なないのに、リンパ球が減少することになるのです。

 


スポンサーリンク

ところが、がん組織から薄い切片を切り出して研究する際には、過酸化水素水(オキシドール)でこのペルオキシダーゼを失活させる必要があります。これをやらないと免疫組織科学染色ができないのです。

だったら、生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。

コータックのより詳しい説明は、 兵庫県立加古川医療センターのサイトにあるPDFファイルをご覧ください。

増感放射線療法KORTUC(コータック)とは

効果のエビデンス(科学的根拠)はあるのか

小川恭弘医師は次のように語っています。

’06年にコータックを開発して以来、この治療法を行った症例は、全国各地で個々に手掛けている医師と私の担当分の合計で1,000例を超えています。直径15センチの乳がんを消失させた例や、末期の直腸がんを治した例もある。しかしいま現在、日本では保険適用がされていないので、全国に広く普及しているとは言えないのが現状です。私は一刻も早く、より多くのがんに苦しんでいる患者さん、ご家族を救いたい。そのためにこの治療法を広めたいんです。

保険適用されなかったのは、臨床試験に協力してくれる製薬企業が見つからなかったからです。オキシドールとヒアルロン酸の単価は300円です。50社以上の製薬会社に営業をかけたのですが、「300円では研究費用の分だけ赤字です」と断られたのです。

しかたなく、高知大学医学部の倫理委員会の許可を受けて、医師主導治験として研究を進めてきたのです。現在は全国で8つの施設でこの治療を受けることができるようになり、英国においては第Ⅱ相臨床試験にも進んでいます。

日本では、コータックが安すぎて製薬会社にメリットがないため、なかなか臨床治験ができませんでした。先にイギリスのロイヤル・マーズデン病院で、’17年から臨床治験が始まっていて、本年中にフェーズ2に入る予定です。そして3年後の’22年には、日本で新薬コータックとして認可されると予測しています。苦しむ患者さんや家族を減らすのが、私とコータックに課せられた使命ですから、全国の病院でコータックが受けられる体制を作りたいと考えています。

リンパ節に転移したトリプル・ネガティブの乳がんが、コータック療法で完治した歴史時代小説家の藤原緋沙子さんの体験談を始め、大腸がん、卵巣がんの患者の体験談も載っています。

コータックが受けられる病院リスト

現在全国で8つの施設で受けることができます。

大半は乳がんですが、皮膚や肝臓、膵臓(すいぞう)、腎臓のがんにも利用されているようです。(各施設のお問合せのこと)

標準治療以外でも、使える治療法は探せばあるのです。希望を棄てないようにしましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』今日の一冊(79)『がん光免疫療法の登場』 がん光免疫療法の解説本が出ました。がん光免疫療法は、こちらの記事「光免疫療法(近赤外線免疫療法)の動画」でも触れていまが、今後のがん治療に大きな期待の持てる技術です。 […]
  • 今日の一冊(93)『「がん」はなぜできるのか』今日の一冊(93)『「がん」はなぜできるのか』 久しぶりの「今日の一冊」ですが、これじゃ「今月の一冊」になってしまいますね。 「そのメカニズムからゲノム医療まで」と副題にあるように、がんの発生から成長、浸 […]
  • 水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制水虫の治療薬が胆道がん細胞の増殖を抑制 慶應義塾大学の報道もまだ可能性の段階ですし、兵庫県西宮市の明和病院の園田医師らの臨床試験もまだ試験段階の治療法ですから、確かに効果があるとは断定できませんが、希望はありますね。水 […]
  • がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院がん光免疫療法―消化器がんでも検討か? 東病院 小林久隆氏が開発したがん光免疫療法の治験が、がん研究センター東病院で進んでいます。この対象は、再発した頭頸部がんの患者を対象に、安全性を確認する試験です。 がん光免疫療法を […]
  • 今日の一冊(88)『なぜ関空に世界中からがん患者が集まるのか?』今日の一冊(88)『なぜ関空に世界中からがん患者が集まるのか?』 日本に動脈塞栓術を広めようとしている、IGTクリニック院長の堀信一先生の著作です。動脈塞栓術は「血管内治療(カテーテル治療)」とも言われますが、非常に細いマイクルカテーテ […]
  • DWIBS(ドゥイブス)法とは?特殊なMRIDWIBS(ドゥイブス)法とは?特殊なMRI 完治させるために抗がん剤を使う 岡田直美医師と善本考香さんの共著『このまま死んでる場合じゃない』では、癌治療の過程では頻繁な検査が不可欠だとして「少し特殊なMRIを受けていただ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です