スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第12回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年12月12日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】1000円
【定 員】50名
【内 容】
第1部 佐藤典宏先生の講演「膵臓がん患者の運動と食事・サプリメント」
第2部 膵臓がん 何でも質問箱:事前の質問に佐藤先生がお答えします。
第3部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」

増感放射線療法 コータック

あまり聞き慣れない治療法かもしれませんが、乳がんの方にはよく知られているようです。「Web女性自身」6月9日の記事でも紹介されています。

高知大学名誉教授で、高知総合リハビリテーション病院院長小川恭弘医師。放射線科医で、日本における乳がんの乳房温存療法の第一人者でもある小川医師が開発した治療法です。

乳がんに限らず、固定がんなら適用でき、費用も安くて、副作用も無い。しかもがんが完全消失する例がたくさん出るなど、夢のような治療法だと言います。膵臓がんに適用した例もあります。

その小川恭弘医師が、コータックについて書籍を上梓されています。

免疫療法を超えるがん治療革命

免疫療法を超えるがん治療革命

小川 恭弘
1,650円(10/21 22:16時点)
Amazonの情報を掲載しています

コータックの原理

放射線治療を続けると、白血球数が減り、リンパ球がダメージを受けて減少しますが、逆にがん細胞には放射線が効きにくくなります。抵抗力も免疫力も低下し、肺炎でも簡単に亡くなってしまいます。

それでは、がん細胞とリンパ球の違いは何か。

放射線は細胞内に活性酸素を発生し、それが細胞のDNAを切断することによってアポトーシス(細胞死)に到らせるのです。

大きくなったがんでは、個々のがん細胞にまで酸素が届かなくなり、抗酸化酵素であるペルオキシダーゼが増えてきます。

ペルオキシダーゼは細胞をまもる「鎧」のようなものです。しかし、リンパ球にはこの「鎧」がありません。

だから、放射線でがん細胞は死なないのに、リンパ球が減少することになるのです。

ところが、がん組織から薄い切片を切り出して研究する際には、過酸化水素水(オキシドール)でこのペルオキシダーゼを失活させる必要があります。これをやらないと免疫組織科学染色ができないのです。

だったら、生きたがん細胞に過酸化水素(オキシドール)を注射して、リンパ球と同じ状態にしてやれば、放射線の効果がずっと続くのではないか。こう考えたのが小川恭弘医師でした。

コータックのより詳しい説明は、 兵庫県立加古川医療センターのサイトにあるPDFファイルをご覧ください。

増感放射線療法KORTUC(コータック)とは

効果のエビデンス(科学的根拠)はあるのか

小川恭弘医師は次のように語っています。

’06年にコータックを開発して以来、この治療法を行った症例は、全国各地で個々に手掛けている医師と私の担当分の合計で1,000例を超えています。直径15センチの乳がんを消失させた例や、末期の直腸がんを治した例もある。しかしいま現在、日本では保険適用がされていないので、全国に広く普及しているとは言えないのが現状です。私は一刻も早く、より多くのがんに苦しんでいる患者さん、ご家族を救いたい。そのためにこの治療法を広めたいんです。

保険適用されなかったのは、臨床試験に協力してくれる製薬企業が見つからなかったからです。オキシドールとヒアルロン酸の単価は300円です。50社以上の製薬会社に営業をかけたのですが、「300円では研究費用の分だけ赤字です」と断られたのです。

しかたなく、高知大学医学部の倫理委員会の許可を受けて、医師主導治験として研究を進めてきたのです。現在は全国で8つの施設でこの治療を受けることができるようになり、英国においては第Ⅱ相臨床試験にも進んでいます。

日本では、コータックが安すぎて製薬会社にメリットがないため、なかなか臨床治験ができませんでした。先にイギリスのロイヤル・マーズデン病院で、’17年から臨床治験が始まっていて、本年中にフェーズ2に入る予定です。そして3年後の’22年には、日本で新薬コータックとして認可されると予測しています。苦しむ患者さんや家族を減らすのが、私とコータックに課せられた使命ですから、全国の病院でコータックが受けられる体制を作りたいと考えています。

リンパ節に転移したトリプル・ネガティブの乳がんが、コータック療法で完治した歴史時代小説家の藤原緋沙子さんの体験談を始め、大腸がん、卵巣がんの患者の体験談も載っています。

健康保険の適用はないとはいっても、上に書いたようにオキシドールとヒアルロン酸の単価は安いものです。一般の健康保険による治療とほとんど差はないようです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 緩和ケア「想定外のことばかり」緩和ケア「想定外のことばかり」 今年も沢山ご訪問くださり、ありがとうございました。来年は膵臓がんに、免疫チェックポイント阻害薬「キイトルーダ」が使えるようになり、光免疫療法の治験が始まる、そのような初夢 […]
  • エビデンスがかえって足かせ⁈エビデンスがかえって足かせ⁈ あの世への道はエビデンスによって掃き清められている そのような現実もあります。医療がエビデンスだけで良いのならAIにでも任せれば良い。 […]
  • 患者目線で膵臓がんに役立つブログ患者目線で膵臓がんに役立つブログ このブログも膵臓がん患者に役立つことを目指して書いていますが、最近すてきなブログを見つけました。 お母さんプロジェクト『膵臓がんでも幸せに楽しく生きる』 2015年7月に膵臓 […]
  • 100年に1度は福島原発並みの事故が起きると東電認める100年に1度は福島原発並みの事故が起きると東電認める こちらのニュースに注目。注水停止20時間で炉心損傷、確率5千年に1回  東京電力は17日、福島第一原子力発電所1~3号機で再び炉心が損傷する確率は、約5000年に1回とする試算結 […]
  • study2007さんのご冥福をお祈りいたします。study2007さんのご冥福をお祈りいたします。 また一人、がんと果敢に闘い、最期まで自分の命を生ききった方が亡くなりました。 RT @IwanamiKagaku study2007氏が13日(金)にお亡くなりになりました。 […]
  • HDR写真の作り方HDR写真の作り方 このところ、HDR写真(High Dynamic Range […]
  • ジタバタしなさんな。ジタバタしなさんな。 昨夜は大規模停電の可能性があるということで、息子も娘も早めに帰宅しました。幸い大規模停電には至りませんでしたが、電気を最小限にして過ごしました。自宅を建て替えるときにオール電化を […]
  • 3年前の奇跡3年前の奇跡 東日本大震災から明日で3年になります。「福島は忘れられようとしているのではないか?」マスコミでもあまり取り上げられなくなりました。土曜日のETV特集「ネットワークでつくる放射能汚 […]

今日の一冊(115)「免疫療法を超えるがん治療革命」” に対して2件のコメントがあります。

  1. おきなくら より:

    相模原の病院ではコータックやってません。
    毎日電話連絡が来て迷惑です。

    1. キノシタ より:

      おきなくらさん。
      最初からやっていないのでしょうか?
      いずれにしろ、本の出版社なり著者に訂正を申し出た方がよろしいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です