スポンサーリンク

光免疫療法、PD-1阻害薬との併用で転移がんを抑制

光免疫療法の新たな論文がPubMedにアップされています。

近赤外光免疫療法後の宿主免疫は、確立された抗原性腫瘍を根絶するためにPD-1チェックポイント遮断により増強される。

近赤外光免疫療法(NIR-PIT)は免疫原性細胞死を誘導するが、同系腫瘍マウスモデルでは耐久性のある抗腫瘍反応を誘導することがほとんどできなかった。 本発明者らは、適応免疫耐性が、NIR-PITによる治療後の耐久性のある応答を制限している可能性があると仮定した。 本発明者らは、複数の同系腫瘍モデルにおいて、NIR-PIT標的細胞表面CD44およびPD-1遮断を組み合わせることの効果を調べた。 3つのモデルのうち2つにおいて、NIR − PIT単独療法は腫瘍増殖を停止させ、樹状細胞腫瘍浸潤を増強し、そしてベースラインでは存在しない新規の腫瘍抗原特異的T細胞応答を誘導した。 PD - 1遮断の追加は、適応免疫抵抗性を逆転させ、その結果、先在する腫瘍抗原特異的T細胞応答の増強およびNIR - PITによって誘導された新たなT細胞応答の増強の両方をもたらした。 増強された免疫応答は、共有された腫瘍抗原発現と相関し、抗原性が、NIR-PITおよびPD-1遮断の組み合わせに対する応答の主要な決定要因であることを示唆している。 併用治療は、NIR-PITで治療したMC38腫瘍、ならびに未治療の遠隔腫瘍を完全に拒絶した。 したがって、腫瘍抗原特異的T細胞応答を治療および未治療の両方の腫瘍において測定し、全身的な抗腫瘍免疫の発生を確認した。 腫瘍を除去したマウスはその後の腫瘍攻撃に抵抗し、これは全身性免疫記憶の存在を示している。 累積的にこれらの結果は、NIR-PITによる先天性免疫および適応免疫の誘導後の適応免疫抵抗性の逆転を示し、癌の抗原性同系モデルにおいて高率の腫瘍拒絶および/または有意な腫瘍増殖制御をもたらす。

Google翻訳なので、何となく分かったようで分からない。

ようするに、光免疫療法で遠隔転移した腫瘍も増強された免疫の働きで消滅させることができるという仮定が、まだ完全に証明されたわけではなく、マウスの実験レベルということ。

しかし、オプジーボでよく知られるようになったPD-1という免疫チェックポイントを遮断すれば、その効果が増強されるとのことらしい。オプジーボとの併用を視野に入れているのだろうか。

国立がん研究センター中央病院、光免疫療法の研究に熱心に取り組んでいる様子だけは分かります。膵臓がんの臨床試験を早く始めて欲しいね。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 臨床試験(治験)の探し方(1)臨床試験(治験)の探し方(1) 予後の厳しい膵臓がんでは、医師から「標準治療ではもうできることがありません。あとは緩和です」と言われる方が少なくありません。 しかし、諦めきれない。まだこんなに元気なのに何 […]
  • 血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクと関連しない血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクと関連しない 「米国統合医療ノート」の安西さんから適切なコメントをいただきました。ぜひコメントと合わせて閲覧してください。 先に「ビタミンDとメラトニン」という記事を書きましたが […]
  • 心と癌と量子力学の関係(3)心と癌と量子力学の関係(3) 沫雪(あわゆき)の中にたちたる三千大千世界(みちあふち)またその中に沫雪ぞ降る 良寛にこんな歌があります。三千大千世界を「みちあふち」と読ませ ていますが、三千大千世界とは、仏教 […]
  • 今年一番印象に残った本『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』今年一番印象に残った本『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』 今年読んだ本で最も印象に残ったのは、数学者 新井紀子氏の『AI VS. 教科書が読めない子どもたち』です。 新井氏は、 AI […]
  • 傷だらけの黒揚羽傷だらけの黒揚羽 先月、高知の「モネの庭」で撮った一枚の写真が気になって仕方がない。一匹の黒揚羽が林の中でじっとしていた。ファインダー越しに見ると、羽もあちらこち らがちぎれて痛々しい。時折レス […]
  • がんの最後は痛いのか?がんの最後は痛いのか? 土日は体調を崩してしまい、終日家で休養していました。Pancanのパープルリボンキャラバン2010に参加を予定していましたが、取りやめ。中村祐輔教授らの話を聞きたかったのですが、 […]
  • 血糖値が異常とまでは言えないが・・・血糖値が異常とまでは言えないが・・・ いまは正常に戻ったのですが、先月末から血糖値が不安定でした。 9/25 夕食後 […]
  • ガン転移に効く植物由来化合物が40個以上も発見されるガン転移に効く植物由来化合物が40個以上も発見される 連載中の「がんと食事」に関連した情報なので、転載します。 クルクミン、ビタミンDなどが、がんの転移を抑制する植物成分である可能性。 『がんの特効薬は発 […]

コメントを残す