スポンサーリンク

光免疫療法ー楽天の挑戦

LINEで送る
Pocket

楽天が本格的にがん事業に参入

光免疫療法は、開発者のアメリカ国立がん研究所(NCI)・国立衛生研究所(NIH)主任研究員の小林久隆氏は、論文などで「近赤外線免疫療法」と言ってきたのだが、先日の「がん撲滅サミット」に登壇した際に、「光免疫療法という呼び方が一般的になってきたので、私もこれで良いかなと、今後はこれにします」と語っていた。なので、このサイトでも今後は「光免疫療法」で統一する。

楽天が本格的にがん事業に参入し、「光免疫療法」の商業化を進めている米ベンチャー企業、アスピリアン・セラピューティクス(カリフォルニア州)に2割超出資して持ち分法適用会社とする。電子商取引(EC)会員の健康データと組み合わせた医療サービスを検討し、新たな収益源に育てる予定だという。

光免疫療法の治験はアメリカで進んでいて、頭頸部がんを対象とした第1相試験では、腫瘍が30%以上小さくなる奏功率が全ての患者に見られたという。3割の患者では腫瘍が消失した完全奏功を得ることができた。第2相試験も進んでいて、さらに良い成績が期待できるという。

三木谷会長は、末期の膵臓がんで父親を亡くしている。これが画期的ながん治療法への道を選ぶ契機になったのだが、もちろんそれだけではない。

今後老人人口が増える日本で、成長が見込める分野とみて出資し、日本での事業化をめざす。設立済みの日本法人は、商用化に向け100人規模の体制にし、大学などとの共同研究も推進する。主力の「楽天市場」での商品・サービスや個人会員の健康状態といったビッグ・データを組み合わせれば、がん治療などの医療サービスを効率的に提供できるとみている。

気になる承認の時期だが、アメリカでは2019年中の承認を目指しているという。日本でもできるかぎり早期の治験と承認を目指している。小林久隆氏は「日本で治療として実現するのは3年~4年後でしょうか」と期待を述べています。

効きすぎて副作用

ほぼ副作用のない画期的な治療法であるが、効きすぎることによる問題も指摘されている。腫瘍が上腸間膜動脈などの大きな血管に絡みついている場合、光免疫療法によってがん細胞が破裂して消失したら、それまで腫瘍が蓋をしていた血管に大きな穴が空いてしまい、大量出血で死亡する恐れがある。

光免疫療法に関する資料

    • ホテルニューオータニでのスペシャルセッション 小林久隆氏と三木谷浩史氏も出演

     
  • 米国国立衛生研究所(NIH)が作成した動画

 

  • 小林久隆氏が監修した『がん光免疫療法の登場』
 

がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • Eテレ『変わるすい臓がん治療』Eテレ『変わるすい臓がん治療』 今夜のEテレ『変わるすい臓がん治療』は、最先端の情報を簡潔にまとめた良い番組でした。見逃した方のために要点を書き出しておきます。 FOLFIRINOXの効果 […]
  • 抗がん剤の副作用ー気絶しそうで抗がん剤の副作用ー気絶しそうで 胃液しか出てこないのに、何度も嘔吐を繰り返している。無理に嘔吐をするから頭が真っ白になる。周囲の風景がぼやけて見える。鼻水もでる。 […]
  • メトホルミンは膵臓がんに効くか?メトホルミンは膵臓がんに効くか? 少し前ですが、長尾和宏先生にブログに「メトホルミンと膵臓がん」との記事がありました。 ある大病院の「まだ表には出せない」という研究では、術後、メトホルミンを投与 […]
  • パリの同時多発「テロ」パリの同時多発「テロ」 パリの「同時多発テロ」で129人の市民が亡くなったという。ISが犯行声明を出している。オランド大統領は「われわれは戦争に直面している」と言ったらしいが、彼の認識はたぶん正しい。 […]
  • 大豆食品で膵臓がんのリスクが上がる大豆食品で膵臓がんのリスクが上がる 国立がん研究センターなどの多目的コホート研究グループは、さまざまな食品とがんとの関連を研究し、発表しています。 中でも大豆食品に関しては、心血管疾患や一部のがんのリ […]
  • ペットの安楽死は中止 我が家のヨークシャーですが、なんとか安楽死を免れています。先の日曜日には、獣医の先生からも「そろそろご相談をしなければと思うのですが・・・」と言われました。しかし、次回の検査結果 […]
  • ゴボウの種が膵臓がんに効く?ゴボウの種が膵臓がんに効く? 今朝のNHKニュースです。 ごぼうの種ですい臓がん治療 7月5日 […]
  • ASCO 2016 GEMとゼローダの併用で膵癌術後の生存率が向上ASCO 2016 GEMとゼローダの併用で膵癌術後の生存率が向上 ASCO 2016の記者会見でも取り上げられた注目演題です。 『膵がん術後のカペシタビンと化学療法との併用療法により生存率が延長』  *****  以下要約  […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です