「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


光免疫療法ー楽天の挑戦

楽天が本格的にがん事業に参入

光免疫療法は、開発者のアメリカ国立がん研究所(NCI)・国立衛生研究所(NIH)主任研究員の小林久隆氏は、論文などで「近赤外線免疫療法」と言ってきたのだが、先日の「がん撲滅サミット」に登壇した際に、「光免疫療法という呼び方が一般的になってきたので、私もこれで良いかなと、今後はこれにします」と語っていた。なので、このサイトでも今後は「光免疫療法」で統一する。

楽天が本格的にがん事業に参入し、「光免疫療法」の商業化を進めている米ベンチャー企業、アスピリアン・セラピューティクス(カリフォルニア州)に2割超出資して持ち分法適用会社とする。電子商取引(EC)会員の健康データと組み合わせた医療サービスを検討し、新たな収益源に育てる予定だという。

光免疫療法の治験はアメリカで進んでいて、頭頸部がんを対象とした第1相試験では、腫瘍が30%以上小さくなる奏功率が全ての患者に見られたという。3割の患者では腫瘍が消失した完全奏功を得ることができた。第2相試験も進んでいて、さらに良い成績が期待できるという。

三木谷会長は、末期の膵臓がんで父親を亡くしている。これが画期的ながん治療法への道を選ぶ契機になったのだが、もちろんそれだけではない。

今後老人人口が増える日本で、成長が見込める分野とみて出資し、日本での事業化をめざす。設立済みの日本法人は、商用化に向け100人規模の体制にし、大学などとの共同研究も推進する。主力の「楽天市場」での商品・サービスや個人会員の健康状態といったビッグ・データを組み合わせれば、がん治療などの医療サービスを効率的に提供できるとみている。

気になる承認の時期だが、アメリカでは2019年中の承認を目指しているという。日本でもできるかぎり早期の治験と承認を目指している。小林久隆氏は「日本で治療として実現するのは3年~4年後でしょうか」と期待を述べています。

効きすぎて副作用

ほぼ副作用のない画期的な治療法であるが、効きすぎることによる問題も指摘されている。腫瘍が上腸間膜動脈などの大きな血管に絡みついている場合、光免疫療法によってがん細胞が破裂して消失したら、それまで腫瘍が蓋をしていた血管に大きな穴が空いてしまい、大量出血で死亡する恐れがある。

光免疫療法に関する資料

    • ホテルニューオータニでのスペシャルセッション 小林久隆氏と三木谷浩史氏も出演

     
  • 米国国立衛生研究所(NIH)が作成した動画

 

  • 小林久隆氏が監修した『がん光免疫療法の登場』
 

膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す