丸山ワクチンと膵臓がん

スポンサーリンク
【日 時】2019年4月14日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:ジャーナリスト 森省歩氏による丸山ワクチンの講演
●患者さんどうしの情報交換~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込みは、もうしばらくお待ちください。
Pocket
LINEで送る

4月に「膵臓がん患者と家族の集い」で講演をしてくださる予定の森省歩氏は、2012年に大腸がんのステージⅢaで手術をされましたが、中間リンパ節に2ヶ所の転移がありました。ジャーナリストという職業柄、抗がん剤をしないで丸山ワクチン(SSM)だけで経過を観察中で、6年半を経過しているのです。

では、丸山ワクチンの膵臓がんに対する効果はどうなんでしょうか? もちろん、確かな臨床試験によるエビデンスはありませんが、日本医科大学付属病院ワクチン療法研究施設のサイトに、丸山ワクチンを使用した患者数が紹介されています。

患者数は1979年4月~20012年3月の登録数)

5年以上使用している患者が約4%(3.96%)です。丸山ワクチンを希望する患者は、いわゆる標準治療や他の代替治療で効果がなくなった患者が大多数ですから、ステージⅣの患者が多くを占めているものと思われます。

ステージ4の膵臓がん患者の5年相対生存率は1.4%程度と言われますから、丸山ワクチンに驚くような効果は期待できないにしても、ある程度の効果は認められるのではないでしょうか。仮にステージⅢの患者が含まれていても、再発・転移してから丸山ワクチンに頼ってくる方が多いと聞きます。(あくまでも参考程度のデータです)

さらに言えば、丸山ワクチンを投与することによって、抗がん剤の副作用を低減する効果が期待できるので、無理なく抗がん剤を続けることも可能になります。それによってより延命効果が期待できるとされています。

皮下注射とはいえ、一日おきに注射をしなければならないのが面倒で、がんの末期になってから治療を考えることが多いのですが、もっと初期の段階から試してみれば、よりよい効果が得られるのではないかと想像できます。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法丸山ワクチンー主治医が協力してくれないときの対処法 話題の丸山ワクチンですが、なかには「主治医が協力してくれない。そのような治療をするのなら、別の病院に行ってください」と言われたという例があります。 また、治験担当医 […]
  • サンデー毎日ー丸山ワクチン特集3サンデー毎日ー丸山ワクチン特集3 「丸山ワクチンーオプジーボの併用」劇的効果 サンデー毎日の「丸山ワクチン特集」第3回目は、オプジーボとの併用療法でした。 丸山ワクチンーオプジーボ併用劇的効果 […]
  • サンデー毎日ー丸山ワクチン特集4 森省歩氏の「膵臓がんの集い」での講演決定サンデー毎日ー丸山ワクチン特集4 森省歩氏の「膵臓がんの集い」での講演決定 サンデー毎日の森省歩さんの連載も最終回です。 がん免疫療法ー高額負担の価値はあるのか 記事の内容を紹介する前に、嬉しいお知らせです。 森省歩さんのこれまでの […]
  • サンデー毎日ー丸山ワクチン特集2サンデー毎日ー丸山ワクチン特集2 サンデー毎日の特集、今回は「丸山ワクチンの秘密」。 週刊誌の影響は大きいですね。日本医科大学の電話は繋がりづらい状態が続いているようです。 膵臓がん患者の交流サイト「 […]
  • 臨床瑣談 中井久夫 精神科医であり、ギリシャの詩人カヴァフィスの詩集を翻訳出版するなどの活躍もしている中井久夫さんは、「膵臓疾患を発見する最大の秘訣は何か。それは膵臓の存在を忘れないことだ。」と書い […]
  • 丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか丸山ワクチンは今・・・ 効くのか効かないのか 丸山ワクチンって? 「丸山ワクチン」については、最近のがん患者ではご存じない方も多いようですが、一時はブームになりました。 丸山ワクチンは、日本医科大学皮膚科教授だった丸 […]

丸山ワクチンと膵臓がん” に対して1件のコメントがあります。

  1. 金魚 より:

    こんばんは!
    本年もよろしくお願い申し上げます。
    お江戸で、MYUさんにお会いしました・・不思議なことに約束の時間よりかなり早く、たくさんの人がいるのに、すぐにわかりました!
    丸山ワクチンのお話もして、希望なら、早いうちに手続きはしておかないと最初ちょっと手間なので、そして注射を受ける先生の確保も場合によっては必要なので話だけでも聞いてみてはとお話しました。
    以前、婦人科がんの治験をやっていましたが、アレは某製薬会社のスキルの問題もあって承認は厳しいですね。ただ、その時の患者さんもご存命ですし、心の平安のためにやるのも悪くはないかなと思います。もし自分なら試すのではないかと思います。

    1. キノシタ より:

      MYUさんが「尊敬する彼女に会いに行く」と仰ってましたが、金魚さんのことだったのですね。
      婦人科がんの治験ではP値がたしか0.07で有意差が証明できなかったのでした。でも0.05は人間がまぁこんなものかと決めた値。0.07なら期待できる治療法ではないかと思います。
      本年もよろしくご教示ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です