スポンサーリンク

これはひどい! 悪魔のようなクリニック

ニャンコ先生のブログにこんな記事がアップされています。

そのクリニックで診察医が最初に言ったのは
採血やら免疫治療のメニュー表を提示しながら
(実際に見せてもらいましたが、数十万から数百万単位の値段が各メニューにしっかりと書いてありました)
「今日は採血~ccするので、いくらかかります。」
こう切り出したそうです。

診察で最初に切り出すのが金の話。まっ、金が払えなければそれから先の診察は無駄になるのだから、ある意味親切なのか?

「次の治療受けるのに300万かかるっていわれたけど、うちにはもうそんなお金ないよ」
「必要だから、今から銀行でおろしてこい!」
そんな会話されていたのも、今日来た患者さんが聞いてたそうです。

これもよく聞く話しですね。

金の切れ目が命の切れ目。継続治療ができずに、「せっかくここまで治療をしてきたのに」と、うなだれて診察室から出てくる姿が目に浮かびます。

膵臓がんのブログを書いているある方の記事でも、

自分の知り合いも、自由診療のクリニックに行ったのが良くなかった。。。
その医者にケシかけられ免疫療法を受けることに。
しかし、効果なく、金が無くなりゃ無情にも治療も終わり。
気がつけば遺族に残す遺産も使い果たす。
その方、悔やんでも悔やみきれない程の後悔を、
いや、計り知れない程の遺族への罪悪感を持って亡くなりました。

と書かれていました。また診察室で隣の夫婦が似たような会話をしているに二度ほど遭遇したとも。

がん患者の「藁でも掴みたい」という弱みにつけ込んで、なけなしの蓄えもはぎ取る行為が、医師の裁量権という名目のもとで許されて良いのでしょうか。悪魔の所業のように見えます。

Google検索で「免疫療法 大阪」と入れれば上位に来るクリニックとのことだから、もしかして、ネオアンチゲンもやっているあそこか、それともがんワクチンを謳っているあそこですかね?

免疫細胞療法のクリニックのすべてがこのようであるとは思いません。中には本心から効果を信じて患者のためにと努力している方もいるでしょう。一方で金のためには患者のことは二の次と考えている医者も多いのが現実です。

しっかりと見極めて、よく考えることが大事です。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 拾った命だから、のんびり生きる拾った命だから、のんびり生きる 「拾った命だから、のんびり生きる」。 このタイトルは2006年にあるところへ書いたものだ。 そして、膵臓がんの手術までの検査まで、死を覚悟しながら、今の生き方でよい。この […]
  • 全ての臨床試験の登録を全ての臨床試験の登録を いま、大学病院では医師主導の臨床試験が活発です。理由は「儲かるから」と臆面もなく言います。どうでも良いような臨床試験に参加させられる患者こそ、いい迷惑です。期待したような結果が出 […]
  • サードオピニオンサードオピニオン 四次元ピンポイントの「スーパー・フォーカル・ユニット」による放射線治療の適用が可能かどうか、サードオピニオンを受けた。 天王洲アイル駅の近くの報知新聞社前で待ち合わせて面接場所へ […]
  • 細胞診の結果細胞診の結果 がん研有明病院で、先週の細胞診の結果を聞いてきました。 結果は「良性」。二つの献体ともにがん細胞はありませんでした。これで一件落着。ただ、大きくなってこないかを1年ごとに経過観察 […]
  • 食後の運動量と血糖値の関係食後の運動量と血糖値の関係 私の体を使った人体実験の結果を報告します。 膵臓がん患者にとっては、血糖値管理はもう一つの関心事です。私の場合も、手術後数年間は血糖値を気にすることもなく「膵臓がほとんどな […]
  • 中村祐輔教授の新著 中村教授の新著『がんペプチドワクチン療法』が出版されている。10月6日が発 売だが、購入を躊躇しているうちに(価格が・・・)アマゾンでは在庫切れ・入荷待ちになっているようだ。 […]
  • ドラッグ・ラグ解消へ一歩前進かドラッグ・ラグ解消へ一歩前進か Twitterの「膵臓がん」タイムラインをサイドバーに表示していましたが、暗いつぶやきばかり多いので削除しました。Twitterもやる気にもならないし。 27日の朝日新聞のニュー […]
  • 『膵臓がん患者と家族の集い』講演者 森省歩氏の紹介『膵臓がん患者と家族の集い』講演者 森省歩氏の紹介 森氏が、なぜ丸山ワクチンなのか。森氏は大腸がんのステージⅢaが見つかり手術をしましたが、2ヶ所のリンパ節に転移がありました。術後の抗がん剤治療を勧められたのですが、ジャーナリスト […]

コメントを残す