『がんの花道』

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がんの花道: 患者の「平穏生」を支える家族の力がんの告知から最期まで、がん患者が「平穏死」を全うするためには家族の力が大切だ、との主旨で書かれた本です。長尾和宏氏と藤野邦夫氏の対談です。「家族の力」こそが今後のがん治療のキーワードですとの主張は納得できます。

藤野邦夫氏は『がんに打ち勝つ患者学』の翻訳者であり、帯津良一氏が監修していました。以前のブログ「がん難民コーディネーターとホメオパシー:似非治療に騙されない」ではホメオパシーを肯定しているようなところを批判的に書きました。

ところが今回の対談では、まったくそのような似非療法の話は出てきません。考えを変えたのでしょうか。ともあれ、本の内容は、がん患者にとって、告知から終末期の対応についてまで多くの有意義な、実際に役立つ情報が話されています。末期であっても「治るがん」があるので、早期発見、早期治療は重要だと、近藤誠氏の主張に「正解も大間違いも混在している」と批判しています。この部分についてはNewSポストセブンの記事『近藤誠氏がん放置療法に医師反論「医療否定本に惑わされるな」』に詳しく書かれています。

がんの告知でパニックになる「3大困った患者さん」は、医者・学校の先生・お寺のお坊さん、とのこと。大慌てして説明されたことを何も覚えていないし、実は死ぬときもいちばん往生際が悪いそうです。そういえば、何かの本で読んだのですが、まだがん告知が一般的でなかったころ、相当位の高いお坊さんだから大丈夫だろうと告知をしたら、取り乱してしまってどうしようもなかったとの話を読んだ記憶があります。そんなものでしょう。職業や外見とは関係ありません。

がん拠点病院の「相談支援センター」の活用法、がんになったら「情報戦」を覚悟せよ、先進医療を受けたがる患者さんが多いが、先進医療は万能ではなく、実験という側面もある、等実際の役にたつ話ばかりでした。

また、「がんが治る食事」をする人は、急速に痩せて体力を失っていく。アルブミンというタンパク質が低下している患者が多いとの指摘はガッテンですね。がんと闘うには「体力」と「免疫力」です。赤みの肉をたくさん食べることは良いとは思いませんが、野菜とジュースだけでは死期を早めるだけでしょう。

とにかく歩きなさい、ぬるめのお風呂で身体を温めなさいなども同感です。再発転移したって、すぐには死なないのだから慌てるな、まったくその通りです。

終末期に水分を無理に摂らなければ、腹水は自然に減っていくなども覚えておいた方が良い知識でしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 医師は神であってはならないが、単なる人間であってもその責務は果たせない 脳神経学者であり医師でもある中田力氏は『穆如清風-複雑系と医療の原点』でこう述べている。 医療における不確定性は、複雑系のもたらす予想不可能な行動に由来し、実際にやってみない […]
  • 膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬 WEE-1阻害薬には、抗がん剤の増刊作用、放射線感受性の増刊作用があり、がん細胞を死滅されるのに効果を発揮するということらしいです。日本でも、アストラゼネカ社が固形がんを対象に、 […]
  • ウィルコ・ジョンソンの膵癌はP-NETSだったウィルコ・ジョンソンの膵癌はP-NETSだった   先日倒れたときの目のまわりの隈がまだ消えません。怖いヤーさんのようで、出かけるときにサングラスをかけていったら、娘から「余計に怖いから止めて」と言われ […]
  • 「先進医療」言葉の罠「先進医療」言葉の罠 重粒子線治療や陽子線治療、がんワクチン療法、リンパ球療法、多少点眼内レンズなどがこれに含まれています。 以前に膵臓がんの方で、手術ができる状態だったにもかかわらず、重粒子線 […]
  • ロハス・メディカルの「患者・家族との意見交換会・傍聴記」ロハス・メディカルの「患者・家族との意見交換会・傍聴記」 ロハス・メディカルの「国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記」がおもしろい。 「がん対策推進基本計画」の記載に基づき厚生労働、文部科学、経済産業の 3 […]
  • エビデンスがかえって足かせ⁈エビデンスがかえって足かせ⁈ あの世への道はエビデンスによって掃き清められている そのような現実もあります。医療がエビデンスだけで良いのならAIにでも任せれば良い。 […]
  • 高額な自由診療に騙されないために高額な自由診療に騙されないために 大須賀覚医師が高額な自由診療(免疫細胞療法)の裁判を上げて批判のツイートをしています。 医療問題弁護団の大瀧弁護士の寄稿、私もよく引用させてもらっています。 高額なが […]
  • 『科学』8月号 学校給食は10Bq/kg以下に『科学』8月号 学校給食は10Bq/kg以下に DP2 Merrill F5.0 1/80秒 ISO100 C-PL使用 ずっと変化のなかった体重が、62kgから64.5kgに、2.5kgも増加した。原因は? […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です