スポンサーリンク
Web交流会のご案内


【日 時】2021年4月18日(日) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】
第一部 膵臓がん なんでも相談:佐藤典宏先生
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

『がんの花道』

LINEで送る
Pocket

がんの花道: 患者の「平穏生」を支える家族の力がんの告知から最期まで、がん患者が「平穏死」を全うするためには家族の力が大切だ、との主旨で書かれた本です。長尾和宏氏と藤野邦夫氏の対談です。「家族の力」こそが今後のがん治療のキーワードですとの主張は納得できます。

藤野邦夫氏は『がんに打ち勝つ患者学』の翻訳者であり、帯津良一氏が監修していました。以前のブログ「がん難民コーディネーターとホメオパシー:似非治療に騙されない」ではホメオパシーを肯定しているようなところを批判的に書きました。

ところが今回の対談では、まったくそのような似非療法の話は出てきません。考えを変えたのでしょうか。ともあれ、本の内容は、がん患者にとって、告知から終末期の対応についてまで多くの有意義な、実際に役立つ情報が話されています。末期であっても「治るがん」があるので、早期発見、早期治療は重要だと、近藤誠氏の主張に「正解も大間違いも混在している」と批判しています。この部分についてはNewSポストセブンの記事『近藤誠氏がん放置療法に医師反論「医療否定本に惑わされるな」』に詳しく書かれています。

がんの告知でパニックになる「3大困った患者さん」は、医者・学校の先生・お寺のお坊さん、とのこと。大慌てして説明されたことを何も覚えていないし、実は死ぬときもいちばん往生際が悪いそうです。そういえば、何かの本で読んだのですが、まだがん告知が一般的でなかったころ、相当位の高いお坊さんだから大丈夫だろうと告知をしたら、取り乱してしまってどうしようもなかったとの話を読んだ記憶があります。そんなものでしょう。職業や外見とは関係ありません。

がん拠点病院の「相談支援センター」の活用法、がんになったら「情報戦」を覚悟せよ、先進医療を受けたがる患者さんが多いが、先進医療は万能ではなく、実験という側面もある、等実際の役にたつ話ばかりでした。

また、「がんが治る食事」をする人は、急速に痩せて体力を失っていく。アルブミンというタンパク質が低下している患者が多いとの指摘はガッテンですね。がんと闘うには「体力」と「免疫力」です。赤みの肉をたくさん食べることは良いとは思いませんが、野菜とジュースだけでは死期を早めるだけでしょう。

とにかく歩きなさい、ぬるめのお風呂で身体を温めなさいなども同感です。再発転移したって、すぐには死なないのだから慌てるな、まったくその通りです。

終末期に水分を無理に摂らなければ、腹水は自然に減っていくなども覚えておいた方が良い知識でしょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 3件の膵臓がんの臨床試験結果3件の膵臓がんの臨床試験結果 久しぶりに、オンコロで膵臓がんの記事がアップされています。それも3件同時に。しかし、肯定的な結果は1件のみとなりました。 ・転移性膵がん患者が対象の第1/2 […]
  • ASCO 2008の生存率ASCO 2008の生存率 ASCO 2008(5/30-6/3) CONKO-001において腫瘍切除後の膵癌患者にゲムシタビン(ジェムザール)を投与した場合の第Ⅲ相試験の結果が発表されている。ASCO […]
  • 中村祐輔先生の免疫療法が始動?中村祐輔先生の免疫療法が始動? いま、中村医師のもとで治験の準備が急ピッチで進められているが、この新たな免疫療法の相談に応じてもらえるクリニックが複数ある。中村医師が信頼し、協力している2施設を下記にまとめた。 […]
  • 今日の一冊(2)『ヴァイオリニストの音楽案内100』 クラシックのCDを批評、紹介した書籍は数多くあり、私も宇野功芳、福島章恭、中野雄の『クラシックCDの名盤』シリーズや、礒山雅の『バロック音楽名曲鑑賞事典 […]
  • 退院後初の外来で再発の可能性を問う退院後初の外来で再発の可能性を問う 今日は退院後初めての外来受診でした。駅の階段の上り下りが結構堪えました。まだまだ体力が8割くらいしか回復していない感じです。 「先生、私は実はまだ手術後のご説明を聞いていな […]
  • イレウス イレウス(腸閉塞)を起こしたようで、昨日は夕方から激しい腹痛、嘔吐に見舞われました。ガンの末期になる場合もあるのですが、私のはたぶん「機能的イレウスとよばれるもので、腸管の気質的 […]
  • 『がんと闘った科学者の記録』戸塚洋二・立花隆 妻につきあってヨーカドーに買い物に行きました。女の買い物は長いので、短気な私はとうていつきあっていられません。ひとりで館内にある書店をぶらぶらしていたら、ある本が目に付きまし […]
  • がんと食事(1)がんと食事(1) どのような食事をすべきかは、がん患者にとって切実な問題です。食事で治ることはあるのだろうか? […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です