「膵臓がん患者と家族の集い」のご案内


リアルとリモートのハイブリッド開催です。YouTubeの"がん治療"インフルエンサーとなられた押川勝太郎先生の講演です。同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2023年2月26日(日) 14:00~17:00(開場:13:45)
【会場1】大田区産業プラザ PiO 6階D会議室
     定員:60名 参加費:1000円
【会場2】YouTubeによる参加
     定員なし 参加費:無料
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【内 容】
第1部 講演:押川勝太郎先生『膵がん治療の7つの落とし穴』
第2部 患者さん同士の交流会(PiO会場参加者のみ)

申込受付中です。
詳しくはオフィシャルサイトで


がんと心の関係~サイモントン療法~

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』は、サイモントン療法協会の認定トレーナー、川畑のぶこさんによる講演を予定しています。

タイトルはがんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~

この企画は、以前からずっとやってみたかったテーマなのです。なぜなら、多くのがん患者の方に、治癒に導くのは心の平安だと気付いて欲しいからです。

私とサイモントン療法との付き合いは長いです。膵臓がんと言われてから、間を措かずに始めたのがサイモントン療法でした。

川畑のぶこさんの「がんのイメージ・コントロール法」を買ったのが2008年7月ですから、告知後1年の頃です。この書籍は既に絶版になり、ほぼ同じ内容で「サイモントン療法~治癒に導くがんのイメージ療法」として出版されています。

こんにちでは、ストレスとがんとの間には深い関係があることが分かっています。ストレスは、私たちの免疫システムにただちに影響を与えます。がんと闘うのは、抗がん剤ではなく、免疫システムなんです。

このシステムが正常に機能していないで、どうしてがんと戦うことができるのでしょうか。

そうした現象に、初めて光をあてたのがサイモントン博士でした。

私の実感としては、すぐにサイモントン療法を始めたことで、膵臓がんを治癒に導くことができたと考えています。もちろん、私の個人的な実感ですから、エビデンスはありません。

しかし、サイモントン療法をやる度に、確かな手応えを感じたのです。

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』に向けて、サイモントン療法やがんと心の関係について、改めて書いてみたいと思います。

手術後まだ48時間で、長時間座っているのが無理なので、続きは次回に。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

コメントを残す

前の記事

術後24時間経った