がんと心の関係~サイモントン療法~

スポンサーリンク
【日 時】2019年10月13日(日) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:佐藤典宏先生「膵臓がんの標準治療と代替医療~外科医の立場から~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
10月9日(水)午前9時まで、参加申込み受付中
LINEで送る
Pocket

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』は、サイモントン療法協会の認定トレーナー、川畑のぶこさんによる講演を予定しています。

タイトルはがんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~

この企画は、以前からずっとやってみたかったテーマなのです。なぜなら、多くのがん患者の方に、治癒に導くのは心の平安だと気付いて欲しいからです。

私とサイモントン療法との付き合いは長いです。膵臓がんと言われてから、間を措かずに始めたのがサイモントン療法でした。

川畑のぶこさんの「がんのイメージ・コントロール法」を買ったのが2008年7月ですから、告知後1年の頃です。この書籍は既に絶版になり、ほぼ同じ内容で「サイモントン療法~治癒に導くがんのイメージ療法」として出版されています。

こんにちでは、ストレスとがんとの間には深い関係があることが分かっています。ストレスは、私たちの免疫システムにただちに影響を与えます。がんと闘うのは、抗がん剤ではなく、免疫システムなんです。


スポンサーリンク

このシステムが正常に機能していないで、どうしてがんと戦うことができるのでしょうか。

そうした現象に、初めて光をあてたのがサイモントン博士でした。

私の実感としては、すぐにサイモントン療法を始めたことで、膵臓がんを治癒に導くことができたと考えています。もちろん、私の個人的な実感ですから、エビデンスはありません。

しかし、サイモントン療法をやる度に、確かな手応えを感じたのです。

次回の『膵臓がん患者と家族の集い』に向けて、サイモントン療法やがんと心の関係について、改めて書いてみたいと思います。

手術後まだ48時間で、長時間座っているのが無理なので、続きは次回に。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • サイモントン療法でがんを治す サイモントン療法とは サイモントン療法は、イメージ療法の一つと言われています。サイモントン療法協会のサイトには次のように紹介されています。 サイモントン療法は、米国の放射 […]
  • がんとストレスがんとストレス キラーストレス ストレスの正体や悪影響をおよぼすメカニズムが科学的に詳細に解明されはじめた […]
  • マインドフルネス瞑想法はがんに効くか?マインドフルネス瞑想法はがんに効くか? 押川勝太郎先生の昨日のメルマガで、がん治療の虚実『マインドフルネスはがん患者さんに効果あるのか?』がYouTubeで公開されています。 見ていると、「すい臓 […]
  • サイモントン療法とは?(6)サイモントン療法とは?(6) がんの要因は多種多様ですが、一つはストレスです。ストレスの中でも、ひどい無力感ががんを育てる環境をつくるということについては、ほぼ合意ができているように思います。 しか […]
  • 「病は気から」を科学する「病は気から」を科学する 気持ちの持ち方を変えれば、がんは治癒に向かうのだろうか。代替療法が効果がある人とない人に別れるのはなぜなのか。 こうした疑問に対し、『がんに効く生活』のシュレベールは『免疫 […]
  • 瞑想で遺伝子のスイッチをオフにできる。 瞑想で遺伝子のスイッチをオフにできる。こんなことが近年科学的に実証されつつあります。 瞑想は遺伝子の表現型を変えると判明!炎症反応が抑えられるとの研究結果 ヨガ・メデ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です