サイモントン療法とは?(2)

Web交流会のご案内


【日 時】2020年12月12日(土) 13:00~16:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの集まりです
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】500円 (PayPal決済、郵便振替)
【定 員】100名
【内 容】
第一部 がん研有明病院 腫瘍精神科部長 清水研先生の講演
『もしも一年後、この世にいないとしたら ~4000人の患者家族と対話した精神科医の学び~』
第二部 患者さん同士の交流会

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。

参加申込受付中です。 詳しくはオフィシャルサイトで


スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

6月の『膵臓がん患者と家族の集い』は、NPO法人 サイモントン療法協会認定トレーナー 川畑のぶこ氏の「がんと心の関係~サイモントン療法による癒やし~」を予定しています。

サイモントン療法とはどういうものなのでしょうか? がんの治癒との関係はどのようなのでしょうか? 私自身も、膵がんの術後早い段階からサイモントン療法を行ってきました。

サイモントン療法とは?(1)』で述べているように、サイモントン博士の最初の患者、61歳になる重症の咽頭がん患者に対してイメージ療法を行い、驚くような効果を得たのですが、実際にどのようなイメージ療法をしたのでしょうか。『がんのセルフコントロール サイモントン療法の理論と実際』には、次のように紹介されています。

患者には、これまでのリサーチに基づいて考案したリラクゼーションとイメージ療法を中心とした治療計画を説明し、1日に3回、朝起床してすぐと昼食後、そして就寝する前に5分ないし15分間サイモントン・テクニックに従った方法で瞑想することを勧めたのです。

まず正座し、体の筋肉に石を集中させる。頭から始めて足先へと徐々に、それぞれの部分の筋肉がリラックスするように命じます。こうしてリラックスした状態になった段階で、木陰とか小川の畔など、どこであれ、快適で静かな場所を選び、そこで静かに休んでいる状況を想像します。

つづいて、がん細胞のイメージを具体的に想像します。さらに、何百万もの放射エネルギーの弾丸が、そのがん細胞アタックする放射線の働きを想像します。その放射線はがん細胞とともに健康な細胞も同様にアタックするわけですが、その場合に破壊された細胞のうち、健康な細胞は健康な状態を維持できるが、がん細胞は弱まりやがて死滅します。

以上のような状況を絵を描くように想像した後、次の段階として一番大事な作業に入ります。

すなわち、体内の白血球が活動する状況、つまり、がん細胞を白血球が吸収し、死滅したがん細胞を腎臓や肝臓を通って排泄する状況を想像します。こうして、がん細胞がだんだん縮小していく状況や、その結果として健康を次第に回復していく状況を明確に頭の中に描くのです。このようなイメージ療法のエクササイズを毎回実行した後、日常の行事に戻ります。

このエクササイズによる効果は絶大でした。同時に受けた放射線治療の効果もてきめんであり、さらに、放射線による副作用もほとんど示さなかったのです。そして放射線の継続治療の中間の時点で、患者は食事ができるようになり、また体力や体重も増加し、がん細胞は徐々に消滅し始めるようになりました。そして、ついに2ヶ月後にはがん細胞が消滅するまで回復したのです。

この患者は、長年患っていた関節炎にもこのイメージ療法のテクニックを応用することを決心しました。まずは白血球が、彼の腕や足の関節を覆い、破壊された砕片を洗い流して、関節の上部が滑らかになる状況を頭の中に描くというエクササイズを繰り返しました。その結果、関節炎の症状は快方に向かい、関節炎の患者には無理なことと考えられている、水の中に浸かって川で釣りをすることができるほどまでに回復したのです。

またこの患者は、このイメージ療法のエクササイズを性生活の改善のためにも応用しました。彼は過去20年もの間インポテンツに悩まされていましたが、このイメージ療法を用いて後2、3週間後には完全に正常な性生活を営むことができるようになったのです。

こうした結果を受けて、サイモントンは、より大規模な臨床試験を計画します。

サイモントン療法――治癒に導くがんのイメージ療法(DO BOOKS)

サイモントン療法――治癒に導くがんのイメージ療法(DO BOOKS)

川畑 伸子
2,750円(12/01 00:22時点)
発売日: 2009/08/06
Amazonの情報を掲載しています

がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がん患者の火葬場から放射線が検出される膵臓がん患者の火葬場から放射線が検出される アリゾナ州で放射線治療を受けたがん患者さんを荼毘に付した後の火葬場から、海抜0mの放射線量の200倍近い放射線が検出され、メイヨークリニックが結果を米国医師会雑誌(JAMA […]
  • 愛犬の死愛犬の死 一度は獣医から安楽死を勧められていた我が家の愛犬・ヨークシャーテリアの年長の方が、先日28日に亡くなった。15歳と6ヶ月だから、人間ならば80歳から90歳近くとなろうか。 自分の […]
  • 老化とがん老化とがん キーワードは「エピジェネティクス」 NHKスペシャルで放映された『人体 […]
  • 明けましておめでとうございます。 新年 明けましておめでとうございます。 と書くには、いささか躊躇するような世相です。近所の公園には、解雇された 派遣社員らしき人が寒そうに横たわっています。まだホームレスにはなり […]
  • 「膵癌診療ガイドライン2019」知らなきゃ損「膵癌診療ガイドライン2019」知らなきゃ損 「膵癌診療ガイドライン2019」が改訂され、7月に出版されています。 「切除可能境界膵癌の治療法」や「支持・緩和療法」が新設されるなど、高齢膵癌患者の増加、ゲノム医 […]
  • 膵臓がんの生存率の改善膵臓がんの生存率の改善 Medical Noteに静岡県立静岡がんセンター 上坂克彦先生のインタビュー記事が載っています。 膵臓がんの生存率を大きく変える「JASPAC […]
  • がん微小環境改善剤:秋にも膵臓がんで臨床試験開始がん微小環境改善剤:秋にも膵臓がんで臨床試験開始 日本ケミファとベンチャー企業のDelta-Fly […]
  • セシウム137の体内放射能(2)セシウム137の体内放射能(2) 食品の新基準値 厚生労働省の「食品中の放射性物質に係る新たな基準値について」によれば、新基準値を決めるに当たり、もっとも厳しい年齢層である13~18歳男性の限度値:120B […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です