医者と患者のすれ違いはなぜ起きるのか?

スポンサーリンク
【日 時】2019年8月31日(土) 13:10~16:30(開場・受付:12:50ごろ)
【場 所】JR京浜東北根岸線 大森駅東口から徒歩4分 Luz大森4階 入新井集会室
【参加資格】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参 加 費】1,000円(会場使用料及び資料代、講師謝礼)
【定 員】 130名
【内 容】
●講演:緩和ケア医 大津秀一先生「膵臓がんの緩和ケア~これだけはおさえておくこと~」(仮)
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
参加申込み受付中です。
LINEで送る
Pocket

患者には3タイプある

外科医けいゆうのペンネームでTwitter でも発信をしている山本健人さんがブログで、患者と医師のすれ違いについて書いています。

それによると、患者には三つのタイプがあると考えます。

  1. 標準治療の意味を理解していて、自分ががんになったら標準治療を迷わず受ける、と考える人
  2. 標準治療のことはよく知らず、高いお金を払えばもっといい治療が受けられるのではないか、と迷ってしまう人
  3. 標準治療の意味を十分に理解してはいるが、標準治療を迷わず受けるとは言えない人

医者は、2のタイプの人を1のタイプにしたいと頑張っているのでしょうが、3番目の患者のように、既に知識の豊富な方に対して、標準治療の意味や有効性を説明しても、患者さんの気持ちは変わりません。

それは、「患者は自分にとって固有のベストを求めるが、医師は他の誰にでも等しく適用可能な、統計学的に優れた治療を求めるから、お互いの考えがすれ違う」のです。

患者は自分に合った唯一の治療法を求めているのに対して、医師は統計的・確率的に最も有効だと思われる治療法を勧めます。

これは医師の立場に立ってみれば仕方のないことですよね。エビデンスに則った、一番効果の可能性がある治療法から始めるのは理にかなっています。

しかし患者にとっては、その治療法が自分に合うのかどうかは、やってみなければわからないわけです。

患者は個別化医療を求めている

「科学的な個別性」を患者は求めているわけですが、近年、個別化医療(プレシジョン・メディシン)に力を入れられています。患者の「自分に効く治療法」への要求にある程度は応えられる望みが出てきています。


スポンサーリンク

しかし、まだまだ時間はかかりそうです。患者個人に対して、確実に効果のある治療法をする、そのために現場で使用可能な個別化ツールはまたアバウトです。

現状では、患者も医師も、未熟な部分にはある程度の妥協を許すという考え方が求められているのだろうと思います。

医師の判断-思考の過程

エビデンスのある治療法に対して、効果のない患者さんが一定数おります。ではそうした患者の場合、医師はどのように判断をし、治療法を決定しているのでしょうか。

多分そこから先は、医師としての経験と勘が働いているのではないかと思っています。長年の経験からこの患者には、こちらの治療法が効果があるはずだと、パターンマッチングを行っているのではないでしょうか。あるいは直感と言ってもいいかもしれません。

『医者は現場でどう考えるのか』あるいは『なぜ直感のほうが上手くいくのか』というこの2冊の著作には、そうした医者の判断がどのようになされているのかを解明しています。

グループマンは、『医者は現場でどう考えるか』で「医師はデータではなく、患者の物語に耳を傾ける必要がある」として、EBMに関してはこんなふうに述べています。

いわゆる科学的なエビデンスに基づいた医療(EBM)は急速に広がり、今や多くの病院において規範になっている。統計学的に立証されない治療法は、臨床試験の成績に基づいた一定量のデータが得られるまで、ご法度なのだ。

もちろん医師は誰でも、治療法を選択する際にその研究成果も検討すべきである。しかし、EBMに頑なに依存する今日の医学では、医師が数字だけに頼って受動的に治療法を選択する危険がある。

統計は、目前にいる生身の患者の代わりにはならない。統計は平均を表わすものであり、固体を表わさない。医薬品や治療に関する医師個人の経験に基づく知恵ー臨床試験の成績から得られた「ベスト」の治療法が、その患者のニーズや価値観に適合するかどうかを判断する医師個人の知識ーに対し、数字は補足的な役割でしかない。

また『なぜ直感のほうが上手くいくのか?』でには、「無知は専門家の知識に勝る。情報は少ない方が上手くいく」として、驚くような事例が列挙されています。

直感を「無意識の知性」ととらえ、その仕組みを明らかにしています。

(医療行為のような)不確実な世界では、複雑な方略は後知恵で説明することが多すぎるので、まず間違いなく失敗する。未来にとって重要な意味を持つ情報はごく一部だ。そこで、直感術はその肝心な部分だけに的を絞り、残りを無視する。最善の手がかりのみに頼る単純な経験則は、その役に立つ情報のかけらに命中する可能性が高いのだ。

これなんかも示唆に富んだ指摘ですね。先進的な治療法をやってみて、成功しても失敗に終わっても、後知恵なら何とでも言えます。治療の前に判断するための材料は、極少なくてもよい。その方が選択に失敗する可能性が低い、というわけです。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 臨床試験の信頼度、エビデンス臨床試験の信頼度、エビデンス エビデンスの階層 がん治療において、EBMやエビデンスという言葉に出くわすことがあります。医療者は、これらの言葉を安易に使わないように気をつけていますが、インターネット上では頻 […]
  • 「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方「医療危機」を解決する、上手な医者のかかり方 あなたの主治医が、毎日あるいは毎週「自殺」や「死ぬかもしれない」と考えているとしたら、どうしますか? あるいは、うつ病の傾向のある主治医だったら? […]
  • がんは克服できるのかーシンギュラリティとAIがんは克服できるのかーシンギュラリティとAI シンギュラリティの提唱者であるレイ・カーツワイルは、2045年までには、コンピュータの処理能力が人間の脳を超える「技術的特異点」を迎えるという。しかし、 […]
  • 使えない、がんゲノム検査使えない、がんゲノム検査 中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)が29日、「がん遺伝子パネル検査」を保険適用すると決め、6月1日から適用される見通しです。 マスコミでもバラ色の政策のよう […]
  • 高齢者や虚弱な患者には、低用量抗がん剤でも同じ効果高齢者や虚弱な患者には、低用量抗がん剤でも同じ効果 がん治療の一部の領域では、“少量がより好ましい”ということが一般的に言われ始めており、患者の生活の質の向上に成果をあげています。 抗がん剤治療は基準量でなけ […]
  • 静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開静岡がんセンター:副作用対策の冊子を公開 静岡がんセンターで使用している、患者さんのためのがん薬物療法説明書をダウンロードできます。病気の種類・使用する薬の組み合わせ別に、患者さんに知っておいてほしい内容を1冊にまとめま […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です