臓器横断型新薬の「エヌトレクチニブ」が膵臓がんで使える

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

転移・再発した膵臓がん患者の方に朗報です。

NTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対する国内で初めての治療薬

中外製薬の9月4日付ニュースリリースによると、

「NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌」を効能又は効果として製造販売承認を取得した抗悪性腫瘍剤/チロシンキナーゼ阻害剤「ロズリートレク®カプセル100 mg、同200 mg」[一般的名称:エヌトレクチニブ](以下、ロズリートレク)について、本日、薬価収載され販売を開始したことをお知らせいたします。

とのことです。

ロズリートレク(一般名:エヌトレクチニブ)は、はNTRK融合遺伝子陽性の固形がんに対する国内で初めての治療薬となります。

極めて稀な遺伝子変異を伴う「NTRK融合遺伝子陽性の進行・再発の固形癌」を対象に、厚生労働省より先駆け審査指定制度の対象品目に指定され、本年6月18日、世界で初めての薬事承認を日本で取得していました。

NTRK融合遺伝子が陽性であれば、膵臓がんにも適用されます。

NTRK融合遺伝子の検出については、中外製薬が販売する遺伝子変異解析プログラム「FoundationOne® CDx がんゲノムプロファイル」がロズリートレクのコンパニオン検査として、本年6月26日に厚生労働省より承認を取得しています。

エヌトレクチニブはSTARTRK-2試験の成績に基づいて承認されたが、主要評価項目は、奏効率(ORR)です。

この試験では、54例が登録され、NTRK融合遺伝子陽性患者の56.9%に奏効を示した。

中でも5例は「完全奏功」であり100%の腫瘍縮小率でした。下の図の右5例


スポンサーリンク

膵癌でも約70%の縮小を見た患者も含まれています。

治療にアクセスするには

NTRK融合遺伝子陽性は稀であり、1%程度と言われています。

まずは、NTRK1/2/3, ROS1 またはALK融合遺伝子が陽性かどうかを調べる必要があります。「FoundationOne® CDx がんゲノムプロファイル」がロズリートレクのコンパニオン検査とし承認されていますから、健康保険が使えます。

あなたの病院がオンコパネル検査の実施施設であれば可能ですので、まずは主治医に相談してみましょう。

対象施設でなくても、紹介してもらうことはできます。

数%の可能性とはいえ、諦めずにチャレンジしてみましょう。

10月13日の『膵臓がん患者と家族の集い』で、佐藤典宏先生に質問してみることもよいですね。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

  • 新しいがん治療新しいがん治療 東京新聞って、朝日や読売に比べて医療記事が少ないのですが、本日の特集は「新しいがん治療」 CAR-T療法、光免疫療法、ウイルス療法の紹介でした。 CAR-T療 […]
  • 膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬膵臓がんの臨床試験:WEE-1阻害薬 WEE-1阻害薬には、抗がん剤の増刊作用、放射線感受性の増刊作用があり、がん細胞を死滅されるのに効果を発揮するということらしいです。日本でも、アストラゼネカ社が固形がんを対象に、 […]
  • 抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」抗がん剤の耐性を解除する記事の「まとめ」   抗がん剤の耐性を解除する治療法について、何回か記事を書いてきましたが、それぞれの関連性や、要点をまとめてみました。 抗がん剤に耐性が付く […]
  • 富士フイルム ゲムシタビンを使ったDDS 米国で臨床試験開始富士フイルム ゲムシタビンを使ったDDS 米国で臨床試験開始   富士フイルムは2018年5月9日、抗癌剤ゲムシタビンのリポソーム製剤(FF-10832)のフェーズI(NCT03440450)を米国で開始したと発表し […]
  • 今日の一冊(88)『なぜ関空に世界中からがん患者が集まるのか?』今日の一冊(88)『なぜ関空に世界中からがん患者が集まるのか?』 日本に動脈塞栓術を広めようとしている、IGTクリニック院長の堀信一先生の著作です。動脈塞栓術は「血管内治療(カテーテル治療)」とも言われますが、非常に細いマイクルカテーテ […]
  • ホウ素中性子捕捉療法を実用化ー20年度に膵臓がんからホウ素中性子捕捉療法を実用化ー20年度に膵臓がんから 20年度から膵臓がんで治験開始 今日の日経電子版の記事です。 薬剤でホウ素を取り込ませたがん細胞に中性子線を照射して、がんだけを破壊するホウ素中性子捕捉療法( […]
  • 膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発膵臓がんにも有効なBNCT機器の開発 ホウ素中性子捕獲療法 ホウ素中性子捕獲療法(BNCT)による臨床試験が国立がん研究センターなどで始まっています。従来の原子炉からの中性子を利用していたものから、中性子源を直線加 […]
  • 中村祐輔先生の『がん消滅』中村祐輔先生の『がん消滅』 ネオアンチゲン療法、自由診療なので、2クール310万円 腎臓がん患者は6クールで消失した例ですが、それには約1000万円必要だったわけです。 免疫療法は効果が出るまでにあ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です