がん患者の食事の悩みを解消するレシピ検索サイト:国立がん研究センター東病院

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

国立研究開発法人国立がん研究センター東病院は、がん治療に伴う食事の悩みに合わせたレシピが検索できる「CHEER!(チアー)/Cancer, Help, Eat, Easy, Recipe」を2019年9月30日に開設しました。

登録されたレシピは2008年9月から東病院栄養管理室が主催している、がん治療に伴う症状別料理教室「柏の葉料理教室」で紹介した1000品以上のレシピの中から人気のあった100の料理を「フリーワード」で検索が可能になっています。

レシピページは、材料や作り方に加え、調理時間や栄養量(エネルギー量、たんぱく質量、塩分量)、調理のコツも掲載し、必要な情報がまとめて分かるように工夫しています。

【CHEER!を開くには、画像をクリックしてください。】

 

いくつか見てみましたが、なかなか良いですね。国がんのサイトとは思えない。m(_ _;)m

「がんと食事」のページでは、基本の食事のほか、体調が悪いときの食べ方の工夫など、がん患者の状態に合わせた親切な内容となっています。

写真もプロが撮っているのでしょうか、美味しそうに仕上がっています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(134)『お茶の科学』今日の一冊(134)『お茶の科学』 お茶には強力な抗酸化作用があることが知られています。抗酸化作用によってがん細胞を死滅させることができます。 このブログでは何度も […]
  • 大阪大学におけるがんのケトン食療法大阪大学におけるがんのケトン食療法 『外科と代謝・栄養』誌の10月号に「~がんに対する糖質制限食治療の可能性~大阪大学におけるがんケトン食療法5年間の取り組みについて」との記事がありました。 阪大における […]
  • 少量の酒でもがんリスク増加:さて呑兵衛はどうする?少量の酒でもがんリスク増加:さて呑兵衛はどうする? 呑兵衛には気になる、少量のお酒でも癌になるリスクが増加するとの報道がありました。 生涯アルコール消費量とがんのリスク 1日ワイン1杯程度の少量のアルコール […]
  • がん患者にはどのような食事がよいのか?がん患者にはどのような食事がよいのか? がんになってからの食事はどのように気を付ければ良いでしょうか。主治医の先生に聞いて見ても多分「好きなものを食べていいですよ」とか、「これまでどおりでいいですがバランス良い […]
  • 膵臓がんサバイバーになる秘訣膵臓がんサバイバーになる秘訣 ポジティブ思考、これも大切です。私はむしろこれが一番大切な要因ではないかとすら思っています。特にがん患者が無力感に襲われると、極端に免疫力が低下するのです。免疫細胞は絶えず脳と情 […]
  • がんになっても「死なない食事」とは?がんになっても「死なない食事」とは? 2018年には、がんと食事に関しても注目すべき論文がアメリカから出てきました。がんと診断された1,191人を対象とした調査において、良質な食事を摂っている群とそうでない群と比較す […]
  • ビタミンB6は膵臓がんのリスクを下げるビタミンB6は膵臓がんのリスクを下げる 中国の研究グループが、ビタミンB6の摂取量と膵臓がんの発症リスクの関係をメタ解析した論文です。 PubMedやWebから見つけた9つの研究のデータを、多変量調整して […]
  • 今日の一冊(98)『病気の9割は歩くだけで治る!2』今日の一冊(98)『病気の9割は歩くだけで治る!2』 長尾和宏さんの同じタイトルの本、続編です。 9割の中に「がん」は入っているのでしょうか。入っています。 「転移が見つかりました」「ステージ4です」と言われれば、真 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です