PET-CTによる被ばく量はどのくらいか?

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

PET-CTとは?

PET-CTとは、代謝を画像化するPET検査と、CT検査を同時に行うことができる、がん診断のための装置です。

がん細胞は正常細胞よりも多くのブドウ糖を消費するという特性があります。FDGというブドウ糖に似た構造の薬剤を静脈に注射し、体内のブドウ糖の代謝を画像化してがんを診断するFDG-PET検査と、臓器の形、位置などがわかるCT検査を同時に行うことにより、短時間で、身体の広い範囲を対象として、精度の高い診断画像を得ることができるのです。

この検査のためにFDGという、F-18というフッ素の放射性同位体が含まれた放射性医薬品を静脈に注射して、1時間後体内に放射性同位元素がいきわたったあと、PET(陽電子放出画像断層撮影装置)で撮影します。撮影は20分程度で終わります。

原理

ポジトロン断層法(ポジトロンだんそうほう、positron emission tomography:PET)とは、陽電子放出を利用したコンピューター断層撮影装置です。風雨に自然界に存在する電子はマイナスの電荷を帯びていますが、ある種の核種の崩壊によってプラスの電荷を帯びた陽電子が生成されることがあります。

陽電子は不安定なので、短い時間で近傍の主として水の電子と「対消滅」し、その際に2本のガンマ線を180度反対方向に放出します。同時にガンマ線を検出した検出器を結ぶ線上に、対消滅した場所があるのです。

こうした操作を多数行ないコンピューター解析して画像化します。

がん細胞の活動のエネルギーの元はブドウ糖で、がん細胞は正常細胞の何倍もの量のブドウ糖を取り込むため、18F-FDGを注射すると、がん腫瘍にたくさん集まります。こうしてがんの場所と大きさがわかるのです。

国立国際医療研究センター病院のサイトから

悪性度がわかる

PET-CTの画像を見ると、赤く光っている部分があり、主治医が「光ってるね!」と言うことがあります。これはがんの悪性度を見ているのです。

がんの活動が活発であれば、より多くのブドウ糖を取り込みます。注射した18F-FDGも多く取り込まれるために、より強く光るのです。

したがって、早期の胃がん、肺がんなどではがんを検出できないことがあります。

抗癌剤による治療が効いているのに、いつまでたっても病巣が小さくならないということがまれに起こります。これは死んだがん細胞が「かさぶた」のようになって残っていて、CTでは生きたがん細胞か、死んだがん細胞かの判断ができないからです。

PETでは、形だけのがんの抜け殻が残っているのか、それとも本当に活性のあるがん細胞が残ってブドウ糖が使われているかどうかを、18F-FDGが集まるかで正しく診断することが出来ます。(すべてのがんにおいて悪性度がわかるわけではありません)

国立国際医療研究センター病院のサイトから

費用は?

費用は約10~12万円です。

「早期胃がんを除く、すべての悪性腫瘍、悪性リンパ腫:他の画像診断により病期診断、転移、再発診断ができない時」という条件を満たせば、健康保険が使え自己負担額だけ払えば良いことになります。

以下の場合は全額自己負担になります。

  • 悪性腫瘍か良性腫瘍の鑑別のためのPET検査
  • 同じ月に、同じ病名による複数回のPET検査
  • 同じ月に、ガリウムシンチグラフィを受けている方

つまり、悪性腫瘍の診断が確定しており、CT・MRIなどでは再発や転移が確定できない場合に健康保険の適用となります。

被ばく線量はどれくらいか?

私も膵臓がんの転移が疑われたときにPET-CTを受けたことがあります。そのときに検査技師の方にいくつか質問してみました。

1.18F-FDGの半減期は?
110分だそうです。ということは24時間で約8200分の1まで減衰することになります。

$$2^{\frac{24\times 60}{110}}=8192$$

2.投与する放射能のベクレル数は?
約200メガベクレル(MBq)です。

3.被ばく線量は?
PETによるものが約4~5ミリシーベルト(mSv)。CTによる被ばく線量と合わせると、1回の検査における放射線被曝は23–26 ミリシーベルト(mSv)になります(体重70キロの人体の場合)。

将来がんで死亡するリスクはどの程度か?

ICRP(国際放射線防護委員会)によれば、1000mSvの被ばくで、生涯におけるがん死亡リスクが5%上乗せされるとされています。PET-CTによる被ばく線量が25mSvとして、がんによる死亡リスクが0.125%増えることになります。

ですから、被ばく線量をあまり心配する必要はありません。

ですが、検査が終わった直後は結構な量のガンマ線が出ています。病院からは「公共輸送機関では妊婦や幼児のそばに近づかないように」と書かれたパンフレットを渡されることがあります。

どれくらい出ているかは、私は自分で測定したことがあります。

GM管式サーベイメータを取り出し、自分の胸に当ててスイッチオン。「ピィーーー、ガー、ガー」と結構大きな連続音がします。メータを見ると針が振り切れていました。結構な線量でガンマ線が放出されているのが分かります。

電離箱サーベイメーターによる測定値は80~90μSv/h でした。

胸に電離箱サーベイを当てて測定


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 「がん治験情報サービス」が始まります。「がん治験情報サービス」が始まります。 がんサポートを運営する株式会社QLifeでは、がんの治験情報を提供する「がん治験情報サービス」を開始しました。 がん種やステージに合わせて最新の治験情報をご案内 近年 […]
  • 「がん撲滅サミット」に苦言、さて?「がん撲滅サミット」に苦言、さて? 「第54回日本癌治療学会学術集会」が10月20日からパシフィコ横浜で開催されます。22日(土)の市民公開講座「がん撲滅サミット」には、銀座並木通りクリニック 院長 […]
  • 樋口強「いのちの落語」今年は場所が変わります。樋口強「いのちの落語」今年は場所が変わります。 全国のがんの方と家族をご招待いたします。仲間たちと思いっきり笑って、生きる希望と勇気を分かち合いましょう。私たちのいのちにはオリンピックの金メダルよりはるかに重い価値があります。 […]
  • 今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』今日の一冊(127)『緩和ケア医が、がんになって』 緩和ケア医の大橋洋平さんは、ある日大量の下血で胃の上部にジストが見つかります。gist(消化管間質腫瘍)は10万人に1人という希少がんです。 ジストの中でも […]
  • 今日の一冊(126)『がん外科医の本音』今日の一冊(126)『がん外科医の本音』   こんなことを書けば同業の医者からは反発を喰らうのではないか、そういう著者の本音も書いたと述べています。 「医者は自分ががんになったら抗が […]
  • 今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』今日の一冊(125)『急に具合が悪くなる』 乳がんが肝臓に多発転移して、主治医からは「急に具合が悪くなるかもしれない」と言われている哲学者の宮野真生子さんと、文化人類学者である磯野真帆さんの往復書簡です。 磯野真穂さんは […]
  • イカサマ治療にだまされる患者イカサマ治療にだまされる患者 科学的根拠のない似非医療、いかさま治療に騙されて犠牲になる患者が後を絶ちません。 先日の記事『白衣を着た詐欺師』でも書きましたが、イカサマ免疫療法だけでなく、怪しげ […]
  • 当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院当日でも、CT検査ができて結果も分かる医院 CT検査の予約が取れない 膵臓がんの疑いがあると言われ、大きな病院で検査を受けようとしても、造影CTの予約は2週間先、結果が出るのはさらに2週間から1ヶ月先と言われることが多い […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です