スポンサーリンク

1cm未満の微小な膵臓がんを検出:放医研

LINEで送る
Pocket

発見時には手術ができないことが多い

膵臓がんは、見つかった時点ではすでに手術ができない状態になっていることが多い。膵臓が厚さ2cmほどの臓器なので、転移や浸潤がしやすい。

膵臓がんが1cm未満で見つかれば、助かる患者が増えるに違いない。

しかし、造影CT検査では、1cm以下の腫瘍を見つけることはむずかしかった。

3mmの腫瘍を見つけることに成功

放医研が、64Cu-セツキシマブを腹腔投与し、OpenPETで撮像したマウス膵臓内の3mm大の早期膵がん、微小早期膵がんを画像化したといいう。

がん細胞の表面に高密度に存在する上皮成長因子受容体(EGFR)に選択的に結合するセツキシマブにCu-64を加えたPET医薬品を使って微小な膵臓がんを検出することに成功した。

難治性として知られる膵がんを1cm未満の早期に診断し、適切な治療計画の策定の実現につながる技術となることが期待される。

銅(Cu)の放射性同位体Cu-64は陽電子を放出する。陽電子と電子が合体してガンマ線を放出する。それを検出することで、大きさと位置がわかる。

放射性治療薬 Cu-64 ATSMも臨床試験が

これと似た放射線治療薬Cu-64ATSMの医師主導の臨床試験も悪性脳腫瘍で始まっている。これは、CU-64から放出されるオージェ電子ががん細胞のDNAを損傷することを利用する。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 中川恵一 × 近藤誠 (3)中川恵一 × 近藤誠 (3) 内部被ばくについては、中川氏も近藤氏も考え方は大同小異で、ほとんど違いがない。二人とも内部被ばくの影響を過小評価している。 中川氏は、 […]
  • 「がんワクチン」は”夢の治療薬”ではない「がんワクチン」は”夢の治療薬”ではない 昨夜のNHKスペシャル「がんワクチン~”夢の治療薬”への格闘」、多くの方が観たようですね。関係のない、久留米大のがんワクチン事務局のホームページへのアクセスも急増したといいます。 […]
  • 今日の一冊(98)『病気の9割は歩くだけで治る!2』今日の一冊(98)『病気の9割は歩くだけで治る!2』 長尾和宏さんの同じタイトルの本、続編です。 9割の中に「がん」は入っているのでしょうか。入っています。 「転移が見つかりました」「ステージ4です」と言われれば、真 […]
  • NTRK融合遺伝子保有の膵癌に新しい薬が認可NTRK融合遺伝子保有の膵癌に新しい薬が認可 2021年1月29日、厚生労働省薬事・食品衛生審議会医薬品第二部は、新薬3製品の承認の審議を行い、承認を了承しました。 その中には、NTRK融合遺伝子陽性の固形が […]
  • 筋肉トレーニングでがんの死亡率が31%減少 週に2回以上の筋肉トレーニング シドニー大学の研究グループの発表では、週に2回以上の筋力トレーニングを行っている方は、していない方に比べて、全ての死因における死亡リスクが2 […]
  • 低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相試験で証明低用量ゲムシタビンの非劣性を第Ⅲ相試験で証明 Medical […]
  • 免疫細胞療法で寿命が縮まることがある?免疫細胞療法で寿命が縮まることがある? 治らないがんを宿したがん患者が、一縷の希望を求めて免疫細胞療法に走ることを否定はしません。そうした患者がデータに基づいて正しく選択するためにも、データを公開して臨床試験を行うべき […]
  • 『新しいチェロ奏法』 インフルエンザもやっと治った気がする。下痢で4日間で体重が3キログラム減になった。62キロから59キロ。これがダイエットなら大成功なんでしょうが。 チェロ弦を替えました。ゴフリラ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です