1cm未満の微小な膵臓がんを検出:放医研

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

発見時には手術ができないことが多い

膵臓がんは、見つかった時点ではすでに手術ができない状態になっていることが多い。膵臓が厚さ2cmほどの臓器なので、転移や浸潤がしやすい。

膵臓がんが1cm未満で見つかれば、助かる患者が増えるに違いない。

しかし、造影CT検査では、1cm以下の腫瘍を見つけることはむずかしかった。

3mmの腫瘍を見つけることに成功

放医研が、64Cu-セツキシマブを腹腔投与し、OpenPETで撮像したマウス膵臓内の3mm大の早期膵がん、微小早期膵がんを画像化したといいう。

がん細胞の表面に高密度に存在する上皮成長因子受容体(EGFR)に選択的に結合するセツキシマブにCu-64を加えたPET医薬品を使って微小な膵臓がんを検出することに成功した。

難治性として知られる膵がんを1cm未満の早期に診断し、適切な治療計画の策定の実現につながる技術となることが期待される。

銅(Cu)の放射性同位体Cu-64は陽電子を放出する。陽電子と電子が合体してガンマ線を放出する。それを検出することで、大きさと位置がわかる。

放射性治療薬 Cu-64 ATSMも臨床試験が

これと似た放射線治療薬Cu-64ATSMの医師主導の臨床試験も悪性脳腫瘍で始まっている。これは、CU-64から放出されるオージェ電子ががん細胞のDNAを損傷することを利用する。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 土屋医師の本音 明日は三春の滝桜を観に行く予定だが、大雪。開花も遅れている様子。どうなることやら。 前国立がんセンター病院長の土屋了介医師が書いた本。 がん治療を受ける前に知っておきたい55のこ […]
  • チェロ弓チェロ弓 これまで使っていたチェロの弓(カーボン)はサイレントチェロを買ったときの付属品だ が、最近はその弓の音に満足できなくなってきました。つまり少しはチェロの音が分かるようになったとい […]
  • YouTubeデビューしました。YouTubeデビューしました。 カメラは何台も持っていても、スチール写真ばかりで、動画は撮ったことがない。YouTubeの動画も殆ど見たことのない私ですが、執拗に勧める方がいて試しにチャレンジしてみました。 お […]
  • がんの臨界点で奇跡が起きるがんの臨界点で奇跡が起きる 先日の「膵臓がん患者と家族の集い」に参加された中に、複雑系の研究をされているという方がいました。このブログで過去に何度か複雑系とがんの関係について書いていますが、それを見てくださ […]
  • ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】 現代ビジネスに『ガン治療の名医100人【部位別完全リスト】?この人でダメなら仕方ない』の企画が載っています。 ま、この手の企画の信憑性はイマイチだとは思いますが、やはり気にな […]
  • 抗がん剤の副作用ー気絶しそうで抗がん剤の副作用ー気絶しそうで 胃液しか出てこないのに、何度も嘔吐を繰り返している。無理に嘔吐をするから頭が真っ白になる。周囲の風景がぼやけて見える。鼻水もでる。 […]
  • がん患者に金を使うのは・・・がん患者に金を使うのは・・・ […]
  • 渋峠と栂池高原、日帰り撮影旅行渋峠と栂池高原、日帰り撮影旅行 渋峠には午前4時半頃に到着。あいかわらずの人気スポットで、既に路肩一杯に車が止まっていました。なんとか撮影ポイントを確保して三脚をセットし、夜明けまで社内で休憩。満天の星がきれい […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です