スポンサーリンク

1cm未満の微小な膵臓がんを検出:放医研

発見時には手術ができないことが多い

膵臓がんは、見つかった時点ではすでに手術ができない状態になっていることが多い。膵臓が厚さ2cmほどの臓器なので、転移や浸潤がしやすい。

膵臓がんが1cm未満で見つかれば、助かる患者が増えるに違いない。

しかし、造影CT検査では、1cm以下の腫瘍を見つけることはむずかしかった。

3mmの腫瘍を見つけることに成功

放医研が、64Cu-セツキシマブを腹腔投与し、OpenPETで撮像したマウス膵臓内の3mm大の早期膵がん、微小早期膵がんを画像化したといいう。

がん細胞の表面に高密度に存在する上皮成長因子受容体(EGFR)に選択的に結合するセツキシマブにCu-64を加えたPET医薬品を使って微小な膵臓がんを検出することに成功した。

難治性として知られる膵がんを1cm未満の早期に診断し、適切な治療計画の策定の実現につながる技術となることが期待される。

銅(Cu)の放射性同位体Cu-64は陽電子を放出する。陽電子と電子が合体してガンマ線を放出する。それを検出することで、大きさと位置がわかる。

放射性治療薬 Cu-64 ATSMも臨床試験が

これと似た放射線治療薬Cu-64ATSMの医師主導の臨床試験も悪性脳腫瘍で始まっている。これは、CU-64から放出されるオージェ電子ががん細胞のDNAを損傷することを利用する。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 安楽死か尊厳死か安楽死か尊厳死か 今日から出張で倉敷です。タクシーの運転手さん曰く。「アベノミクスの恩恵などタクシー運転手には無関係ですわ。株を持っているわけでもない庶民には世知辛い世の中ですねぇ」 アメリカの2 […]
  • 星峠の棚田星峠の棚田 14日に新潟・松代の星峠に行ってきました。運良く朝霧が出て、幻想的な雲海を見ることができました。まだ写真の整理ができていませんが、とりあえず星峠の3枚だけ。 家族全員が風邪 […]
  • 盂蘭盆会―墓参り盂蘭盆会―墓参り 7月15日の盂蘭盆会を前に、ぱらぱらと雨の落ちてくるなか、今日は浅草の菩提寺で墓参りです。 第17代 […]
  • 地中海食はがんの進行を抑制する地中海食はがんの進行を抑制する 地中海食とは 世界無形文化遺産としても登録されている地中海食(地中海料理)は、がんにも効果があるのではないかと言われてきました。 地中海食は、地中海食ピラミ […]
  • すい臓癌の新しいエビデンスと治療薬すい臓癌の新しいエビデンスと治療薬 今年のASCO(米国臨床腫瘍学会)で、「すい臓癌の手術後の再発を抑える本格的な薬」として、こんな記事が配信されている。【米国臨床腫瘍学会“ASCO”2008】 すい臓がんの手術後 […]
  • がん告知後 1週間内、自殺による死亡リスクが12.6倍 アピタルに坪野吉孝氏の『「がん」と診断、自殺や心血管疾患のリスク高まる』との記事が載っています。スウェーデンでの調査ですが、がんと診断されたグループは、「自殺により死亡するリスク […]
  • 新型コロナ禍で高齢者にフレイル対策新型コロナ禍で高齢者にフレイル対策 フレイルが高齢者を重症化する 日本老年医学会が『「新型コロナウイルス感染症」 […]
  • 光免疫療法、先駆け指定に光免疫療法、先駆け指定に 「先駆け審査指定制度」は、対象疾患の重篤性など、一定の要件を満たす画期的な新薬などについて、開発の早期段階から対象品目に指定し、薬事承認に関する相談・審査で優先的な取扱いをするこ […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です