スポンサーリンク

「がん免疫治療薬」が効く人、効かない人を予測

ヨミドクターの記事ですけども、この内容の国立がん研究センターの発表は昨年の9月ですよね。既に承知の方も多いとは思いますが、読売新聞に掲載されたということで改めて紹介しておきます。

「オプジーボ」をはじめとしたがん免疫治療薬が効きやすい患者を事前に予測する研究が進んでいます。国立がん研究センター(東京)などの研究チームは、予測に活用できる指標を見つけました。実用化に向けた診断キットの開発が期待されています。

「T細胞」のうち、異物を攻撃する「キラーT細胞」と、攻撃を抑える「制御性T細胞」のそれぞれのPD―1と呼ばれる分子の割合が鍵を握ることが分かりました。PD―1がキラーT細胞に多く、制御性T細胞に少なければ薬が効くものの、PD―1がキラーT細胞に少なく、制御性T細胞に多いと効きませんでした。

ヨミドクター 「オプジーボなど「がん免疫治療薬」が効く人、効かない人を予測…診断キット開発に期待」より

記事の元となった国立がん研究センターのプレスリリースはこちらです。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • サンデー毎日ー丸山ワクチン特集2サンデー毎日ー丸山ワクチン特集2 サンデー毎日の特集、今回は「丸山ワクチンの秘密」。 週刊誌の影響は大きいですね。日本医科大学の電話は繋がりづらい状態が続いているようです。 膵臓がん患者の交流サイト「 […]
  • GO TO HOSPITALGO TO HOSPITAL GO TOトラベルならぬ、GO TO […]
  • 「クローズアップ現代」みました。「クローズアップ現代」みました。 「クローズアップ現代」の『実現するか "夢"のがんワクチン』を見ました。パンキャンジャパンが出てくるのかと思っていたら、アメリカのパンキャン本部、それにジョン […]
  • 行者蕎麦「梅庵」と奈良井宿行者蕎麦「梅庵」と奈良井宿 高遠は高遠蕎麦で有名だが、天保年間、高遠城の殿様(保科正之)は、辛くて、甘いまろ味がある大根と焼味噌で作る"からつゆ"で食す「行者そば」が大好物だった。その行者そばを食ってみよう […]
  • 臨床試験のデータ捏造疑惑とEBMの危機臨床試験のデータ捏造疑惑とEBMの危機 京都府立医大の松原弘明教授による臨床試験のデータねつ造疑惑が話題になっている。毎日新聞「バルサルタン:京都府立医大の効果に関する論文3本撤回」。朝日新聞デジタ […]
  • タルセバは膵癌に承認すべきだったのか?タルセバは膵癌に承認すべきだったのか? 中外製薬によるタルセバの説明会が7月8日にあったようです。高橋洋一郎統括マネジャーがタルセバの適正使用について講演し、「国内フェーズ2試験では重大な副作用の間質性肺炎の発現率が8 […]
  • インスリンとインフルエンザインスリンとインフルエンザ どうやら何年ぶりかでインフルエンザに罹ったようです。息子がB型と診断されて会社を休んでいるのですが、それを移されたのかもしれない。 37.3度の微熱と関節の痛み、咳とたん。 […]
  • 医療が目指すのは延命だけ?医療が目指すのは延命だけ?   川崎市立井田病院かわさき総合ケアセンター腫瘍内科医の西智弘先生が新刊を出されます。そのなかから、幼い子どもを抱え、ある日突然、膵臓がんと診断されたタムラさんの […]

コメントを残す