新谷弘実って楽天市場でも稼いでたんだ!


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

がんに効果があると、コーヒー浣腸を薦める医師が何人かいますね。ゲルソンが最初にがんに効果があると言ったのですが、済陽高穂、新谷弘実などがいます。新谷弘実医師、最近あまり目にしなくなったと思っていたら、『酵素の力で・・・』と、腸脳を20歳若返らせることに熱心みたいです。

「新谷酵素セレクト」というWebを立ち上げて、酵素の販売に力を入れている様子。楽天市場にも店を出して手広くなっているようです。

お客様各位                     新谷酵素セレクト
カフェコロンの販売中止について

日頃より新谷酵素セレクトをご愛顧賜り誠にありがとうございます。
「カフェコロン」につきましてはメーカー(ディーセントワーク)の販売方法などの問題がございましたため、当面は販売を見合わせたいと存じます。
皆様には多大なるご迷惑をお掛けし誠に申し訳ございませんが
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

との告示が載っていますが、それはこのニュースが元になっています。要するに犯罪の片棒を担いで稼いでいたけど、仕入れ先が逮捕されたから販売を自粛しています(続ければ新谷医師も逮捕されるよね)ということ。

「肌改善」うたい“コーヒー浣腸”を販売 元社長ら3人逮捕 警視庁

 「腸内洗浄で肌改善」などとうたった無許可の医薬品「カフェコロン」を販売したなどとして、警視庁生活環境課は、旧薬事法違反(広告、販売、貯蔵)容疑で、東京都中央区の医薬品販売「ディーセントワーク」元社長、吉沢三代子容疑者(70)ら女3人を逮捕した。同課によると吉沢容疑者は大筋で容疑を認め、ほかの2人は一部否認している。
 同課によると、カフェコロンの主な原料はコーヒー豆。専用器具で肛門から注入して使うことから“コーヒー浣腸”として知られるが医学的な根拠はなく、腸を傷つける危険性があるという。同課の聴取に対し「腸がむくんで自主排便できなくなった」など健康被害を訴えた顧客もいた。
 カフェコロンは平成14年から販売開始。押収したパソコンの記録から、少なくとも昨年8月までの約4年8カ月間で、16億円の不正な売り上げがあったとみられる。
 逮捕容疑は昨年8~10月、福岡県の女性ら5人に未承認医薬品の洗浄液30本付きの腸内洗浄セットを、5セット(4万7520円)販売したなどとしている。

がん患者でもコーヒー浣腸をやっているか違いますがね。川島なお美さんもやってたとか。効果があるはずないでしょ。カフェインを胃を経ずに直接腸に注入しても安全かどうか不明。

コーヒー浣腸による電解質異常は重篤ならば死に至ることが知られている。

新谷さん、他にも還元水、還元力を持つ塩、ほんと、脱力しますわ(^_^;)


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 今日の一冊(67)『副作用のない抗がん剤の誕生』   タイトルからトンデモ本ではないかと、スルーしていたが、機会があったので読んでみた。著者の奥野修司氏は『看取り先生の遺言』を上梓しており、ブログでも紹介したことが […]
  • オプジーボ難民オプジーボ難民 免疫チェックポイント阻害剤「オプジーボ」が非小細胞肺がんに対して使えるようになりました。それ自体は喜ばしいことなんですが、あまりにも高い薬価で、肺がん患者の85%を占める非小細胞 […]
  • 今日の一冊(52)『軽やかに余命を生きる』今日の一冊(52)『軽やかに余命を生きる』   膵臓がんでも自分らしく生きる 医者で僧侶で末期膵臓がん患者である田中雅博さんの4冊目の本。 こちらの記事「医師で僧侶で末期膵臓がんの田中さん」や「今日の一冊 […]
  • 遺伝子検査の問題点遺伝子検査の問題点 美人林にて 最近の週刊誌、特に女性週刊誌ではアンジェリーナ・ジョリーの予防的乳房切除の記事で賑わっています。個別化医療の名で、乳がんに限らず、癌一般に遺伝子(DNA)検査が行な […]
  • ロハス・メディカルの「患者・家族との意見交換会・傍聴記」ロハス・メディカルの「患者・家族との意見交換会・傍聴記」 ロハス・メディカルの「国立がん研究センター 患者・家族との意見交換会 傍聴記」がおもしろい。 「がん対策推進基本計画」の記載に基づき厚生労働、文部科学、経済産業の 3 […]
  • つるりん和尚と川村妙慶尼 12月19日の東京新聞の特報欄に『福島「つるりん和尚」の決断 地域汚染土 預かろ』との記事が載っていました。それ以後、つるりん和尚さんは取材攻勢に責められているようです。 福島県 […]
  • 余命宣告を受けながら放射能と闘う医師 福島県南相馬市にある原町中央産婦人科医院の高橋亨平先生を描いたドキュメンタリーが、2012年5月30日(水)深夜26時20分~27時15分(福島テレビ・フジテレビ系)で放映されま […]
  • 未熟の晩鐘未熟の晩鐘 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です