ペプチドワクチン講習会 市民のためのがん治療の会

スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

市民のためのがん治療の会」のことは、このブログでもたびたび取り上げています。福島原発事故以来、北海道がんセンターの西尾院長の活躍もこのサイトでご存じのことかと思います。

この会が、「膵がんに朗報、チャレンジするペプチドワクチン療法」と題して、千葉徳州会病院副院長 浅原新吾先生ほかの講演を開催します。千葉徳州会病院ががんペプチドワクチンの臨床試験を積極的に行なっていることも、このブログでは紹介してきた通りです。更に西尾正道先生の話も聞くことができる。膵臓がん患者としてはこれを見逃す手はありませんね。申込みなしの先着順です。


平成24年第1回「市民のためのがん治療の会」講演会
『がん医療への新たな挑戦』 開催のお知らせ

平成24年2月18日(土)13:30~16:30
            船橋グランドホテルB1芙蓉(千葉県船橋市)

「いつでも、どこでも、だれでもが、安心して最善の医療を受けられる地域社会」を目指し、救急搬送件数は船橋市内で最多の病院の千葉徳洲会病院は、「24時間365日いつでも診てもらえる徳洲会病院」として船橋市及び周辺地域に定着しております。その千葉徳洲会病院が、今や国民病ともいえるがん治療に果敢に対応すべく大きく発展しようとしています。既に第4のがん治療としてもっとも期待されるペプチドワクチン療法の膵臓がんについての臨床研究を続けており、患者にとっては大いに期待されるところです。今回は新しい千葉徳洲会病院の構想、ペプチドワクチン療法の臨床研究などのお話しに加え、がん医療の全体像を浮き彫りにする北海道がんセンターの西尾院長のお話しです。

日 時 平成24年2月18日(土)  13:30~16:30
内 容
               
13:00~ 受付開始
13:30~13:40 開会挨拶
  市民のためのがん治療の会代表 會田  昭一郎
13:40~14:00 「がん診療機能を充実した、新、千葉徳洲会病院について」
  千葉徳洲会病院 院長 高森 繁
14:00~14:50   「膵がんに朗報、チャレンジするペプチドワクチン療法」
  千葉徳洲会病院 副院長 浅原新吾
14:50~15:00 休 憩(10分間)
15:00~16:20 「がんの時代をどう生きる」
  北海道がんセンター 院長 西尾 正道
         (市民のためのがん治療の会代表協力医)
16:20~16:30 質疑
16:30 閉会挨拶

(都合により,日程,講師等に変更のある場合もございますのでお含みおき下さい。)
            

会 場 船橋グランドホテルB1芙蓉(JR船橋駅北口徒歩3分)
〒273-0005 千葉県船橋市本町7丁目11番  047-425-1121(大代表)
      
  アクセス方法は  船橋グランドホテル のホームページでご確認下さい  
 
参加費
                  資料代
無料
定員 100名
定員になり次第締め切らせていただきすのでご参加いただけない場合はご容赦下さい。
(参加申し込みは不要です、当日直接会場にお出でください。)
お問い
合わせ
「市民のためのがん治療の会」

會田方FAX 042-572-2564    メールでのお問合わせはこちら
ご来場は公共交通機関をご利用ください。

おからだのご不自由な方、ご体調のすぐれない方など車をご利用の方は、
事前にお問い合わせ先までご一報下さい。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です