スポンサーリンク

『膵がん診療ガイドライン2019の解説』がPDFでダウンロード可能に

日本膵臓学会のサイトに新しく『膵癌診療ガイドライン2019の解説』がPDFファイルでアップされています。

がん治療においては、患者さんもある程度の基礎的な知識や情報を身につけることが絶対に必要です。なぜならば主治医は多忙であり癌についての基礎的な知識まで短い診察時間に教えている暇はないからです。

「この患者は勉強しているな」と感じた主治医は、より大切な情報をを分かりやすく説明してくれるようになるでしょう。また患者が勉強した上で的確な質問をすれば、それに対して主治医としては真剣に答えてくれるに違いありません。

「先生に全てお任せします」という患者も、ある意味では主治医としてはやりやすいのかもしれませんが、治療の主体は患者ですからね。自分がどのような治療をしたいのか、人生において何を大切にしたいのか。そうしたことも含めて主治医と円滑なコミュニケーションがとれるかどうか、それによって治療の効果も違ってくるはずです。

膵がん診療ガイドライン2019の解説

2020年6月に出版された「解説」が書籍として Amazon などでは購入することができましたが、1年経ってPDF 化されて無料で読めるようになりました。膵臓がん患者にとってはありがたいことです。

『膵癌診療ガイドライン2019』 では、どうしても敷居が高いと言うか、専門用語が難しくて読み進められないという方も多いのではないでしょうか。そういう方にも是非この「解説」を読んでいただき、主治医とのやり取りの際に参考にすることを願っています。

これで医療者向けの『膵癌診療ガイドライン2019』と患者向けの『膵がん診療ガイドライン2019の解説』がともにPDF化されて自由にダウンロードできるようになりました。

関連ガイドラインも含めて、こちらからダウンロードできます。⇓

膵癌診療ガイドライン2019 
 一部改訂有り(2019/10/29) 下の2項を参照

  *膵癌診療ガイドライン2019 P176~179 RA1改訂

  *膵癌診療ガイドライン2019 P93治療アルゴリズム改訂

 一部改訂部分有り(2020/5/14) 下の3項を参照

  *膵癌診療ガイドライン2019 P227 CQ LC2(MC2) 改訂 
   ・ステートメント5を追加
   ・MM-398を一般名(イリノテカン塩酸塩水和物 リポソーム製剤)に変更

  *膵癌診療ガイドライン2019 P240 CQ MC(LC2) 改訂 同上

  *膵癌診療ガイドライン2019 P94 膵癌化学療法のアルゴリズム 二次化学療法の改訂

膵がん診療ガイドライン2019の解説

本書は、医療者向けのガイドラインに記載されている指針を、患者さんやご家族ならびに市民の方々が理解し、より好ましい医療の選択に役立つことを目指して、それぞれの専門家がわかりやすい文章に書き直し、図表をできるだけ用いて解説するように心がけました。

そして今回の解説書においてなによりも特筆すべきことは、患者さんやご家族自身が本書の作成に参画され、すべての原稿を患者さんや市民の目線で書き直しをしてくださっている点です。これまで以上に、患者さんたちに理解しやすい解説書となっているとは思いますが、病気のことをさらに詳しく知りたいとお考えの方は、医療者向けの診療ガイドラインもご参考になさっていただければ幸いです。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がん 闘病記(完治)へ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 三島と修善寺で一泊旅行(1)三島と修善寺で一泊旅行(1) 8、9日と夫婦と娘三人で伊豆への一泊旅行でした。 ゆっくり出発したら東名が渋滞しているので、横浜経由で横浜町田ICまで。昼食の蕎麦や「砂場」をめざします。大きな渋滞もなく […]
  • what3wordsを使ってみた。これって広まるね。what3wordsを使ってみた。これって広まるね。 この3ワードアドレスがご指定の3メートル四方の位置を表します。こちらのリンクをクリックするか、この3ワードをwhat3words […]
  • 春が来た!春が来た! 暖かくなり、靖国神社の標本木もそろそろ開花するのでしょう。予報では21日となっているようで、今年は暖冬のために開花が遅れるのだとか。 ある程度の寒さと暖かさがないと、蕾が眼 […]
  • 牛の真似をしても、がんは治らない牛の真似をしても、がんは治らない ニンジンジュース療法 ゲルソン療法やその亜流である日本人医師による「がんのニンジンジュース療法」があります。街の本屋に行けば、その手の本が並んでいて、がんを告げられた患者が […]
  • がんと炎症(CRP値)がんと炎症(CRP値) がん患者が血液検査をすると、CRPが高くなることがあります。 「C反応性蛋白(CRP)」は、細胞組織に傷がついたり、臓器や粘膜が炎症したときに、体が防衛反応として発 […]
  • 植松稔先生「私は戦争に反対です。」植松稔先生「私は戦争に反対です。」 平和とは 太陽の下 […]
  • 複雑系には統計もエビデンスも役にたちません。複雑系には統計もエビデンスも役にたちません。 がんは複雑系だから、初期値のちょっとした違いで結果は全く違ってくる。バタフライ効果と言われるように、北京で蝶が羽ばたくとニューヨークで嵐が起きることもある。明日の天気予報は概ね当 […]
  • 湯布院の朝霧を撮ったわけ、撮れたわけ湯布院の朝霧を撮ったわけ、撮れたわけ 泊まったのは、写真の合掌造り(鉄筋ですが)のホテル「ゆふいん 七色の風」でした。4時頃に目が覚めて外を見ると霧が出ている! […]

コメントを残す