スポンサーリンク

NICE アブラキサンの保険承認を拒否

LINEで送る
Pocket

イギリスの政府機関NICE(国立医療技術評価機構)が、転移性膵がんにアブラキサンを保険承認することを拒否した。

NICE rejects pancreatic cancer regimen over cost concerns

ジェムザールにアブラキサンを上乗せした場合に、ジェムザール単独に比べてわずか2ヶ月の延命効果しかないことで、費用対効果が低すぎるというのが拒否の理由である。

NICEはこれまでにも「医学的効果(患者にとっての最適選択)」と「経済的コスト」の両面から評価を下している。近年の抗がん剤の分野での分子標的薬の登場によって、治療費用が著しく高騰するようになった。野放しにすれば保険財政が破綻するだろう。もちろん日本でも同様だ。

長生きするのは善なのか?』で書いたように、アブラキサン(nab-パクリタキセル)とパクリタキセルの比較試験は世界のどこでも行われたことがなく、効果に違いがあるのかさえも不明である。つまり製薬企業はより高価な薬剤だけを供給したがっているように見える。

ひとりの患者にとってアブラキサンを選択することは最適解であったとしても、多数の患者が最適解を選択することで、国家としての保険制度が維持できないとすれば、将来の患者にとっては不幸である。製薬企業の横暴を抑制するという点では評価できる決定とも言える。

一方で、今回のNICEの決定に対して、英国の膵臓がん患者団体 Pancreatic Cancer Action (PAC) は反対している。膵臓がん患者にとっては、耐性ができた後の抗がん剤の選択肢が減ることは、命を削られることに等しいからだ。

難しい問題だ。月100万円の薬剤費がかかる患者が、今後急激に増えていくことも、また困ったことに違いない。城山三郎だったか、はっきりとした記憶ではないが、膵臓がんで亡くなる前に、抗がん剤治療費の高さに「私の命なんぞにこんな高価な薬を使うことは勿体ない」と言って治療を拒否しようとしたとか。その気持ちもよく分かる。

もっと議論が起きても良い問題だと思うのだが。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • エビデンスだけでがん治療ができるのか?(9)エビデンスだけでがん治療ができるのか?(9) 著名な腫瘍内科医が「エビデンス(科学的な根拠)のない治療を患者に行うことは倫理に反する。ニュルンベルク綱領やヘルシンキ宣言に反する人体実験だ」などと述べています。確かに巷の一部の […]
  • 今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士今日の一冊(123)『山中静夫氏の尊厳死』南木佳士 人間が死んでいくことの意味、最期まで生き抜くってどういうことなのか、その意味を問うているのです。 「私にはやっておきたいことがあるのです」という山中さんは、毎日外出許可をも […]
  • 誰でもがんのサバイバーになれる誰でもがんのサバイバーになれる 誰でもがんのサバイバーになれます。末期の膵臓がんで余命が数週間であったとしてもです。統計的には5年生存率がゼロパーセントであったとしても、統計にしたがって死んでいくことは […]
  • おかしなことばかりおかしなことばかり 理解できないことばかりで、頭が混乱しそうだ。ひとつには消費税。社会保障費が自然増だから消費税を増税するという。しかし、消費税を導入するときにも同じような言い訳だった。結果は消費税 […]
  • ウイルス療法の第3相試験に中止勧告ウイルス療法の第3相試験に中止勧告 腫瘍が縮小=延命効果がある、とはならないのががん治療の世界です。 (T-VEC)も、無増悪生存期間(PFS)については統計学的有意差はなく(従って、全生存期間(OS)の延長 […]
  • サプリメントは本当に効果はないのか?サプリメントは本当に効果はないのか? 20日に、BLOGOSにサステナブル(持続可能性)ビジネス専門家、田中めぐみ氏の『「サプリメントは効果なし」米医学誌がばっさり』との記事が載りました。(著者サイトはこちら) […]
  • 今日の一冊(147)『がんと外科医』阪本良弘今日の一冊(147)『がんと外科医』阪本良弘 がんの手術の中でも一番難しいといわれる膵臓がんの手術。そのような肝胆膵がん治療の最前線にいる杏林大学附属病院 […]
  • 永平寺が反原発シンポジウムを開催永平寺が反原発シンポジウムを開催 道元が開山した曹洞宗大本山永平寺が、原発問題を考えるシンポジウム「いのちを慈しむ~原発を選ばないという生き方~」を開催すると報じられています。脱原発に対する議論が巻き起こる中、曹 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です