スポンサーリンク

抗がん剤を止めたらCEAが1/10に

LINEで送る
Pocket

ステージⅣや術後の再発転移したとき、その後の治療をどうするかと考えたことがある。術後2~3年目の頃だっただろうか。「治療はしない」がその当時の私の結論だったし、今でもそのつもりでいる。抗がん剤によるわずかの延命効果と副作用、生活の質(QOL)の低下を天秤にかけて、自分の人生観・生命観・価値観をじっくりと考慮した上で「治療はしない」という選択をすることは、近藤誠氏の言う「放置療法」とは違うものである。

抗がん剤の数ヶ月の延命効果が貴重だという患者も、もちろん居るだろう。あるいは宝くじに当たるような確率で腫瘍が消失することを期待する患者もいるかもしれない。そして目一杯抗がん剤を投与するのなら、それはそれで良い。患者が主体手買いに判断して選択すれば良いだけのことだ。がん治療に唯一絶対の正解などは存在しない。正解の存在しない問題を、患者は自己責任で解けというのがインフォームドコンセントなのだろう。

長尾和宏医師がブログの記事『3ケ月で腫瘍マーカーが10分の1に』に注目したい。肺がんのステージⅣの患者さんで、抗がん剤治療を拒否して補中益気湯という漢方薬だけの治療を3ヶ月続けたら、腫瘍マーカーCEAが10分の1にまで下がったという経験を書いている。

漢方薬の効果だけではないだろう。むしろ長尾医師も書かれているように、治療をしないという自分の望み通りの考えをサポートしてくれる医師に巡り会い、「精神腫瘍免疫学(PNI)」でいうところの、心の平穏を得ることができたこと。好きな野菜作りに人生の意義を見出し、楽しく生きていることでがん細胞がおとなしくなっているのではないだろうか。

がんの宣告と抗がん剤治療の勧めで、初診時は疲れ果てていました。しかし私の一言でとっても安心され、普段はがん患者であることも忘れて感謝して楽しみながら生活している、と笑って言われました。

そう、がんであることすら忘れるほど人生を楽しめば良いのだ。1日に8時間もがんのことを考え続けていたら、疲れるだろう。時間はどんどん経っていくのに、がんのことだけを考えるなんて、勿体ないじゃないか。馬鹿馬鹿しいじゃないか。

私もそう考えていつのまにか再発もせずに8年になろうとする。治るかどうかは成り行きなんだから、それに振り回されるのはすでに「癌に負けている」ことになりはしないか。

「そうか、だったら私も治療を止めて野菜作りに励めば、がん細胞がおとなしくなるだろう。一丁やってみるか」と考えたあなた。それは考え方が逆。そう考えた時点で、あなたは事の本質を取り逃している。治るかどうかは「成り行き」だと言ったでしょ。成り行きとはコントロールできないということ。それをなんとかしようとしあた時点で、すでに取り逃しているのです。

さあ、明日は満開の桜見物だ。行き先は? 次回の記事のお楽しみということで。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


このブログの関連記事

LINEで送る
Pocket

抗がん剤を止めたらCEAが1/10に” に対して4件のコメントがあります。

  1. ババリーナふじこ より:

    師匠! お願いがあるんですけど・・・ 
    実は私、どういうわけか『ブログ見知り』で、このブログにしかコメントしたことがない、というか、できないのです。(人見知りはしない方なんですけどね~。多少偏屈で人間嫌いではありますが) で、私もこの場をお借りしたいので、よろしくお願い致します。 
    金魚さ~ん! その後、漢方Dr.探しは進んでいますか? 『釈迦に説法』かも知れませんが、漢方薬って『証』をきちんと合わせるのが難しいですよね。三好先生は、漢方に特に強いわけではないようです(以前、参考のため、中国に視察に行かれたことはあるそうですが) また、私が持っている情報としては、以前一年程(副作用が出る前から体調を整えようと)お世話になっていた渡邊賀子先生が院長(最近、名誉院長に)をされている麻布ミューズクリニックくらいです。が、やはり、癌治療そのものや補完療法について熟知している方が理想ですよね。今津先生のブログ拝見しましたが、良さそうな方に思えますね。
    余談ですが『休眠療法と漢方』って、似ていると思うんです。一人一人に対するきめ細やかさが必要なところや、「少量でも効くときは効く(賀子先生談)」ところとか。
    とにかく、良いDr.に出会えますように。金魚さんのお住まい近くで、隠れた(?)名医を発見できれば一番いいのでしょうが・・・

  2. 金魚 より:

    キノシタ さま
    お蕎麦も美味しそうですね、。
    当地は、山が近いので温泉は30分以内に10軒以上、銭湯まで源泉かけ流しです。
    蕎麦屋も美味しいところが多いです。
    田舎ですが、住むには良いところなんです。
    サイコオンコロジー、まじめにやっている方も多いですが、私は普通の看護師が知っていることに有用性を見出していました。
    早めに仕事を終えて、忙しそうな気配無しで、ベッドサイドに座ることが大切だと思っていましたから。
    関係無い話でも、語りは癒しにつながるように思います。

  3. キノシタ より:

    金魚さん。
    桜、行ってきました。蕎麦も温泉も最高でした。サイコオンコロジーを学ばれたんですか。現場にはなかなか浸透しない、のは精神の問題を統計的に扱ってエビデンスにするまでが困難なためでしょうね。数字になりにくい。
    エビデンスに乏しい医療はたくさんやられているのに、ガンの領域で「エビデンスのない治療は人体実験だ」などという腫瘍内科医がいるようでは、残念ながらサイコオンコロジーなんて広まらないでしょうね。
    「エビデンスに殺される」も言いすぎではない気がします。

  4. 金魚 より:

    キノシタ さま
    桜早いですね。。。
    入院友達・・・と申しましても、一回り以上年上の方ですが、あと2週ほどしたら、花見に来ると連絡がありました。
    田舎の私の地元は桜の名所です。
    そして、長尾医師のお話、感慨深く拝読いたしました。
    以前、がん専門看護師制度が発足する直前まで、私はサイコオンコロジーの勉強をしていましたので。
    とても奥の深い学問なのですが、中々現場には浸透しないですね。
    まだまだ腫瘍内科も不足ですしね。
    自身は、当時の知識がとても役立っている気がします。
    桜、明日お楽しみくださいね。
                                       金魚

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です