ためしてガッテン:膵臓がん

スポンサーリンク
Pocket
LINEで送る

今夜の『ためしてガッテン』『早く!すい臓がん発見 自己判定ガイド初公開』の

血液中の○○!
「健康な人」ほど気づきやすい!

○○は「血糖値」でした。それ以外にはないと予想はしていましたが。

20150520_20_27_01

このブログの初期『血糖値が下がらない』に書いたとおり、私も血糖値の急上昇がきっかけで膵臓がんが見つかったのです。喉が渇く、足がつる、体重が急に減る、血糖値が急上昇の症状があったので、超音波検査で「膵臓だけを診てください」と言ったのでした。

20150520_20_28_53

境界型の糖尿病、予備軍だったからこそ、頻繁に血糖値を測定していたのですが、健康な人だと血糖値の測定なんかはほとんどしないでしょうね。だとすると早期に気づくのは難しいと思います。喉が渇くとかダイエットしていないのに体重が急減したようなときには膵臓を疑って検査を受けることが良いでしょう。

しかし高松おばあさんが膵臓がんを早期発見できたとしても、膵臓がんには「早期がん」という概念がありません。ステージⅠやⅡでも高い確率で再発・転移するからです。

高松おばあさんが11年も再発・転移がないのは、番組でも紹介されていたように、

20150520_22_12_43

  • 毎日の友達との散歩(長いときは2時間)
  • 友人との楽しいおしゃべり(ストレスを溜めない)
  • 野菜と魚中心の食事
  • 早寝早起き

の効果なのではないかと思います。それにこの笑顔、良く笑っています。笑いは免疫力を高める。だから、

  • 心の有り様も再発転移予防には効果がある。再発転移した患者でも予後が良くなる。

20150520_22_21_31

すでに膵臓がんになった人でも高松さんの生活習慣は参考になるはずです。(私の実行しているのもほぼ同じ)

ま、少し大げさな演出も気になりましたが、「ためしてガッテン」のスタンスとしてはしかたがないのか。予想したよりもまじめな番組でした。(でも、なんでスティーブ・ジョブズが出てくるの?)

次の場合は専門医の診察と精密検査を

20150520_22_32_09

 


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

ためしてガッテン:膵臓がん” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    空さん。コメントありがとうございます。
    年2回の検査で良いとなったのは順調に回復しているからなのでしょうね。
    ブログを拝見すると、サイモントン療法は空さんにあっていそうですね。
    「心が身体をコントロールし、体も心に影響する」のですね。全体でひとつ。二元論ではないです。

  2. より:

    以前の記事で紹介されていた、サイモントン療法の本を買いました。
    わたしにも役に立つ、とてもいい本になりそうです。(^^)
    おかげさまで・・・です。
    ためしてガッテンも、紹介されていたので知り、見ました。(TVはとても疲れるのでずっと見ていないのですが)
    今年から、年に2回、要検査になったので、参考になりました。
    ありがとうございました。 (^^) 

この投稿はコメントできません。