スポンサーリンク

エビデンスだけでがん治療ができるのか?(3)

LINEで送る
Pocket

「有効性と安全性の確認された標準治療」とよく言われます。しごくあたりまえのことのようですが、がん治療に関してはちょっと首をかしげたくなります。

安全性を確認する第一相試験は、一般的な医薬品ならボランティアの若い健常者を対象に行うのですが、抗がん剤の場合は、がん患者だけが対象になります。「危険」な劇薬だからです。どれほど危険なのか。

下の図はFOLFIRINOXとゲムシタビンを比較した生存率曲線です。対象となる患者は切除不能膵がんで身体状況が良いPS0,1の患者です。末期の患者を対象にしているわけではないのに、抗がん剤の投与を初めて3ヶ月で10%近くの患者が亡くなっています。抗がん剤による副作用死に違いないでしょう。

放っておいてもどうせ亡くなるがん患者だから、早死にする患者が一部にいても、全体として生きている時間が少し長くなるから、まっ良いか。ということなのでしょう。

E0156318_20751331

「有効性」はどうでしょうか。生存期間中央値でゲムシタビンの6.8ヶ月に対してFOLFIRINOXでは11.1ヶ月。4ヶ月あまりの延命効果があると示されています。たくさんの患者さんの平均値であり、しかも腫瘍が消えて治るわけではありません。

生きている時間が僅かに延びるかもしれませんよ、というだけのことで、がん患者が期待するような、3年、5年は元気で生きていたい。あわよくば治りたいというレベルからは遠いところにあります。地獄のような副作用にたえてもこの程度の「有効性」でしかありません。

「有効性と安全性の確認された標準治療」と医者に言われば、何となく「治るかもしれない」と期待してしまいそうですが、美辞麗句で飾っても患者の求めるレベルではありません。

低用量抗がん剤治療に対して「確たるエビデンス(科学的な根拠)がない」「臨床試験が行なわれていない」との批判があります。しかし、臨床試験を行なうには多大な費用が必要です。『代替医療解剖』(単行本では『代替医療のトリック』)には米国の例として、

  • 第一相試験:1000万ドル(10.5億円)
  • 第二相試験:2000万ドル(21億円)
  • 第三相試験:4500万ドル(47億円)

必要だとされています。製薬企業の援助でもない限り不可能です。抗がん剤を少なく使うための治験に、製薬企業が金を出すはずもありません。大学の医学部が、役にもたたない博士号取得のための試験などせずに、臨床実験に労力を割けば良さそうなものです。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 人生は借用書 返済期限が来たら返せば良いだけ人生は借用書 返済期限が来たら返せば良いだけ この身体は借り物。借用書には「必ず返すべし」とは書かれているが、「いつ返せ」とは書かれていない。返す期限は誰にも分からない。身体もがんも「複雑系」だから、原理的に「未来は予測でき […]
  • 久しぶりの散歩写真久しぶりの散歩写真 足のしびれや腰の痛みがなくなったのですが、梅雨の時期であまり散歩写真が撮れていません。 久しぶりにGR3を持って散歩写真です。 気持ちよさげに […]
  • 癌エキスパート:ゲムシタビンとS-1を使い切る癌エキスパート:ゲムシタビンとS-1を使い切る 癌エキスパートに「膵癌の治療戦略:ゲムシタビンとS-1を使い切る【消化器外科学会】」と題する記事が載っています。7月13日から開催された、第66回日本消化器外科学会総会でのセミナ […]
  • 「レ・ミゼラブル」いよいよ最終回「レ・ミゼラブル」いよいよ最終回 新型コロナウイルスで外出自粛が「要請」されているので、(しかし「自粛」を「要請」もおかしな文言だが)YouTubeやテレビドラマを見る機会が増えました。 その中でも […]
  • 退院後初の外来で再発の可能性を問う退院後初の外来で再発の可能性を問う 今日は退院後初めての外来受診でした。駅の階段の上り下りが結構堪えました。まだまだ体力が8割くらいしか回復していない感じです。 「先生、私は実はまだ手術後のご説明を聞いていな […]
  • 三島と修善寺で一泊旅行(1)三島と修善寺で一泊旅行(1) 8、9日と夫婦と娘三人で伊豆への一泊旅行でした。 ゆっくり出発したら東名が渋滞しているので、横浜経由で横浜町田ICまで。昼食の蕎麦や「砂場」をめざします。大きな渋滞もなく […]
  • 遺伝子改変T細胞で白血病が全快遺伝子改変T細胞で白血病が全快 期待できるニュースです。【8月11日 […]
  • ピーター・ゼルキンさんも膵臓がんでピーター・ゼルキンさんも膵臓がんで ピアニストのピーター・ゼルキンさんが膵臓がんで亡くなったそうです。72歳。 親日家で、とりわけ小澤征爾さんと深い信頼関係を築き、サイトウ・キネン・フェスティバル松本(現セイ […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です