臨床研究法が成立


Pocket
LINEで送る

7日の参議院において、臨床研究法が全会一致で可決成立しました。

2013~14年に相次いで発覚した「ディオバン事件」や武田薬品工業による高血圧治療薬の不適切事例をはじめとする研究不正を機につくられた臨床研究法。

製薬企業の資金提供を受けて実施する臨床研究と、未承認または適応外の医薬品を用いる臨床研究を「特定臨床研究」と定め、規制の対象としています。

今日の一冊(70)『悪の製薬:製薬業界と新薬開発がわたしたちにしていること』でも紹介したように、製薬企業の資金提供を受けた臨床試験は、そうでないものよりも統計的有意差が「でやすい」という研究があります。

臨床試験が正しく行われ正しく発表されなければ、EBMもガイドラインも信頼性がなく、結局は患者の治療を誤った方向に導くことになります。

診療試験の実施者には計画と届出を、製薬企業には資金提供状況の公開を義務づけた臨床研究法が成立したことは、諸外国に比べて著しく遅れていた日本の臨床試験公開制度に一定の前進となるものです。

この法律が成立したら、医師らの負担が増え、統計解析を担っている生物統計家が萎縮して、臨床研究が撲滅するとの論調もあります。しかし、諸外国では行われている制度なのに、日本だけが実施できないということは無理筋でしょう。

医者が統計を知らなすぎることも一因でしょうね。医師の教育プログラムには統計学はないに等しいのだから、医者が統計オンチなのは仕方がないのかもしれません。従って製薬企業の統計専門家の援助がなければ、試験結果の解析もできない。資金も製薬企業からとなれば、そりゃ否定的な結果は出しづらくなることは想像に難くない。

研究の届出だけでなく、さらに言えば、否定的な研究結果も含めて、全ての研究結果を2年以内に公表することも義務づけるべきでしょう。「公表バイアス」をなくさなければ、EBMの基礎がゆがんでしまうのですから。

がんと闘う、たくさんの仲間がいます。応援お願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • また大学付属病院ですか。CT結果を確認せず2人死亡また大学付属病院ですか。CT結果を確認せず2人死亡 千葉大学付属病院の「医師がコンピューター断層撮影装置(CT)の検査で画像を見落とすミスが9件あり、患者2人が死亡した」とのニュースですが、「また大学付属病院なのか」という […]
  • 小林麻央さんの訃報に接して考える小林麻央さんの訃報に接して考える 小林麻央さんの訃報には、多くの方が感想を述べています。彼女のブログの内容には私も感動させられることが多々ありました。ご冥福をお祈りいたします。 しかし、ニュースに接していて […]
  • 血液1滴でがん診断、「AI活用で驚きの結果」血液1滴でがん診断、「AI活用で驚きの結果」 すでに小出しにされているニュースですが、先のがん治療学会でより詳細な発表がありました。 血液1滴でがん診断、「AI活用で驚きの結果」 […]
  • 週のはじめに考える「言わねばならないこと」週のはじめに考える「言わねばならないこと」 ふうきさんのご冥福をお祈りいたします。2006年に切除不能の膵頭部がんの告知をされ、抗がん剤だけで6年もの長きにわたって闘病されました。副作用に絶えてでも生きる価値もあるのだ、と […]
  • 抗がん剤による心血管毒性 欧米では抗がん剤といえば分子標的薬が主流です。日本は30年遅れていると言われてきましたが、徐々に分子標的薬が増えてきている。 5年生存率も高くなり、がん患者にとっては朗報だ […]
  • 非小細胞肺がんの体幹部定位放射線治療非小細胞肺がんの体幹部定位放射線治療 非小細胞肺がんに対する体幹部定位放射線治療の使い方について、アメリカ臨床腫瘍学会(ASCO)が推奨を出しました。 肺がんの治療にも使われる体幹部定位放射線治療は、狙った場所 […]

臨床研究法が成立” に対して1件のコメントがあります。

  1. はな より:

    医師が臨床研究を知ることも必要ですが、大手マスコミの日経メディカルが、臨床研究結果の情報操作に積極的に加担しているという現状があるようで、これを阻止することも必要そうです。
    ディオバン事件のほとぼり冷めて復活した
    製薬企業とメディアの「不適切な関係」
    http://www.medical-confidential.com/2017/06/17/post-4957/
    (下の方に該当記事があります)

この投稿はコメントできません。