指を立てないと重音は鳴らない


【日 時】2020年6月14日(日) 13:15~15:30(開場:13:00)
【参加資格】膵臓がん患者とその家族
【参 加 費】無料
【定 員】 20名
【内 容】ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。


詳しくはオフィシャルサイトで

受付中です。
スポンサーリンク
LINEで送る
Pocket

久しぶりにチェロの話題。

木曜日のレッスン日には、そじ坊で「季節の野菜天ざる」で一杯やってからが私の習わしだ。しかし、天ぷらに蕎麦では血糖値には悪影響だ。この日は、だから冷や奴にニシンの煮付け、もちろんそば湯割りの焼酎は抜けない。最後に締めのざる蕎麦を半分だけ。

レッスンはエチュードから始まって、今日からヴィヴァルディのチェロソナタ。エチュードで引っかかるのが3番線(G線)を、特に小指で押さえて隣のD線とスラーでつなげるとき。D線が開放弦の場合は弦の位置が指板から高い位置にあるので、小指が触れてしまう。CやGとDの重音は、これでは鳴らない。
Img
それぞれの小節の2ブロックが問題の部分。左の肘を前に出して、指は指板に垂直に近くなるように押さえないと、D線に触れてしまう。弦を指で引っ張る癖もついているのか、これがなかなか難しい。腕全体に、つい力が入ってしまう。
P1020604

これくらい指を立てないと、まともな音にはならない。他の指でも同じ傾向があるのだが、小指が一番の問題児だ。抑える力も弱いし、他の指よりも短いから手のひら全体を使って小指を前に出すようにしている。
P1020603

しかも、爪に近い部分で抑えなければならないので、慣れないうちは痛い。

このあたりのことは「よしけん」さんのサイトにある「重音への配慮」を参考にさせていただいた。

まず、指を弦の上に並べた時の形を考えてみます。となりの弦に指が当たらないようにするには、関節の曲げ方を大きくして指を「立てた」状態で押さえる必要があります。全体的に見れば、親指と他の4本の指のつくる輪が、より○に近い形になります。

指を立てると、弦が指に当たる場所が変わってきます。具体的には、より指先に近いところで押さえないといけなくなります。慣れないうちは痛いですが、この方が腕の重みが弦に乗りやすくて音の輪郭がくっきりし、また指が機敏に動きやすくなるので、普段から指の先寄りで弦を押さえる奏法にも慣れていた方がよいと思います。爪が邪魔になる人は、短く切っておきましょう。音質の問題でいえば、指の腹で押さえた方が音質が柔らかくなるので、この二つの押さえ方は曲想によって使い分ける必要があると思います。

誠に、言われてみれば物理的にもその通りなのだが、力まずに脱力して指先にはしっかりと重さを乗せる、これが難しい。練習あるのみか。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 膵臓がん患者と糖質制限食膵臓がん患者と糖質制限食 手術後の食事について、がん研の主治医の先生から言われたのは、肉類は摂りすぎないように、お酒はほどほどなら良いが蒸留酒(焼酎・ウィスキー)の方がベター、とだけでした。さらに「糖 […]
  • 糖尿病薬、いろいろ試しています。糖尿病薬、いろいろ試しています。 アマリールからグリニド系のグルファストに変えてから一ヶ月になります。グリニド系薬は、SU薬と同様に膵臓のランゲルハンス島β細胞のSU受容体に作用し、インスリン分泌を促進させる効果 […]
  • DPP-4阻害薬:プラセボ対照RCT試験で効果を示せず 欧州心臓病学会(ESC)の学術大会が、8/30~9/3までバルセロナで開催されました。DPP-4阻害薬に関する2件の大規模臨床試験の結果がNEJMに発表されています。 結論 […]
  • 退院しました。退院しました。 仁淀川:浅尾の沈下橋。仁淀ブルーが美しい。 本日、10日目で退院となりました。やれやれです。病名は「癒着性イレウス」(要するに”糞詰まり”)、2年前の11月と同 […]
  • がんと食事(5)がんと食事(5) 帰省していたので、ブログもしばらく間が空きました。続きにけりを付けなくては。 写真は室戸岬・坂本海岸のハイビスカス・ロードです。今年は9月末だというのに、まだ南国らしい暑さ […]
  • 膵臓がん患者の血糖値管理膵臓がん患者の血糖値管理 「京急・空港線 最後の日」 DP2 Merrill F6.3 1/250 ISO200 […]
  • 糖質ゼロの日本酒 昨日はこの冬一番の寒さでした。こんな日はやっぱり日本酒が恋しくなります。糖質ゼロの日本酒が出ていますね。月桂冠からは2008年に発売されています。製法特許も申請しているようです […]
  • 肥満とがん&糖質制限食 糖質制限食とカロリー制限食のディベートが、来年1月15日の第15回日本病態栄養学会年次学術集会(国立京都国際会館)で行われるそうです。ディベートでの糖質制限食派の演者は江部康二先 […]
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です