がん免疫療法、これは喜劇か怪談か

スポンサーリンク
【日 時】2020年1月18日(土) 13:30~17:00(開場・受付:13:20ごろ)
【場 所】京急本線 京急蒲田駅東口から徒歩3分、JR蒲田東口から徒歩13分 大田区産業プラザ3階 特別会議室
【対 象】膵臓がん患者とその家族、遺族
【参加費】1,000円(会場使用料及び資料代)
【定 員】 80名
【内 容】
●講演:押川勝太郎先生「がん治療の心得は登山と同じと知ってましたか?~トラブルを織り込んだ先読み能力が寿命を伸ばす~」
●患者さんどうしの情報交換会~フリートーキング

オフィシャルサイトはこちら
申込み受付を始めました。
LINEで送る
Pocket

最終更新日

Ed4ca55ddcfd0873dc272754241ecc28__3

免疫細胞療法

週刊現代が、がん免疫療法の批判記事を第1弾、第2弾と出して話題になっていますね。

第1弾では、免疫細胞療法の最大手、瀬田クリニックグループがやり玉に挙がっています。しかし、週刊現代の2016年2/6号では、免疫チェックポイント阻害剤に関する特集記事の中で、滉志会瀬田クリニックグループ統括院長 後藤重則氏のコメントが掲載されています。

まぁ、売れればなんでもありの週刊誌(読賣にも登場しているが)ですから、深追いすることは止めておきます。

経済的に許されて、本人が効果を実感しているのなら続ければ良いでしょう。私はやらないけど、というのが私の考えです。命には替えられないと、家や財産を売り払ってでもやるべきだどうかは、本人の価値観で決めること。その際には実績やエビデンスをしっかりと見極めるように勧めます。

免疫細胞療法は高額ですが、抗がん剤のような重篤な副作用がないだけまだましです。標準治療と併用している方が多いのでしょうから、何が効いたのかは「分からない」ということになります。

高濃度ビタミンC点滴療法

第2弾では高濃度ビタミンC点滴療法も取りあげています。2度のノーベル賞を受賞したポーリング博士が提唱した治療法との触れ込みです。ライナス・ポーリング博士は量子力学を化学に応用した功績でノーベル化学賞を、地上核実験に対する反対運動の業績で平和賞を受賞しています。1950年代に電気自動車の開発を手がけたという先駆性もある尊敬すべき方ですが、だからといってがん治療に業績があったわけではないのです。ポーリング博士は前立腺癌で亡くなっています。

カナダの研究グループによって、高用量ビタミンCを点滴投与した3人のがん患者が予想よりも長く生存していたことを確認し、第I相臨床試験を予定していると報道され、可能性は示しているが、これからの研究課題でしょう。一方で高用量ビタミンCの点滴投与は腎不全や下痢などの副作用が確認されています。

巷のクリニックでは、高濃度ビタミンC点滴療法を、30gで1万円から3万円の範囲で治療していますが、ビタミンC(アスコルビン酸)注射液の薬価は86円程度ですから、ぼろ儲けですね。

こちらの日経バイオテクの記事「高額薬剤は単価の議論だけでよいのか?」で、1つの新薬が研究開発から臨床試験を経て承認されるまでに、

開発効率のよいスイスNovartis社でも1つの新薬の承認を得るのに50億ドル、米AbbVie社では310億ドル掛かっていた計算になるそうです。

と書かれています。

ざっと5500億円から3兆4000億円ですよ! オリンピックが開催できる金額です。

結局弱小製薬企業では新薬の開発・承認は望めないし、巷のクリニックではぜんぜん手に負えません。ビッグファーマーでも、患者の少ない希少がんの薬は開発したがらないのも当然です。

代替医療には「エビデンスがない」は一件まともな批判ですが、仮に効果がありそうな薬剤でも、二重盲検法による臨床試験なんてできるはずがないのです。

本当にエビデンス至上主義者の「エビデンスがない治療は人体実験だ」は、「どうせ臨床試験などできっこないだろう」との思いで言っているんでしょうな。

今回の週刊現代の記事はまともだし評価できますよ。じゃあ、標準治療で効果がない患者、効く抗がん剤が尽きたがん患者はどうすれば良い? 「緩和も治療です」と腫瘍内科医は言うが、それで納得できる患者はどれだけいる?

がんセンターで「あとは緩和です」と言われて、諦めきれずに〇〇クリニックに行ったら、がんセンターの偉い先生方がたくさん顧問などになっているなんて、喜劇ですか、怪談ですか?


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • やはりストレスはがんによくない-国立がん研究センターの研究やはりストレスはがんによくない-国立がん研究センターの研究 1月20日、国立がん研究センターが『自覚的ストレスとがん罹患との関連について』というコホート研究の成果を発表しています。 マスコミでも話題になったのですが、 今回 […]
  • 丸山ワクチンと中井久夫『臨床瑣談』丸山ワクチンと中井久夫『臨床瑣談』 前回の丸山ワクチンの関連ですが、私のブログの一部を再録しておきます。この記事は、2007年6月に膵臓がんと診断されてから1年半後のものです。当時は田舎の墓も墓終いして死ぬ […]
  • がんの自然退縮ってどれくらいあるの?がんの自然退縮ってどれくらいあるの? 自然退縮は結構ある 治らないがんを宿した患者なら、誰しも「自分のがんだけは奇跡的に治って欲しい」と願うものです。そして、がんの「自然治癒」「自然寛解」「自然退縮」という現象 […]
  • がんの遺伝子は瞑想でオフにできるがんの遺伝子は瞑想でオフにできる 瞑想によって脳波が同調する マインドフルネスなどの瞑想をすることで、遺伝子のスイッチをオフにできる。これが科学的に実証されつつあります。 マインドフルネスでも用いられ […]
  • 運動は、心の平安に次いで重要運動は、心の平安に次いで重要 運動は腫瘍の成長を抑える 統合医療で一番効果があると私が実感するのは、瞑想やマインドフルネス、あるいはサイモントン療法による「心の平安」です。 そして、次に効果がある […]
  • ビワの種ががんに効く? 農林水産省が警告ービワの葉温灸は?ビワの種ががんに効く? 農林水産省が警告ービワの葉温灸は? 農林水産省がビワの種子粉末に警告 農林水産省がビワの種子粉末に警告を出したというこちらの記事。 「ビワの種の粉末食べるな」農水省が警告 食品回収続出もネットに残るレシ […]
  • がん診療拠点病院で免疫療法をやってはいけない、は誤解がん診療拠点病院で免疫療法をやってはいけない、は誤解 がん拠点病院で保険適用外の免疫療法が行われているのは問題だ、という報道がありました。例えば10月3日付の毎日新聞では、     […]
  • シュレベールの箴言(3)シュレベールの箴言(3) 統計は情報に過ぎず、けっして宣告ではない。 進化論の専門家で「第二のダーウィン」と呼ばれたスティーブン・ジェイ・グールドは、40歳で腹膜中皮腫と診断された。中皮腫は不治の病 […]
LINEで送る
Pocket

がん免疫療法、これは喜劇か怪談か” に対して1件のコメントがあります。

  1. キノシタ より:

    やすさん。
    ・高濃度ビタミンC
    ・丸山ワクチン
    ご自身が信じることをやるしかないですよね。命で責任を取るのは医者ではなく患者ですから。

  2. やす より:

    標準治療が先月終わりました
    治療中は副作用にめげずに頑張るんだ!!と踏ん張ってきましたが、終わりですよの一言で今までの緊張感がどっかに行ってしまった
    多いときには毎週通院で忙しかったんですが、今は行かなくていいので楽は楽ですが
    癌難民になってしまったら何をやろうかと考えていたことを実践するしかないですね
    ・高濃度ビタミンC
    ・丸山ワクチン
    この二つを考えていました
    高濃度ビタミンCの点滴治療だと結構な金額します
    それでもいいと思っていたのですが、リポソーム加工されたビタミンCもかなりいいらしいので今は、それを試しています 
    通常は一日一包のところを6倍にして6包で挑戦中です
    お盆あけたら丸山ワクチンに関しても行動開始する考えです
    注射打ってくれる病院探しとか、、、、etc

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です