スポンサーリンク

中村祐輔先生の免疫療法が始動?

LINEで送る
Pocket

この事象に関する私の評価は定まっていません。あくまでも情報提供ということで。

Fridayの中村祐輔先生に連載記事ですが、8月15日号は無料で読めます。それによると、中村祐輔先生の推薦する免疫療法を受けられるクリニックが、大阪と福岡にあるそうです。

実は、米国女性の例だけではなく、すでに日本国内でも遺伝子情報に基づく新たな免疫治療を受けられる整備が始まっている(保険が適用されない自由診療)。

「一般的に、遺伝子変異の数が多いがんは進行も早く、難治性だと考えられていた。しかし、新しい免疫療法では、遺伝子変異が多いがんのほうが、がんを攻撃する目印が多くあり、効果が現れやすい。つまり、新しい免疫療法に限って言えば、難治性と言われるがんのほうが、高い治療効果を期待できるのです」

いま、中村医師のもとで治験の準備が急ピッチで進められているが、この新たな免疫療法の相談に応じてもらえるクリニックが複数ある。中村医師が信頼し、協力している2施設を下記にまとめた。

大阪がん免疫化学療法クリニック
総院長:武田 力 医師
大阪府大阪市北区

大阪初の総合的ながん免疫療法センターである「大阪がんクリニック」内に設置された自由診療部門。数ある「免疫療法」の中から患者の病態にあわせて最も適した方法を選択。免疫療法と「少量の抗がん剤」「免疫チェックポイント阻害剤」「分子標的薬」などを組み合わせることもある。治療は、がん治療を熟知した「認定医・専門医」が施術。個人的な病状や治療法の相談は、セカンドオピニオンや個別面談(家族のみでも可)で受け付けている

福岡がん総合クリニック
院長:森崎 隆 医師
福岡県福岡市博多区

完全予約制のがん免疫療法専門施設。培養技術者を置き、無菌培養室を併設。患者の病状に応じた免疫細胞療法の治療計画から細胞の培養管理、治療に至るまでを森崎院長が一貫して行っている。治療は、数種類の「免疫細胞療法」(必要に応じて患者のさまざまな免疫細胞を取り出し、がんの病態に合わせて加工後、最適な部位に投与)と、保険適応外の薬剤(保険外の抗がん剤、個人輸入が可能な分子標的薬、免疫チェックポイント阻害剤など)を使用する「化学療法」の2本柱。対象となるがんは、HPで確認を。がん診療に関する相談やセカンドオピニオンも受け付けている。手術を終えた後の再発予防として考えている場合は、術前に相談が必要となる。

確かに民間クリニックなのに、ゲノム解析用の高速シーケンサーも設置されていて、プレシジョン・メディシンへの熱意は感じられますね。

福岡がん総合クリニックは膵臓がんの症例が一番多いです。大阪がん免疫化学療法クリニックの武田院長は、中村先生の高校時代からの同期生という関係ですね。しかし、この武田院長さん、放射線ホルミシスに肯定的な方のようで、ちょっと首をかしげざるを得ない先生です。

中村先生は、てっきり瀬田クリニックらと共同するのかと思っていたが、どうやら違うようです。

いずれにしろ、新しい免疫療法へのチャレンジが始まっているようです。がん患者にとって朗報となることを願っています。


がんと闘う多くの仲間がいます。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 映画の後は散歩写真映画の後は散歩写真 GRⅢを持って、映画「新聞記者」を見た後は散歩写真です。今日はモノクロで。 暑さに1時間ほどで切り上げ。 […]
  • 今さらながらFacebookを始めました。今さらながらFacebookを始めました。 このブログに上げた記事は自動的に Twitter とFacebook のページに連携するように設定をしてあります。しばらくはこのブログ記事の内容をFacebook […]
  • 『がんに効く生活』のシュレベール氏が死去『がんに効く生活』のシュレベール氏が死去 また悲しいニュースです。『がんに効く生活』の著者ダビッド・シュレベール氏が7月24日に脳腫瘍で亡くなっています。50歳だったそうです。 ニューヨークタイムスの記事 30歳 […]
  • ASCO 2016 GEMとゼローダの併用で膵癌術後の生存率が向上ASCO 2016 GEMとゼローダの併用で膵癌術後の生存率が向上 ASCO 2016の記者会見でも取り上げられた注目演題です。 『膵がん術後のカペシタビンと化学療法との併用療法により生存率が延長』  *****  以下要約  […]
  • 岡山大、肝転移の膵臓がんで治験岡山大、肝転移の膵臓がんで治験 山陽新聞の記事ですが、『岡山大「REIC」で肝がん治験 医師主導で5月にも開始』によれば、肝転移した膵臓がんも対象になっているようです。 この記事を書いた記者、肝転移した膵 […]
  • 今日は「がん記念日」今日は「がん記念日」 12年前の今日、6月11日は私の「がん記念日」です。 当時、境界型の糖尿病と言われて治療を続けていたところ、体重が減り、血糖値が急激に上昇してきました。 ちょ […]
  • 医師で僧侶で末期膵臓がんの田中さん医師で僧侶で末期膵臓がんの田中さん 3月の誕生日を迎えることは難しいと言われていた、医師で僧侶で末期膵臓がんの田中雅博さん。まだ死にそうにないから、「少し伸びたいのちの使い方」を語っています。 […]
  • 今日の一冊(140)『がん免疫療法の突破口』今日の一冊(140)『がん免疫療法の突破口』 原題は「THE BREAK THROUGH」、アメリカのサイエンスライター […]
LINEで送る
Pocket

中村祐輔先生の免疫療法が始動?” に対して1件のコメントがあります。

  1. まる より:

    こんにちは。まるです。私は自覚症状ゼロなのに、再発で治らないという、切羽詰まったところに来てしまったのでフライデーににのって以来、このニュースに注目していました。16日のNHKのニュースでも、この動きを意識したのか、免疫療法の新しい治療法の紹介があっていました。
    そして、この記事。福岡の病院だったので、おどろきでした。とりあえず、中村教授の講演会が11月に福岡であるみたいなので申し込みました。まだ、私はジェムザールの効果もはっきりしていないところなので、あわててはいませんが福岡で受けられるとなると、つい期待はしてしまいます。今後の動きを見ていきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です