スポンサーリンク

「Zoomで膵臓がんサロン」を開催します。

スマホがあれば簡単に参加できます。このような時期だからこそ、同じ病気の仲間とつながってみませんか?

【日 時】2022年8月28日(日) 15:00~17:00
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】10名
【内 容】気軽なおしゃべり会です。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。スマホだけで簡単に参加することができます。
申し込み受付中です オフィシャルサイトから

ニュースウォッチ9で補完代替医療

昨夜のNHK「ニュースウォッチ9」で補完代替医療を取りあげていました。

Stationtv_x_20171013_222632728_2

「補完代替医療」の定義の説明で、厚生労働省が「標準治療と併用して行うべき」といっていたのが印象的でした。

補完代替医療の種類

『がんの補完代替医療ガイドブック』では、補完代替医療について、

分の体に合った補完代替医療と出会い、医師の行う治療を受けながら、より快適な生活を維持して『がん』とうまく付き合っている人もいます。

近年、これら補完代替医療と現代西洋医療(通常医療)を組み合わせることによって、患者の心と身体そして精神を総合的に考えて治療を行う統合医療(インテグレイティブ・メディシン)という概念も生まれています。

と記しています。

Stationtv_x_20171013_222639109

これら以外にも重粒子線などの先進医療、健康保険が適用されていない医療も補完代替医療に含まれます。

何もしないで死を待つのは辛い

悪質な医療機関のインターネット広告についても、8月から厚生労働省が新たな規制に乗り出しています。主なターゲットはクリニックで行われている「免疫細胞療法」なんでしょう。しかし、免疫療法を受けた患者は、

Stationtv_x_20171013_223052801

と語っていました。それが実際に末期がんになった患者の気持ちでしょう。

私は「科学的根拠のない医療は禁止」には反対です。だいたいが、医療の現場ではきちんとしたエビデンスのある医療行為は3割しかないといわれている。

また、エビデンスがない=効果がないとも言えないのです。

『がんの補完代替医療ガイドブック』の作成に参加した大野智医師が登場し、「一人で考えずに、主治医の先生と一緒に情報を見極め、一緒に考えていく」ことが大事だと語っていた。

それはその通りだが、代替医療に関して、きちんと情報を集めて勉強している医師がどれほどいるのか。うかつに質問すると煙たがられるだけではなかろうか。


膵臓がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ 膵臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村

コメントを残す