スポンサーリンク
Web交流会のご案内


第11回『膵臓がん患者と家族の集い』Web交流会

【日 時】2021年10月10日(日) 13:00~15:00(開場:12:45)
【場 所】Zoomを使ったオンラインの交流会です
【対 象】膵臓がん患者とその家族
【参加費】無料
【定 員】30名
【内 容】患者さん同士の交流会のみの開催です。迷っていること、気になることなど、同じ病気の仲間と気軽におしゃべりしましょう。

ウェブ会議ツール「Zoom」を使ったWeb交流会となります。
スマホだけで簡単に参加することができます。
参加申込受付中です。

詳しくはオフィシャルサイトで

(補完)代替療法が気になったら・・・

がん治療は「情報戦」です。正しい情報を持っているかいないかで、予後や余命を左右することもあります。

がんと言われ、治療法など基本的な知識を求めるのなら、まずは

がん情報サービス」です。

「統合医療」情報発信サイト

同様に「補完代替医療」に関心があるのなら、

「統合医療」情報発信サイト

を開いてみましょう。最近ますます充実してきました。

スポンサーリンク

「冊子・資料」では、『がん補完代替医療ガイドブク 第3版』が一番に読むべき冊子でしょう。

海外情報

海外情報ではCAM(補完代替医療)に関して次のように述べています。

がん患者が補完代替療法を選択する理由

がん患者は次のような理由で補完代替療法を利用しています。

  • 吐き気や痛み、倦怠感といった、がん治療の副作用を和らげる
  • 気持ちを落ち着かせ、がん治療に対する不安や関連するストレスを軽減する
  • 自分自身の治療に役立つことを、よりたくさんしていると感じる
  • がんを治療または治癒しようと試みる
多くの中から選択すること

できることはなんでも取り入れてがんと闘いたいと思うのは当然のことです。身の回りに情報があふれ、常にがんの最新治療が試みられているため、どこから手をつけたらよいかわからないかもしれません。

この資料は、あなたが見つけたものについての理解を助け、補完代替療法があなたに合うかどうか決めるのを容易にしてくれるでしょう。がん治療中に補完代替療法を試みる人はたくさんいます。補完代替療法はすべての人に効くわけではありませんが、あなたのストレス、吐き気、痛みやその他の症状、あるいは副作用を緩和する方法があるかもしれません。

この資料で伝えたい最も重要なことは、新たなことを試みる前に主治医に相談してくださいということです。あなたのがん治療を妨げないことをまず確認しましょう。

コクランレビュー

世界的に権威があるとされている「コクランレビュー」も臓器別・疾患別に整理され、すぐに和訳を読むことができます。

例えば「がん」でページを開けば、

気になる代替療法があれば、「和訳」ボタンをクリックしてみましょう。

ただ、多くの項目が「エビデンスが不十分であった」とされているのは、代替医療では仕方のないことかもしません。(十分な試験を行う資金源がないだろうし)

「健康食品」の安全性・有効性情報

合わせて『「健康食品」の安全性・有効性情報』も活用してみましょう。


がんと闘う多くの仲間がいます。応援のクリックをお願いします。

にほんブログ村 病気ブログ すい臓がんへ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ がんへ
にほんブログ村


スポンサーリンク

このブログの関連記事

  • 信頼できるウェブを装ったアガリクスの宣伝 株式会社日本医療情報出版が編集している「週間がん […]
  • 原宿 スーパーよさこい原宿 スーパーよさこい 久しぶりにカメラを担いでお出かけ。一昨年にも行った原宿のスーパーよさこい。 しかし、今年は奇抜な衣装や振り付けのチームがなく、絵になるものは撮れなかった。 9200歩、早 […]
  • なぜ弘前大学はハイパーサーミアに注目しているのかなぜ弘前大学はハイパーサーミアに注目しているのか 令和3年5月、弘前大学医学部附属病院放射線治療科において、ハイパーサーミア(がん温熱療法)がはじまりました。 ハイパーサーミアは、弘前大学大学院医学研究科放射線腫瘍学講座 […]
  • 秋の夜長にこの曲を秋の夜長にこの曲を パンプルムースの二人 「秋の夜長」というにはまだ早いかも。蒸し暑い日も多いですが、もう秋の虫も盛んです。 幸せな気持ちにしてくれる音楽ですね。 Pomplam […]
  • 抗がん剤の投与抗がん剤の投与 最初の抗がん剤投与。 体重が63.5キロに落ちているので、それにあわせてジェムザールの量を決める。 私の斜め前で抗がん剤を投与していたのは、24,5歳くらいの若いお母さん […]
  • 死んだら心はどうなるのか?死んだら心はどうなるのか? 予後の悪いがん、治らないがんを宿した患者は、死んだらどうなるのか? […]
  • 血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクと関連しない血中ビタミンD値は頻度の低い癌のリスクと関連しない 「米国統合医療ノート」の安西さんから適切なコメントをいただきました。ぜひコメントと合わせて閲覧してください。 先に「ビタミンDとメラトニン」という記事を書きましたが […]
  • 事故が大きければ、政府は決して真実を知らせない(2) 『原発事故と科学的方法』は、牧野淳一郎さんの労作です。福島原発が事故を起こした3.11後、正確には記憶していませんが、私は牧野さんのWeb日記(リンク先は2011年3月の日記)に […]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です